フレブルの脳炎・脳腫瘍について

「脳炎・脳腫瘍」に関する記事一覧

  • 【脳腫瘍】早期発見が重要!病気のサインや症状を知っておこう

    フレンチブルドッグをはじめとした高齢の短頭種に好発する脳腫瘍。脳腫瘍は、髄膜腫や神経膠腫、星状細胞腫などいくつか種類がありますが、これを確定診断するには組織検査が必要となるため、犬では人間ほど脳腫瘍の分類までは行われません。しかし、今はMRIなどの画像検査が可能となり、それぞれの脳腫瘍はある程度画像上の場所や見え方により脳腫瘍の種類を推測することができます。また、犬の脳腫瘍は脳幹や小脳よりも大脳に発生することが多いのが特徴です。

    今回は、犬の脳腫瘍についてお話ししましょう。

    2016年12月16日
    10,378 View
  • 歩き方がおかしい

    愛ブヒがいつもと違う歩き方をするとき、さまざまな病気が考えられます。肉球に外傷があったり、膝や背骨に異常があったり、脳に異常がある場合も!簡単な治療で治るものから命に関わるものまでさまざま。フレンチブルドッグは生まれつき関節が弱い犬種なので、運動のしすぎや激しい動きをすると椎間板ヘルニアや膝の脱臼を起こす危険性があるので注意が必要です。

    病気によって歩き方の変化も違うので、ひとつずつご紹介しましょう。

    2016年11月30日
    9,765 View

Pick Up!