フレンチブルドッグ

もっとキミを、知りたいから。フレブルライフ。

フレンチブルドッグの情報 No.1 - French Bulldog Life

フレンチブルドッグ

注目の記事

  • 【チケット販売開始!】フレブルLIVE 2024 ※お得な「早割チケット」販売中!

    今年の『French Bulldog LIVE 2024(フレブルLIVE)』は、11/9(土)-10(日)の2days!

    100店舗を超えるショッピングエリアに、二日間でまったく違うステージコンテンツ。

    さらに今年は、フレブル同士で仲良くなれるフレンドリーエリアも拡大予定!

    二日間めいっぱいお楽しみいただきたいので、今年も「2daysチケット」が断然お得になっています。

    さぁ、いよいよ「フレブルLIVE2024」のチケット販売スタートです!

    7月31日(水)まで、お得な早割チケット販売中!

    3,098 View
    フレブルLIVE
  • 【愛ブヒのお肌に悩む方へ】THE fu-do(ザ・フード)を食べて「納得のいくお肌」になるまでの、3ステップとは!?

    販売からわずか半年で20万食を突破し、満足度95%を超える「THE fu-do(ザ・フード)」。

    フレンチブルドッグの中でも特にお肌に悩む子には、積極的にお召し上がりいただきたい!

    そして、どうか焦らないでください。フレンチブルドッグの体質を踏まえると、納得のいくお肌になるためには、最低でも3ヶ月はかかります。

     

    でも大丈夫。今回は、すこやかなお肌を目指すための「3ステップ」をお伝えします! 毎日のボディチェックが、ますます楽しくなりますよ。

    7,322 View
    ザ・フード
  • 【大募集!】車界のフレンチブルドッグ「ルノー カングー」1年間無料貸出しキャンペーン実施中!

    フレブルライフでとったアンケートによると、フレブルオーナーの車所有率は90%以上! 愛ブヒとのお出かけや旅行、アウトドアが好きなことを物語っていますよね。

    ところでみなさん、かの有名な車種「ルノー カングー」は『車界のフレンチブルドッグ』なんて呼ばれているのをご存知でしょうか。

    ルノー カングーを知れば知るほど親近感が湧いて放っておけない! どんどん欲しくなってしまうのです。

    そして今日はスペシャルキャンペーンも大発表! なんと、新型のルノー カングーをフレブルファミリーに「1年間無料で貸出し」しちゃいますよ。

    応募方法なども記載していますので、最後までお見逃しなく!

     

    (PR ルノー・ジャポン株式会社)

    12,409 View
    PR
  • 【トップモデル募集!】フレブルライフの「メインビジュアル」モデルを募集します!【プロジェクト7 第一弾】

    「フレブルライフ」が始まって7周年を迎えました。「7」はラッキーセブンで縁起がいいし、「7歳」はシニアブヒの仲間入りを果たす特別な年。

     

    というわけで! 今年一年をかけて、フレブルライフのスペシャル企画「プロジェクト7(セブン)」をスタートします!

     

    記念すべき第一弾は、フレブルライフの「顔」ともいえるメインビジュアルのモデル募集。

    フレブルライフの「TOP」を飾ってくれる6頭のフレンチブルドッグを大募集します!

    16,629 View
    PRJ7
  • 【取材】川口春奈とアムのやさしい世界。ー大人気女優は生粋のフレブルラバー

    いまをときめく人気女優が、フレンチブルドッグラバーであるという事実。

    そうです、その人は川口春奈さん。

    アムちゃんというパイドの女の子と暮らしています。

    話を聞けば聞くほど、そして春奈さんとアムちゃんのやりとりを目の当たりにするほどに、そのフレンチブルドッグ愛がわたしたちのそれとまったく同じであることに、なんだかうれしくなってしまったのでした。

    春奈さんとアムちゃんのすてきな暮らしを、BUHI編集長の小西がいつくしみながら、切り取らせていただきます。

     

    16,809 View
    取材
  • 【取材】上沼恵美子さん「もう一回だけ抱きしめたい」愛犬ベベとの12年間

    運命の子はぼくらのもとにやってきて、流れ星のように去ってしまった。

    その悲しみを語ることはなかなかむずかしい。

    けれども、ぼくらはそのことについて考えたいし、泣き出しそうな飼い主さんを目の前にして、ほんのすこしでも寄り添いたいと思う。

    その悲しみをいますぐ解消することはできないが、話をきいて、泣いたり笑ったりするのもいいだろう。

    こんな子だった、こんなにいい子だった、ほんとうに愛していたと。

    ぼくらは上沼恵美子さんのご自宅へ伺って、お話をきこうと思った。

    43,691 View
    取材

最新記事

おすすめ記事