2019年11月27日5,979 View

【冬こそ危険な熱中症】外出先からエアコンの温度管理ができる「Nature Remo」がフレブルには欠かせない!〜遠隔で愛ブヒを守る〜

異常気象がつづく日本。冬場は昼と夜の寒暖差が激しく、夏は異常なまでの暑さがフレブルたちを襲います。さらに台風や地震による停電があいつぎ、安心して留守番させられる状況ではなくなってきました。

「もし、外出先からエアコンの温度管理ができたら…」そんな願いを叶えてくれる画期的なアイテムをご紹介しましょう!

もう今までの日本とは違う。様々な対策をアップデートしなければならない時代に突入しているのです。

 

(sponsored by Nature 株式会社)

冬でも熱中症は起こりうる!

フレンチブルドッグ,Nature Remo

Vantage_DS/shutterstock

フレンチブルドッグと暮らす上で最も注意しなければならないのが、愛ブヒの熱中症。

 

熱中症は、症状が出てから命を落とすまでの時間が短いのが特徴です。

 

そして…熱中症は夏だけでなく、冬場でも十分に起こりうることをご存知でしょうか。

 

 

油断しがちな冬こそ危険!

フレンチブルドッグ,Nature Remo

Larissa Chilanti/shutterstock

冬の熱中症の主な原因は、部屋の温度が高すぎることや、ストーブの前・コタツの中で過ごしてしまうこと。

 

加えて、直射日光が当たる場所で熟睡してしまうことにも注意した方が良いでしょう。

 

特に冬場はクリスマスや忘年会、お正月など人が集まってパーティーをする機会が多いと思います。

 

温まった部屋に大勢の人が集まることで、さらに室温が上昇…。

 

そしてたくさんの人々にフレンチブルドッグが興奮し、熱中症を起こしてしまう…というケースも多々あるのです。

 

「冬は寒い=熱中症にならない」という方程式は、フレンチブルドッグには通用しないことを覚えておきましょう。

 

一番心配なのが、愛ブヒの留守番中

フレンチブルドッグ,Nature Remo

hypersoulz/shutterstock

中でも不安なのが、留守番中の温度管理。

 

さらに近年では日本の異常気象がつづいていて、冬における昼夜の寒暖差が激しくなっています。

 

いったい、エアコンを“何度”に設定していけばいいの…?

 

ある意味、夏場よりも難しいのかもしれません。

 

『もし、外出先からエアコンの温度を変更できたら…』

 

これは誰もが願っていることではないでしょうか。

 

外出先からエアコンの温度管理ができる!Nature Remo(ネイチャーリモ)

フレンチブルドッグ,Nature

「Nature Remo(ネイチャーリモ)」は、外出先からエアコンの温度・湿度管理ができるアイテム。

 

専用のスマホアプリを使って、いつでもどこでもお部屋の温度を変更することができます。

 

このようなアイテムは、総称して「スマートリモコン」と呼ばれています。

 

それではNature Remo(ネイチャーリモ)の詳しい特徴をみていきましょう。

 

 

[1]リアルタイムで自宅の「温度・湿度」がわかる!

フレンチブルドッグ,Nature Remo

Model:Chobisuke&Nonno

専用アプリには、リアルタイムの温度と湿度が表示されています。この数字を見て、外出先から自由に温度を変更することができます。

意外と知らない!? 犬が快適に過ごせる温度は「20℃前後」

犬たちが快適に過ごせる温度は「20℃前後」といわれています。

24℃を超えていたら、ちょっぴり暑いかも。さらに直射日光が当たっている場合は少々危険…。

小まめにチェックをして、20℃前後になるように変更してあげるとベターです。

 

 

[2]「湿度」までわかるのがキモ!

フレンチブルドッグ,Nature Remo

Model:Donguri

今では様々なスマートリモコンが普及していますが、湿度までわかるものは貴重!

湿度も愛ブヒの体調に大きく関係してきます。

夏場は高湿度でも熱中症を起こし、冬場は乾燥しすぎると風邪をひいてしまうことも。

犬が快適に過ごせる湿度は「50%~60%」

乾燥する冬場は、どうしても湿度が低くなりがち。

犬たちが快適に過ごせる湿度は「50%~60%」といわれていますから、これを下回っている場合は加湿器を導入するとグッドです。

Nature Remo(ネイチャーリモ)を取り入れるだけで加湿器を入れるタイミングまでわかるとは…嬉しい時代です。

 

 

[3]運転切替・風量調節も、もちろん可能!

フレンチブルドッグ,Nature Remo

Model:Molt

専用アプリからは、「暖房/冷房/ドライ」などの運転切替や、風量調節も可能です。冬場にうっかり「冷房にして外出しちゃった…」なんてときも、今いる場所からスムーズに変更できます。夏場のうっかりは命にも関わってきますから、フレブルオーナーにとっては必須アイテムといえますよね。

 

 

[4]「○℃以上で冷房をON/△℃以下で暖房をOFF」の自動設定も可能

フレンチブルドッグ,Nature Remo

Model:Nico

Nature Remo(ネイチャーリモ)が優秀なのは、あらかじめ自分で設定したルールに沿って機能してくれること。

例えば冬場なら、「20℃以下で暖房をON」に設定しておけば、夕方以降に気温が下がったら自動的にスイッチONにしてくれます。

同様に夏場なら「20℃以上で冷房をON」に設定しておけば、暑くなり始める時間帯に自動的に冷房を入れてくれるのです。

 

 

[5]古い家電でも登録できる!

フレンチブルドッグ,Nature Remo

Model:Garm

最新のエアコンは、それ自体に遠隔操作機能が導入されているものもありますが、わざわざ買い換えるのはちょっと…。

Nature Remo(ネイチャーリモ)は、メーカーや型番・年式などに関係なく、赤外線リモコン付きの家電に対応しています。

10年前に購入したエアコンも登録できた! なんて声もありました。

※事前に対応機種を確認することをおすすめします

 

 

[6]その他にも、便利な設定がたくさん!

フレンチブルドッグ,Nature Remo

Nature Remo(ネイチャーリモ)には、GPSで自宅に近づいた時にエアコンを自動でONにする機能もついています。
さらに、Google Home(グーグルホーム)、Amazon Echo(アマゾンエコー)、Apple HomePod(アップルホームポッド)などのスマートスピーカーとの連携にも対応。
使い方はあなた次第! ライフスタイルに合わせて細かく設定できるのも嬉しいですよね。

 

 

お散歩後にも快適な温度に!外からエアコンが操作可能

フレンチブルドッグ,Nature Remo

Model:Torus

 

Nature Remo(ネイチャーリモ)が役立つのは、愛ブヒの留守番中だけではありません。

 

愛ブヒといっしょにお出かけしたときも「そろそろおウチに着くからエアコンを入れておこうか!」なんてことも可能。

 

もう、寒いおウチに帰宅するストレスもありません。

 

特に夏場は帰宅前に部屋を冷やしておけるので、安心です。

 

エアコンだけじゃない!様々な家電の設定が可能

フレンチブルドッグ,Nature Remo

Model:Torus

Nature Remo(ネイチャーリモ)に登録できる家電は、エアコンだけではありません。

 

「テレビ/オーディオ/スピーカー/照明/ロボット掃除機/スピーカー/カーテン」などにも対応しています。

フレンチブルドッグ,Nature Remo

これら以外にも、赤外線リモンコンがついていれば登録可能!

 

つまり、自宅に転がるたくさんのリモコンを「スマホひとつ」にまとめられる! というわけです。

 

 

愛ブヒにリモコンを壊される心配もない!

フレンチブルドッグ,Nature Remo

Model:Puti

アゴの力が強いフレンチブルドッグにリモコンを噛み噛みされたら…もはや一撃。

 

Nature Remo(ネイチャーリモ)を導入すれば、同じメーカーのリモコンを探したり、予想外の出費に悩まされることもありません。

 

何より安心なのは、愛ブヒの誤飲を防げること。

 

フレンチブルドッグは誤飲による事故がとても多い犬種ですから、これを未然に防げるのは嬉しいポイントですよね。

 

Nature Remo(ネイチャーリモ)の本体は壁にかけることができるので、愛ブヒに壊される心配もありません。

フレンチブルドッグ,Nature Remo

 

設定がとにかく簡単!3ステップで完了

こんなに便利だと、設定がややこしそう…なんて思う方も多いはず。

 

従来のスマートリモコンは設定がややこしいものが多かったのですが、Nature Remo(ネイチャーリモ)は、設定がとにかく簡単!

[1]Nature Remo(ネイチャーリモ)を自宅のWi-Fiに接続

フレンチブルドッグ,Nature Remo

[2]設定したいリモコンとNature Remo(ネイチャーリモ)の本体を近づける。

フレンチブルドッグ,Nature Remo

すると、スマホアプリに「○○のエアコンが見つかりました」などと表示されます

[3]スマホアプリに表示された「電源ボタン」をタップして、設定完了!

フレンチブルドッグ,Nature Remo

 

この3ステップで設定はおしまい。機械が苦手な方でも、必ず設定することができますのでご安心くださいね。

 

昔の日本とは違う!熱中症対策もアップデートを

フレンチブルドッグ,Nature Remo

Errant_Alien/shutterstock

地球温暖化により、今の日本は昔に比べて年間の平均気温が高まり、油断できない状況がつづいています。

 

特に夏場の気温は異常で、一瞬でもエアコンが切れてしまうと熱中症を起こしかねないほど。

 

冬場においては昼間と夜の温度差が激しく、エアコンの温度設定が困難…。

 

これを間違えてしまうと、熱中症や風邪などにつながってしまいます。

 

時代の変化に伴い、対策もアップデートをしていかなければなりません。

 

愛ブヒを「救う」ものは、できる限り活用すべき

フレンチブルドッグ,Nature Remo

Model:Mahalo

オーナーがそばにいなくても、愛ブヒを救えるケースというものがあります。

 

まさにNature Remo(ネイチャーリモ)がその一つ。

 

私たちがそばにいられない状況で愛ブヒを救える手段を考えることも、オーナーの大切な役割といえます。

 

たとえば近年普及している留守番カメラ。

 

もしあなたがカメラを覗いた時に、愛ブヒがハァハァと暑そうにしていたら…何をしてあげられるでしょうか。

 

そんな時に愛ブヒを救ってくれるのがNature Remo(ネイチャーリモ)というわけです。

 

留守番カメラは単に留守番中の我が子を愛でるだけでなく、Nature Remo(ネイチャーリモ)などと“併用する”ことで命を救えるアイテムになりえます。

 

私たちに何ができるのか…改めて考えてみてはいかがでしょうか。

 

冬場は熱中症対策を怠りがちな上に、風邪予防をしなければならないなど、温度管理が難しい季節です。

 

さらに今年の冬は、毎日の温度差が激しくオーナーさんも頭を抱えていることでしょう。

 

いつ、どこにいても安心してお留守番をさせてあげられるように、Nature Remo(ネイチャーリモ)のある生活をスタートしてみませんか?

 

  • Nature Remo(Remo-1W2)

    Nature Remo(Remo-1W2)

    ◆センサー:温度センサー、湿度センサー、照度センサー、人感センサー
    ◆サイズ :74×74mm 厚さ17/9mm
    ◆重さ  :約61g
    ◆通信  :Wi-Fi 801.22 b/g/n(2.4GHzのみ対応)
    ◆付属品 :本体、USBケーブル(2m)、USB電源プラグ、両面テープ、取扱説明書

    販売サイトを見る

 

▼コンセプトムービーも参考にしてみてくださいね。

 

 

(おまけ)Nature Remoを利用したフレブルオーナーの感想!

French Bulldog LifeのModelやその仲間たちに、実際にNature Remo(ネイチャーリモ)を使って頂きました!

 

フレブルオーナーならではのリアルな意見は、とても参考になりますよ。

フレンチブルドッグ,Nature Remoちょび助&のんのファミリーの場合

フレンチブルドッグ,Nature Remo

デザインがとてもシンプルで気に入っています。部屋のどこに置いてもインテリアの邪魔をしないし、大きさもいい感じでした。

 

アプリの初期設定もとても簡単で、自分の携帯も妻の携帯も簡単に設定できました。

 

8年ほど前のエアコンもボタン1つでしっかり読み込んでくれました。

 

その他の家電(テレビ、照明、掃除機、扇風機)も問題なく設定できました。

 

アプリ上で部屋の温度と湿度を確認できるのはワンコのためにも本当に助かります。

 

エアコンも電源のみならず、風量や風向きまでアプリでできるのも嬉しいです。

 

なによりアプリ上で『ルール』をつくれるのが無茶苦茶便利でした。

 

うちは『平日の8:00〜18:00までで温度が15度以下になったらエアコンを22度設定でつける』というルールを使いました。

 

夏場でもお留守番の時大変役立ちそうです。遠隔操作できるエアコンの購入を考えていましたが必要なくなりました。

 

気に入っているのでもう一つ購入予定しています。

 

フレンチブルドッグ,Nature Remoモルト&どんぐりファミリーの場合

フレンチブルドッグ,Nature Remo

届いたものを見て、まず初めに思った感想。

 

「小さい! シンプル!」

 

心配していた設定も『アプリをダウンロード→Wi-Fiにつなぐ→使いたい機器の赤外線リモコンをピッとして記憶させる』だけで、とても簡単でした。

 

我が家はとりあえずリビングとダイニングの2つのエアコンを設定。

 

スマホから操作して、本当に「ピピッ」と電源が入った時は感動ものでした。

 

最新のエアコンは、初めからスマホで操作出来る機能が備わっているものが多いけれど、我が家のエアコンは9年前に設置したもの。

 

次に買い替えるまでは我慢しなければいけないと思っていた機能が「Nature Remo」をつなぐだけであっさり追加することが出来たのです。

 

フレブルは暑さ、寒さに弱いデリケートな犬種。

 

気温が微妙な時期にエアコンをつけずにお留守番をさせてしまった時、室温が気になってとんぼ返りすることもあったけれど、外出先からエアコンを操作出来るというのは本当に安心だと思います。

 

長時間のお留守番をしている時に、万が一停電などでエアコンの電源が落ちても、外出先から電源を入れ直すことが出来ればこれまた安心ですね。

 

電源を入切出来るだけでなく、冷暖房の切り替えや、温度調整も出来るので、その都度細かく設定し直せるのも魅力です。

 

先日もモルどん連れで旅行に出かけ、家に着く1時間前にスマホからエアコンのスイッチをONにしてみました。

 

家に着く頃には部屋が暖まっており、とても快適でした。

 

欲しかった機能が気軽に手に入り、アプリもわかりやすく操作がしやすい点もポイントが高いです。

 

欲を言えば、壁に貼り付けることに少し抵抗があるので、コンセントに差すだけ! くらい小さくなったら最強だなと思いました。

 

とてもおすすめ出来る商品だと思います。

 

フレンチブルドッグ,Nature Remoりくファミリーの場合

フレンチブルドッグ,Nature Remo

フレブル飼いが一番気になるのは夏のエアコン問題。

 

家族が仕事や学校で一日留守にする家庭と違って、我が家は両親がりくと日中家にいてくれるのでそこまで問題にならないのでは? と思われがちですが、高齢の人間とフレンチブルドッグとの暑さの感覚の違い。

 

あったかい寝床を用意してさえいれば、「ちょっと寒すぎるかな?」くらいが丁度いいと思っています。

 

今年の夏は「エアコンちゃんとつけてる?」「温度上げてない?」の確認連絡が度々でした。

 

Nature Remoは仕事先から気温チェックができるし、まさかのエアコン消してないかの確認もできる。

 

コンパクトで設定もアプリをインストールして簡単にでき、なによりほんと外出先からコントロールできるのは最高のアイテムです。

 

犬だけではなく、暑さの感覚が鈍くなる人間にも優しい商品だと感じました。

 

ポツンとお留守番の愛犬さんに、そっと気晴らしのテレビをつけてあげることもできますね!

紹介されたアイテム

  • Nature Remo(Remo-1W2)

    Nature Remo(Remo-1W2)

    サイトを見る
    • amazon

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧