2023年9月20日3,372 View

おいしさの頂点を極めた「ブッチ」が起こした、希望のエピソード集。何も食べてくれなかった愛ブヒが…

日本において、チルドペットフードのパイオニアともいえる「ブッチ」。安全性はさることながら、犬たちに欠かせない水分を摂取できるのが魅力。何より食べっぷりバツグンで、我々編集部も、過去にブッチを食べなかったという子に出会ったことがありません。

さぁ、愛ブヒが幸せそうに食べる姿を見たい、すべてのオーナーたちへ。

ブッチのある生活、はじめてみませんか?

 

(PR 株式会社ブッチ・ジャパン・インク)

「身体にいいお肉」の基準と大切さ

フレンチブルドッグ,ブッチ

『生肉以上』をコンセプトに掲げ、多くのフレンチブルドッグを虜にしている「ブッチ」。

 

日本ではチルドペットフードのパイオニア的存在で、おいしく食べながら水分摂取できるのも人気の理由。

 

さらに環境規制が世界一厳しいとされるニュージーランドで誕生し、数々の安全基準をクリアしているため、フレンチブルドッグの身体にも優しいのです。

 

そして「ブッチ」最大の魅力は、食べっぷりがバツグンであること。

 

編集部も今までブッチを食べなかった子に出会ったことがなく、それどころか、何も食べられなくなった子を救ったエピソードを何度も聞いたことがあります。

 

ここからは、ブッチ愛食家の声と、編集部が実際に聞いた奇跡のエピソードを紹介させてください。

 

【ブッチ愛食家の声】良い状態のウンチが続いています!

フレンチブルドッグ,ブッチ

ブッチ大好き、大福ちゃん!

まずは「ブッチ」が大好きだという大福ちゃん。健康管理を徹底する大福ちゃんのママさんが、ブッチを気に入っている理由とは…!?

 

 

大福ちゃんママ:

「ブッチ」は今まで特別なご褒美としてあげていましたが、あまりにも美味しそうに食べるので、今では欠かせないフードになっています。

 

大福には色んなお肉が含まれる「ブラック・レーベル」が合っているようで、今まであげていたドッグフードへのトッピングから、少しずつ量を増やしていきました。

 

大福は普段と違うフードを与えるとお腹が緩くなったりすることが多いのですが、「ブッチ」は消化器官への負担が少ないためか、とても良い状態のウンチが続いています。

フレンチブルドッグ,ブッチ

「が、がまんできない…!」

 

1週間経った頃も体調の変化もなく、とにかく食べっぷりがいい!

 

手作りのトッピングもよく食べてくれるのですが、栄養が偏っていないか心配だったんですよね…。

 

でも「ブッチ」は低カロリーなのに栄養バランスや水分量もしっかりと考えられているので、安心して与えることができるのも魅力です。

 

今後はトッピングではなく全量に切り替えるのも良いなぁと思っています。

フレンチブルドッグ,ブッチ

「全量ですと…!?」

 

毎食が難しい場合は朝晩どちらかだけとか、引き続きトッピングするなど、使いたい分だけ切り分けられるのも便利ですね。

 

「ブラック・レーベル」がもうすぐなくなるので、次はチキンが主役の「ホワイト・レーベル」に味変してあげる予定です!

 

きっとまた喜んで食べてくれると思うと、今から楽しみです!

 

【ブッチの実話①】脳の病気で何も食べてくれず諦めた時に…

フレンチブルドッグ,ブッチ

chaowalit-jaiyen/shutterstock

つづいては、ブッチのおいしさに救われたフレンチブルドッグのエピソード。

 

ひとつめは、パピーの頃に重度の水頭症と診断された、当時1歳未満だったフレンチブルドッグのお話しです。

 

気圧や天候にも大きく左右される脳の病気、水頭症。

 

台風が近づいていたある日、その子は一切ごはんを食べなくなり、お水やおやつすらも口にしてくれなかったといいます。

 

もともと身体が強くなかったため、「この状態がつづいたら…」と最悪のケースを考えてしまったママさん。

 

試行錯誤していろいろ試した結果、ゆいいつ食べてくれたのが「ブッチ」だったのだそう。

 

「ブッチ」は総合栄養食の基準を満たしながら、同時に水分を摂取することもできます。

 

大変な状況を「ブッチ」で乗り切ったというママさんは、取材当時も「ブッチに救われました! ブッチ様様です!」と目を潤ませながら語っていました。

 

【ブッチの実話②】16歳を超えて、最期まで食べてくれた「ありがとうのごはん」

フレンチブルドッグ,ブッチ

Tienuskin/shutterstock

つづいては、16歳まで生きた、あるフレンチブルドッグ(男の子)のお話し。

 

食べることが大好きだったその子は「ごはんを食べない」なんてことは、なかったそう。

 

ところが16歳になって寝たきりの生活がつづいたある日、数日間何も口にしてくれなくなったといいます。

 

犬も人間も「ごはんを食べない、お水を飲まない」という行為は、空に向かうひとつのシグナル。

 

愛ブヒが出した答えだとわかっていても、諦めきれなかったママさん。

 

大好きなオヤツやミルク、ジュースなど、何でも良いから口にして欲しいと試行錯誤をくり返しました。

 

ところが口を閉じたまま、すべてを拒否する愛ブヒ。

 

諦めかけたその時、大好物の「ブッチ」を冷凍保存してあることを思い出したのです。

 

お腹に負担をかけないよう、少し温めてからすり潰し、お湯と混ぜてシリンジへ。

 

それを口元に持っていくと、愛ブヒが自ら口をあけ、ペロペロと食べ出したではありませんか。

 

取材当時、ママさんはこのように語っていました。

 

「もうダメだと思っていたのに、ブッチだけは食べてくれたんです。いつどうなるか分からない状態でしたが、ブッチで栄養と水分を同時に摂取できたおかげで、2ヶ月も頑張ってくれました」

 

ママさんは涙ながらにつづけます。

 

「この2ヶ月は、私たち家族にはとても貴重で必要な期間でした。泣いたり笑ったり、悔しがったり喜んだり。最後まで向き合えたからこそ、少しずつ心の準備もできていきましたし、ありがとうをたくさん伝えることができました。愛ブヒにも、支えてくれた友人や獣医師さんにも。中でもブッチには本当に感謝していて、私たち家族にとってブッチは“ありがとうのごはん”です」

 

\約50%OFF!/
「ブッチトライアル3本セット」3,000円がオススメ!

 

世界も認める「ブッチ」は、ここが素晴らしい。

フレンチブルドッグ,ブッチ

「おいしい力」で、食べることを諦めたフレンチブルドッグたちを救ってきたブッチ。

 

そんな「ブッチ」は、フレンチブルドッグに良いことが、他にもたくさんあるのです!

 

 

①お肉の割合が「76.5~92%」

フレンチブルドッグ,ブッチ

「ブッチ」には、犬たちに欠かせない新鮮なお肉がたっぷり使われています。

 

その割合は、なんと76.5~92%。

 

もちろん使われているお肉は、ニュージーランドの厳しい基準をクリアしたものだけ。

 

フレンチブルドッグが「犬本来」の姿を思い出し、無我夢中で食べる様子をご堪能ください。

 

 

②魚や野菜、海藻も!自然由来で栄養素を強化

フレンチブルドッグ,ブッチ

「ブッチ」にはお肉のほか、魚(サバやマグロ)、野菜類(ニンジン、エンドウ豆、コーン)、ケルプなどが含まれています。

 

お肉だけでは摂取しきれない必要な栄養素を、自然由来のものでカバー。

 

トッピングにも最適ですが、総合栄養食としてもしっかり基準を満たしています。

 

 

③水分たっぷり!お肌の健康維持をサポート

フレンチブルドッグ,ブッチ

水は犬たちに欠かせないもので、肌荒れの原因は「水分不足」と豪語する獣医師もいるほど。

 

「ブッチ」は長年の研究により、生肉と同程度の水分含有量を実現。

 

ふだんお水を飲んでくれない子も、「ブッチ」を食べるだけで水分を摂取することができます。

 

とくに身体が乾燥しがちなシニアブヒたちにはおすすめ。

 

チルドペットフードのパイオニアと呼ばれる所以を、その舌と身体で実感してみてください。

 

 

④栄養素を守る、100℃未満での短時間調理!

フレンチブルドッグ,ブッチ

肌荒れの原因となるアレルゲンは、お肉の種類以上に「高温加熱処理」をする方が問題とされています。

 

高温で一気に加熱することでたんぱく質の構造が破壊され、身体に悪い影響を与えてしまうのです。

 

「ブッチ」は100℃未満で、さらに短時間で調理をしています。

 

これにより、犬たちに欠かせない栄養素が壊れることなく、しっかり体内に届きます。

 

 

\約50%OFF!/
「ブッチトライアル3本セット」3,000円がオススメ!

 

獣医師も推奨!「幸せな食事は、健やかな一生をもたらす」

獣医師:クアク美智子院長(OurPetsどうぶつ診療所)

おいしくて水分も摂取できる「ブッチ」は、多くの獣医師も推奨しています。

▼「OurPetsどうぶつ診療所」院長 クアク美智子先生のコメント

食事の選択は、みなさんが愛犬にできる大切なケアのひとつでもあります。

 

ブッチは生肉に近い水分量を保ち、原材料の多くを肉類が占めています。そのため、嗜好性も良く、食べっぷりも抜群。

 

わたしたちが美味しい食事を食べる時、目が輝き幸せな気持ちになりませんか?

 

犬や猫も人間と同じで、おいしい食事を食べるとき、“目の輝き” が変わります。

 

それを見て、私たちも幸せに感じますよね。

 

3つのレーベル!まずはトッピングから始めてみよう

フレンチブルドッグ,ブッチ

「ブッチ」は、犬たちの好みや体調に合わせて、3種類展開しています。

 

 

①色んなお肉が含まれる!「ブラック・レーベル」

フレンチブルドッグ,ブッチ

ブラック・レーベルは、新鮮なニュージーランド産のビーフ、ラム、チキンが主役。

多種類の動物性たんぱく質を摂取できるので、フレブルライフ的には一番オススメ!

 

 

②赤身肉不使用!「ホワイト・レーベル」

フレンチブルドッグ,ブッチ

ホワイト・レーベルは、チキンがメインのフード。

アレルギーが気になる子や赤身肉が苦手な子は、ホワイト・レーベルから試してみると良いかも。

 

 

③チキンと魚が主役!「ブルー・レーベル」

フレンチブルドッグ,ブッチ

ブルー・レーベルはチキンと魚(サバ)が主役。

魚にはフレンチブルドッグに不足しがちなオメガ3脂肪酸が含まれるので、トッピングにも最適。

積極的にお魚を食べてほしい! という子にオススメです。

★小さく刻んで、おいしくトッピング!

フレンチブルドッグ,ブッチ

総合栄養食の「ブッチ」ですが、まずはトッピングから始めるのがオススメ。

 

愛ブヒが食べやすいサイズにカットするだけで、準備完了。

 

栄養と水分を補えるだけでなく、とにかく食べっぷりがアップします。

 

愛ブヒが、まるで野性の犬にかえったように、ガツガツ食べる姿を見てみたくありませんか!?

 

食が細い子も、食べることが大好きな子も。ぜひ「ブッチ」を堪能してみてくださいね。

 

 

\約50%OFF!/
「ブッチトライアル3本セット」3,000円がオススメ!

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧