2024年1月8日2,982 View

【アレルギーの間違った知識】肉の種類より調理法が問題だった!?「THE fu-do(ザ・フード)」の徹底配慮とは。

私たちが「世界で唯一」と誇りをもつ、フレンチブルドッグ専用フード「THE fu-do(ザ・フード)」。

SOLD OUTになるほど反響をいただき、現在は早めに届く予約を受付中! 

 

「THE fu-do(ザ・フード)」は多種類のお肉が使われる『①正統の基礎栄養食』と、どうしてもアレルギーが不安な子に向けた『②食物アレルゲン配慮』の2種類をご用意しています。

驚きなのが、愛用者の80%以上が『①正統の基礎栄養食』を選んでいること。いろんなお肉が含まれていますが、今まで苦手だったお肉も「THE fu-do(ザ・フード)は大丈夫だった」というお声もたくさんいただいています。

 

その理由は、食材選びと調理法にあることをぜひ知って頂きたい! 今日はアレルギーの間違った知識と、ほんとうの危険についてお話ししたいと思います。

 「愛ブヒは○○アレルギーだから食べない!」という考えを、一瞬だけ外してみよう。

フレンチブルドッグ,ドッグフード,ザフード

フレンチブルドッグのためだけに作った総合栄養食「THE fu-do(ザ・フード)」。

 

おかげさまで、販売開始からわずか1ヶ月で「3万食」を突破し、一時はSOLD OUTの事態に。

 

現在はできる限りお早めに届く「予約販売」を受け付けております!

 

早く愛ブヒに食べさせたい方は、以下のボタンからご予約くださいませ。

 

 

\早めに届く「予約」受付中!/

 

さて、今日はフレンチブルドッグと食物アレルギーにまつわるお話しです。

 

じつは間違った情報がひとり歩きし、正しくない知識を得てしまっている方も多い印象です…。

 

「愛ブヒは○○アレルギーだから食べない!」

 

という考えを一瞬だけ取り除いていただき、ぜひフラットなお気持ちでご覧いただけると嬉しいです!

 

犬の食物アレルギーは、なぜ起こる?

フレンチブルドッグ,ドッグフード,ザフード

Kanyshev-Andrey/shutterstock

そもそもアレルギーは、身体に悪さをする「アレルゲン」という物質が影響しています。

 

本来は身体にとって「無害」にも関わらず、免疫系が異物(アレルゲン)と判断し、過剰に反応することでアレルギーを発症してしまうのです。

 

これは食べものが影響する「食物アレルギー」も同じ理由で起こります。

 

では本来「無害」にも関わらず、何が原因でアレルギーを発症してしまうのでしょうか。

 

 

①体内バランスの乱れ

フレンチブルドッグ,ドッグフード,ザフード

sulochana-nadeeshani/shutterstock

体内バランスの乱れは、食物アレルギーを発症する大きな要因です。

 

身体に合わない食事やストレスがつづくと、体内バランスが乱れ、身体が間違ったジャッジをしてしまいます(無害を異物と判断するなど)。

 

今まで平気だったのに、突然食べられなくなった経験があるとしたら、食事の見直しや環境を改善するのがベター。

 

つまり「身体の内側から強い子」になるのが、とっても重要なのです。

 

そのためには、フレンチブルドッグにふさわしい食事を摂りつづけることが最短ルートといえます。

 

 

②粗悪なお肉と高温調理のドッグフード

フレンチブルドッグ,ドッグフード,ザフード

Microgen/shutterstock

たとえば鶏肉や牛肉は、一般的にアレルギーを起こしやすいお肉だと考えられています。

 

これは低アレルゲンの馬肉やラム肉と比較すると、たしかにそうなのかもしれません。

 

でも、ここからが重要!

 

じつは、肉の種類以上に「品質と調理工程」の方が身体に影響を及ぼしやすいのです。

 

アレルギーは、質の悪いお肉や、高温加熱されたお肉の方が発症する傾向にあることを、ぜひ覚えておいてください。

 ★お肉の扱われ方で「栄養の質」が変わる

フレンチブルドッグ,ドッグフード,ザフード

Nataliia-Maksymenko/shutterstock

お肉はとても繊細で、扱われ方によって栄養の質が大きく変わってしまいます。

 

たとえば人間も食べられない粗悪なお肉は、栄養があるどころか、身体に悪影響を及ぼす成分ばかり。

 

そして、どんなに新鮮なお肉でも、高温で加熱処理することで「犬に欠かせない栄養」が破壊されてしまうのです。

 

たんぱく質がその代表例で、高温で一気に加熱すると、構造変化を起こしてしまいます。

 ★ドッグフードの多くは高温加熱処理が行われている

フレンチブルドッグ,ドッグフード,ザフード

日本においてドッグフードは、残念ながら「雑貨」と同じ扱い。

 

本来捨てるべき粗悪なお肉が使われているケースもたくさんあります。

 

成分表に「副産物」「ミートミール」と書かれていたら、その証拠。

 

愛ブヒの将来のためにも、今すぐフードを見直すことをオススメいたします。

 

また今のドッグフードがヒューマングレードの食材を使ったものだとしても、一度公式サイトを確認するのがベター。

 

「低温調理」などで栄養が破壊されない調理法がなされているか、チェックしてみましょう。

 

長くなってしまいましたが…

 

お肉は加熱前と加熱後で栄養バランスが変化するだけでなく、よりアレルギーを発症しやすい状態になっている場合があることを、覚えておいてください。

 

「THE fu-do(ザ・フード)」は、安心の低温調理!

大前提として「THE fu-do(ザ・フード)」に使われる肉類は、ヒューマングレードの新鮮な生もの。

 

これらを高温加熱による悪影響が出ないよう、じっくり乾燥してからミンチにし、低温で少しずつ火入れをしています。

 

この手法により栄養が壊れたり変性することなく、素材の力を活かしたまま仕上げることができるのです。

 

 

鶏肉や牛肉を避けていた子も「食べられた!」という声が多数

フレンチブルドッグ,ドッグフード,ザフード

すでにたくさんのフレンチブルドッグが召し上がり中の「THE fu-do(ザ・フード)」。

 

実際に、今まで鶏肉や牛肉を避けていた子も「THE fu-do(ザ・フード)」はおいしく食べられた、という意見も多数いただいています。

 

「THE fu-do(ザ・フード)」はすべてのフレンチブルドッグに食べてほしい「①正統の基礎栄養食」と、どうしてもアレルギーが不安な子に向けた「②食物アレルゲン配慮」の2種類をご用意。

 

フレンチブルドッグはお肌がデリケートですから、食物アレルゲン配慮の需要が高いかと思いきや…

 

ほとんどの子が、多種類のお肉が含まれる「①正統の基礎栄養食」を選んでくれています!

 

 

フレブルの80%以上が「正統の基礎栄養食」を愛食中!

フレンチブルドッグ,ドッグフード,ザフード

厳選した食材と調理法の配慮から、苦手なお肉も食べられると評判の「THE fu-do(ザ・フード)」。

 

事実として、購入者の80%が「正統の基礎栄養食(ゴールド)」を選んでくださっています。

 

今のところ食物アレルギーが出たというお声もなく、おいしく召し上がっていただけています。

 

これは食材や調理法はもちろんのこと、フレンチブルドッグにフィットする栄養バランスで仕上げていることも理由の一つだと考えています。

フレブルにフィットする栄養バランス!

 

不足しがちだった栄養を効率よく吸収することで、体内に良い循環が生まれているのかも。

 

冒頭でお話ししたように、アレルギーは体内バランスの乱れも大きく影響します。

 

愛ブヒに合った食事に出会えたら「身体の内側から強くなれる子」になれるはず!

 

その答えは愛ブヒが全身で表現してくれますから、ぜひ小まめにボディチェックをしてみてくださいね。

 

「早めに届く」予約を受付中!

想像を大きく上回る反響で、現在SOLD OUT中の「THE fu-do(ザ・フード)」。

 

現在は、お早めに届く予約を受付中です!

 

ご購入いただいた順に発送となりますので、早く愛ブヒに食べさせたい!

 

という方は、お早めのご予約がオススメです。

 

 

\早めに届く「予約」受付中!/

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧