2017年12月27日12,411 View

雪が降る地域で「犬の靴」が必要なワケ〜塩カルは肉球の炎症を引き起こす〜

冬も本格化し、各所で雪の日がつづいています。じつは、雪が降っていなくても「犬の靴」を履かせる必要があるってご存知でしたか?

冬場は、凍結防止の「塩化ナトリウム」や、雪を溶かす「塩化カルシウム(塩カル)」が各所に撒かれているのです。素足で触れると肉球が炎症してしまうことも。

冬こそ犬の靴が必要な理由をご紹介しましょう。

 

sponsored by 株式会社ディライトクリエイション docdog(ドックドッグ)

この記事のタイトルとURLをコピー

モデルのブヒ:ジュイエ

冬場になると道に撒かれる白いツブツブって?

冬場になると道に撒かれる白いツブツブ。これは、凍結を防止する「塩化ナトリウム」や、雪を溶かす「塩化カルシウム(塩カル)」。

 

雪が降る地域にお住まいの方にはおなじみで、冬になるとこれらを撒く車にたびたび遭遇します。

 

◆塩化ナトリウム

凍結を防止するため、事前に道路や駐車場に撒くもの。塩化ナトリウムなどを総称して「凍結防止剤」と呼ばれています。

 

◆塩化カルシウム(塩カル)

雪が降った後に撒き、雪を溶かす際に使用。塩化カルシウムなどを総称して「融雪剤(ゆうせつざい)」と呼ばれています。

 

中でも塩化カルシウム(塩カル)は、素手や素足で触れると皮膚に炎症を起こすといわれています。

 

「塩カル」が引き起こす皮膚の症状

mubus7/shutterstock

『公益財団法人 日本中毒情報センター』の情報によれば、人間の皮膚に起こりうる症状として「発赤(皮膚が赤くなる)」「軽度の熱傷」が記されています。

(参照:公益財団法人 日本中毒情報センター

 

さらに、雪などを触って濡れた手で触れると、その症状はいっそう出やすいそうです。犬よりもカラダが丈夫な人間でさえ、皮膚に影響を及ぼす塩カル。

 

さて、犬たちにはどんな症状が起こりうるのでしょうか。

 

犬は人間よりも皮膚が薄い

モデルのブヒ:ジュイエ

犬の皮膚は、人間よりもずっと薄いといわれています。人間には被毛がないため、皮膚そのものが分厚くバリア機能が発達しています。

 

皮膚が丈夫な人間でも炎症を起こすということは、犬にとってはなおさら。

 

犬が素足のまま塩カルに触れると肉球が赤く炎症を起こし、ひどいときは皮膚がただれて皮がはがれることもあるそうです。

 

さらにフレンチブルドッグは他の犬種に比べて皮膚が弱いため、より厳重な注意が必要となります。

 

もし、素足で塩カルを踏んだら…

もし、愛しのフレンチブルドッグが素足のまま塩カルを踏んでしまったら、すぐに洗い流さなければなりません。せっかくの楽しいお散歩を中断し、すぐに帰宅…なんてことに。

 

また、塩カルは胃腸を刺激して嘔吐や下痢を起こす危険性もありますので、素足のまま歩きそのまま手を舐めてしまったらカラダに害を及ぼす可能性も。

 

もちろん、お散歩中に塩カルを舐めないようにするのもゼッタイです!

 

雪が降っていなくても靴を履こう

これらを考えると、雪が降っていなくても靴を履かせるのがベター。

モデルのブヒ:ジュイエ

 

塩カルは白くて小さい粒のため、雪に混ざるとなかなか見分けがつきません。さらに塩を撒くように「撒き散らす」ことが多いため、塩カルを避けて通るのはほぼ不可能…。

 

愛ブヒがお散歩でどこを歩いてもいいように、犬の靴を履く習慣をつけましょう!

 

冬に最適な靴は『Snow Mushers(スノーマッシャーズ)』

モデルのブヒ:ジュイエ

 

雪が降る地域にお住まいの方や、愛ブヒを連れて雪遊びを楽しみたい方には『Snow Mushers(スノーマッシャーズ)』がおすすめ。

 

開発したのはカナダの「マットルックス社」。まさに、冬が厳しいカナダだからこそ誕生した商品です。

 

極寒の地域でも履けるように内側を全面起毛素材にして、暖かさをキープ。

 

さらに、外側は防水性に優れた素材を使用しているため、内部への浸水を防ぐことができます(完全防水ではありません)。

 

ストラップを螺旋状に巻いてしっかりと固定できるため、一日中雪遊びをしてもほぼ脱げることはありません。

 

カラーは、ブルー/オレンジの2展開。いずれも、全ての毛色のフレンチブルドッグに似合うのが嬉しいところ!

 

先ほどから、元気に雪遊びをしているフレンチブルドッグのジュイエくんが着用しているのも『Snow Mushers(スノーマッシャーズ)』。走り回っても、ゴローンと転がっても脱げることはありません。

モデルのブヒ:ジュイエ

 

冬に最適なのはもちろんのこと、アクティブなフレンチブルドッグにもピッタリな「犬の靴」です。

  • Snow Mushers(スノーマッシャーズ)

    Snow Mushers(スノーマッシャーズ)

    ■ 秋冬シーズン向け

    [メーカー]Muttluks
    [素材]アッパー:ナイロン/ソール:再生ゴム
    [カラー]ブルー、オレンジ
    [サイズ]8サイズ展開

 

おなじみ『Mud Monsters (マッドモンスターズ)』でもOK

『Snow Mushers(スノーマッシャーズ)』に比べて暖かさと防水性には欠けますが、『Mud Monsters (マッドモンスターズ)』は塩カル対策や雪遊びにも適応します。

 

獣医師監修・犬の靴と靴下の専門店「docdog(ドックドッグ)」さんで不動の人気No.1だけあって、使い勝手はバツグン。一年中使えるので、一足用意しておくと安心です。

  • Mud Monsters (マッドモンスターズ)

    Mud Monsters (マッドモンスターズ)

    ■オールシーズン使用可能

    [メーカー]Muttluks
    [素材]アッパー:ナイロン/ソール:再生ゴム
    [カラー]ブルー、オレンジ
    [サイズ]8サイズ展開

 

安心して冬を乗り切るために

モデルのブヒ:ジュイエ

夏場に比べればフレブルたちが安心して過ごせる冬。たしかに防寒対策は必要ですが、優しいオーナーの新常識として「足元」もしっかりカバーしてください。

 

愛しのフレンチブルドッグたちの、ぷにぷにと柔らかい肉球。香ばしくて、鼻をくっつけてかぎたくなるような愛おしい香り…。そんなカワイイ肉球だからこそ、ぜひ全力で守ってあげてください。

 

もっと安心して冬を過ごせるように、ぜひ「犬の靴」をはじめてみてはいかがでしょうか。

紹介されたアイテム

いいなと思ったらシェア

この記事のタイトルとURLをコピー

おすすめ記事

特集

特集一覧