2018年4月3日1,226 View

【チル/バップ】フレンチブルドッグに教わる若者言葉

歳を重ねるにつれ、ついていけない若者言葉…。「マジ」という言葉でさえゾッとするのに、最近は「マ」のひと言に進化していたり、了解を「り」といったり…頭が混乱です。

進化しつづける若者言葉って、意味を説明されてもわからないことがしばしば。しかし、私たちにはフレンチブルドッグがついている!

今回は、最近の若者言葉をフレンチブルドッグとともに学ぼうという企画です。

この記事のタイトルとURLをコピー

チルする=まったりする

最近の若者たちは「チルする」「チルってる」「チルる」という言葉を頻繁に使います。グループLINEでも当たり前のように飛び交うワード。

 

チルとは、ひと言でいえば「まったりしている」という意味。いったいどういうこと…?フレンチブルドッグを例にご紹介しましょう。

 

「ソファでチルってる。」

 

MAGIC MILKさん(@french_milkshake)がシェアした投稿 -

 

「え、今?妹とチルしてる。」

 

「今日は船でチルるわ〜。」

 

「海でチルしようと思ったのに、走っちゃったし。」

 

あら不思議、よくわからない言葉もフレンチブルドッグと一緒ならスッと頭に入ってきます。

これで「チル」は理解できました。

 

バップ=禁止・罰・やってしまった

「バップ(バッド・プレイの略)」は昭和時代にも一部で使われた言葉ですが、最近は少しだけニュアンスが違うようです。

 

昔は「やめておけ」といったように、ダメ出し的な意味があったそうですが、現在は禁止や罰の意味なんだそうです。「やってしまった…」のようなニュアンスもあるようですよ。

 

それにしても難しすぎる…ねぇ、教えてフレンチブルドッグ!

 

「頭の上に乗るのバップ」

 

「寝過ごした…大バップ」

 

「チンスリ、一週間バップ」

 

このように、禁止の意味で使ったり、やってしまった時などに使うことが多いようです。

ニュアンスが漠然としているのでちょっぴり難しいですが、フレンチブルドッグと学ぶと何となくわかる気が…!

 

ふたつの言葉を理解したところで、「チル/バップ」の両方を使ってみましょう。例題は、世界をにぎわせたフレンチブルドッグ「ボースン」のあの動画。きっと彼は、こんなふうに言っているはず。

 

「ベッドでチルしようと思ったのに…鏡バップ。」

こんな感じでしょうか。

 

ボースンの記事は、こちらをチェックしてみてくださいね!

100万回再生!?世界をにぎわすフレンチブルドッグ「ボースン」から目が離せない

 

わからないことは、大好きなフレンチブルドッグから学ぶべし!また新しいワードを発見したら、フレンチブルドッグと一緒にお勉強しましょう。ありがとう、フレブルたち。

いいなと思ったらシェア

この記事のタイトルとURLをコピー

おすすめ記事