2017年3月23日8,520 View

【取材】フレブルを抱っこしてもらうと健康になる!?その男の名は「大仏」

フレブルオーナーたちの間でじわじわと口コミで広がっている噂…「ある男性に愛ブヒを抱っこしてもらうと、健康になる」。その男性の名は「大仏」というらしい。

先日行われた、BUHI10周年×FBIの合同イベント「強運日和」に大仏さんも参加するという情報を聞きつけ、French Bulldog Lifeが独占取材を決行。

大仏さんて一体誰?いつから噂が広まったの?などなど、徹底的に紐解いていきましょう。

この記事のタイトルとURLをコピー

目次

  • その男の名は「大仏」
  • なぜ「大仏」なのか
  • 「愛ブヒを抱っこしてもらうと健康になる」という噂はいつから広まった?
  • イベント「強運日和」では30-40頭のブヒを抱っこ!
  • 大仏ファミリーをご紹介
  • 大仏さんは「フガサミット」のメンバー

フレンチブルドッグ 大仏

その男の名は「大仏」

「大仏さんに愛ブヒを抱っこしてもらうと、健康になるらしい」

 

この噂は、以前からよく耳にしていました。これは一体どういうことなのか…French Bulldog Life編集部は事前に大仏さんにアポイントをとり、イベント当日に取材をさせていただく許可をいただきました。

 

写真で見たことはあるけれど、どんな方なのだろう…何とも言えない緊張感を抱いていると、3月にも関わらず半そで短パンの男性がこちらに近づいてきました。

フレンチブルドッグ 大仏

 

インパクト絶大なこのお方こそ、噂の大仏さんです。全身赤で統一され、よく目立つこと!

フレンチブルドッグ 大仏

はじめましてのごあいさつを済ませ、いざインタビュー決行!

 

なぜ「大仏」なのか

フレンチブルドッグ 大仏

まず気になるのは、なぜ「大仏」さんと呼ばれているのかということ。

 

もちろん、全身から滲み出る“ありがたい”オーラもその由来のひとつですが、発端は非常にシンプル。

 

今からおよそ8年前。大仏ファミリーが愛ブヒを連れて友人とドッグランで遊んでいると、遊び疲れた大仏さんは、休憩がてらドッグランの真ん中であぐらをかいて休んでいたそうです。

 

フレンチブルドッグ 大仏

 

遠くからその姿を見た友人が「まるで大仏みたい」と言ったことが、そう呼ばれるきっかけになったんだとか。

 

なるほど、納得がいきます。

 

「愛ブヒを抱っこしてもらうと健康になる」という噂はいつから広まった?

フレンチブルドッグ 大仏

フレブルラバーたちの間では有名な「大仏さんに抱っこをしてもらうと、愛ブヒが健康になる」という噂。これは、ご本人自ら言っているわけでも、ブログ等で大々的にうたっているわけでもありません。

 

イベントやSNSを通して、完全に「口コミ」だけで広まったそうです。

 

「5、6年前かなぁ。あるイベントで、ぼくがフレンチブルドッグを抱っこしたんですよ。その子の飼い主さん曰く、普段は抱っこを嫌がる子なのに、ぼくが抱っこをした時は全然嫌がらなかったんです。オーナーさんがその様子を見て喜んでくださって。」

 

さらにこんなエピソードも。

 

「他にも、泣いている赤ちゃんを抱っこしたら泣きやんでくれて、その子のお母さんが驚いていたこともありました。」

フレンチブルドッグ 大仏

このように、普段抱っこを嫌がるフレブルが落ち着いたり、赤ちゃんが泣き止んだり。「なんだかスゴイ人がいるぞ」という噂がイベントやSNS を通して広まり、いつの間にか浸透。

 

さらに、大仏さんに抱っこをされて落ち着く我が子たちの様子を見て、親御さんが笑顔になる。その様子もまた「大仏」という名にふさわしく、口コミに拍車をかけました。

 

フレンチブルドッグ 大仏

「お相撲さんに赤ちゃんを抱っこしてもらうと縁起がいいって言うじゃないですか。それと同じ感じなんだと思いますよ。あとね、ぼくから“フレブル大好きオーラ”が出ているらしいです。」

 

頰を緩ませながら恥ずかしそうに語る姿がとても印象的でした。

 

イベント「強運日和」では30-40頭のブヒを抱っこ!

フレンチブルドッグ 大仏

3月19日に行われたイベント「強運日和」では、合計30-40頭のフレンチブルドッグを抱っこしたそうです。おそるべし、大仏さんの知名度と体力…!

 

その一部をご紹介しましょう。抱っこされている子たちの表情に注目してみてください。とっても穏やかな表情で、正に骨抜きにされている感じ!

フレンチブルドッグ 大仏

 

フレンチブルドッグ 大仏

 

フレンチブルドッグ 大仏

 

そして、自然とできる人だかり。

フレンチブルドッグ 大仏

 

フレンチブルドッグ 大仏

 

「うちの子を抱っこしてください!」と依頼をしている方が本当にたくさんいらっしゃいました。

フレンチブルドッグ 大仏

フレブル界の著名人です。

 

大仏ファミリーをご紹介

フレンチブルドッグ 大仏

大仏さんは、奥様とフレンチブルドッグ4頭と暮らす大家族。ちなみに奥様は「菩薩さん」と呼ばれています。これも非常にシンプルな理由で、「大仏」の奥さんだから。

 

愛しのフレンチブルドッグは、ハンナ(パイド)、ファビオ(ブリンドル)、ルチア(フォーン)、ペコ(クリーム)。

フレンチブルドッグ 大仏

 

クリームのペコは、2015年に「福島アダプトネットワーク」という保護団体からやってきたそうで、推定10歳。片目の視力がないものの、聴力はしっかりしていて、大仏さんと菩薩さんの言うことをきちんと聞く賢い子。

 

全員きちんとしつけられていて、4頭並んで歩くのなんてお手の物。一頭でも言うことを聞かない子がいるときは、缶に石のようなものを入れたお手製のアイテムをカランッと鳴らし、一瞬で落ち着かせます。

フレンチブルドッグ 大仏

さすが、フレンチブルドッグの申し子!

 

大仏さんは「フガサミット」のメンバー

フレンチブルドッグ 大仏

大仏さんと菩薩さんは、保護団体「フガサミット」メンバーとして、立ち上げ当初から活動されているそうです。

 

今後大仏さんに会いたい方は、ぜひフガサミットのイベントに参加してみてくださいね。そして、ぜひ愛ブヒの健康を願って抱っこをお願いしてみてはいかがでしょうか。

 

最後は、イベントを終えて帰り際の大仏さんの写真で。

フレンチブルドッグ 大仏

幸せオーラ満載で、本当に素敵な方でした。大仏さん、お忙しい中インタビューにご協力いただき、ありがとうございました!

 

「フガサミット」公式サイト

いいなと思ったらシェア

この記事のタイトルとURLをコピー

おすすめ記事