2021年3月13日1,794 View

【超朗報】フレブルが多発しているMVを発見。めちゃくちゃ優しい演技や雰囲気が、曲に乗ってじんわり響いてきた…【動画】

今回は、間も無く訪れる春を感じさせるような、そしてフレブルラバーの心もゴキゲンに踊ってしまうような素敵な動画をご紹介。

先月、アーティストの海蔵亮太さんがリリースしたNew Album『僕が歌う理由(わけ)』に収録されたとある曲のMVに、なんとなんと、フレブルが大量出演しているのです。見た目にも可愛く微笑ましいことはもちろん、じんわり沁みるような、あたたかみのある歌詞がまるで『愛しの我が子』へのメッセージとも思える、まさに『見ても聴いても』な、とてもハートフルな楽曲なのです。

その全てに“心”を傾けたら、必ずや、自然と笑顔になっているはずですよ。

♪『コトバの花束』MV/海蔵亮太

カラオケ世界大会(KWC) において2016年、2017年の連続で世界チャンピオンに輝き、数々のカラオケ歌番組でも賞を総ナメにしてきた、大注目のヴォーカリスト海蔵亮太さん。

フレンチブルドッグ,​海蔵亮太,MV

出典:NIPPON CROWN

 

並外れた歌唱力と表現力を武器に、音楽番組には定期的に出演中。

 

2019年には『第61回 日本レコード大賞』の新人賞に選ばれた実力の持ち主です。

 

そんな海蔵さんが2月にリリースしたNew Albumに収録されている楽曲『コトバの花束』に、なんと我らがフレンチブルドッグがわんさか出演中というのだからチェックしないわけにはいかないですよね。

 

早速、その様子を一緒に見てまいりましょう!

 

楽曲テーマと動画の見どころ

この楽曲のテーマは「コトバ」の「花束」=言葉のギフト。

 

素直には言えないけれど、大事な相手に対して、いつも心では思っている「ありがとう」「ごめんね」「好きだよ」。

 

そんな、“かしこまるとどこか照れ臭い想い”を、ちゃんと言葉にして心に届けようというメッセージが曲には込められています。

 

もちろんその大事な相手の対象は、リスナーそれぞれの心に委ねられるもの。

 

フレブルオーナーだったら、ついつい我が子の姿が浮かぶかもしれませんね。

 

…なんて言っているうちに、早速しれっと登場しました、ブリンドルのフレブルです!

 

ぽやっとしていて可愛いですね…。

 

しかし…この家族の風景のように、何気ない時間を過ごすことさえ、改めて考えれば奇跡のような瞬間。

 

そのことに気付かされ感謝したくなっちゃうような、まるで『海蔵さんからのあたたかいお手紙』のような歌詞がテロップとして全編に表示されているので、そこにも注目しながら見ていただくと、より心にメッセージが響くはずです。

 

テーマとフレブルが見事にマッチ。

楽曲の概要に軽く触れましたが、さてさて。

そろそろ彼らの役者っぷりを見ていきましょうか!

 

…と言いたいのですが、ごめんなさい!

 

歌詞を見たらやっぱり我が子のことが愛おしくなってしまう箇所ばかりで…例えば。

 

『ひとりで生きてる 気持ちになったりした』

 

『ひとりじゃないこと 気づけた日から』

 

『世界は 優しい色に 染まってくんだ』

 

人間、生きていれば本当に色んなことがあるもの。

 

仕事でうまくいかないことがあり、落ち込んでしまったとき。「自分なんて…」と責めてしまう日は誰にでもあります。

 

急に視界が狭くなって、心の中がモノクロになって、重い足取りで家にトボトボ。

 

しかしそこには、お留守番中に『寂しさ』をフル充電させてしまった愛ブヒが、「私、この子にやっつけられるのかしら…!」なんて思うほどの勢いですっ飛んでくるのです。

 

その姿を一目見たら、もはや玄関を開ける前までモノクロの世界にいたことすら忘れているはず。

 

こんなにも愛おしくて大事な『この子』が、いつだって元気満タンでそばにいてくれるのですから…なんて、この歌詞から感じたのです。

 

動画を見ていると、そんなことを改めて客観的に感じさせてくれ、「ハッ!」とするような気づきを与えてくれる箇所ばかり。

 

そしてその愛おしい感情を湧かせてくれるバイプレーヤーとして出演しているたくさんのフレブルたちが、本当にいい味を出していて。

 

だからきっと、フレブルラバーであればなお特別に、楽曲が心に沁み渡るでしょう。

 

見て、聴いているだけで、『当たり前であることが、当たり前じゃないと思い出すきっかけ』になるのだなんて。

 

この楽曲は、なんという幸せなギフトなのでしょうね。

ホロリ…。

 

曲に溶け込んだフレブルのおかげで

さて、そろそろフレブルさんたちにも触れたいと思いますが。

 

彼らの自然体な姿が、動画の世界観に対してお見事なほどマッチしているのです。

見てください、このステキな一コマを。

 

おしゃれして、どこかを見つめるフレブルコンビ。

普段のいびきや白目などとは無縁なほどスタイリッシュですよね。

 

実際に動画をご覧いただければわかると思いますが、それはきっと楽曲のメッセージ性が強いから、彼らの個性がいい意味で引き立っているのだと思います。

 

そして合間には、香りさえ伝わってきそうな綺麗なお花たちが。

そこで、テーマをグッと後押ししてくれているようです。

 

こちらの歌詞にもあるように、この“花束”を贈ることは、別に焦らなくてもいいんですよね。

 

照れ臭いものは照れ臭い、だからそのタイミングは個々の自由。

 

この楽曲が一度心に入り込んだら、大事な言葉を贈るきっかけとして根付いて、それぞれにいつか「コトバの花」を咲かせる日がくるはず。

 

そんな風に思えるような雰囲気が、ただただ眠っているフレブルの姿からでも感じさせられるのです。

 

切ないようで甘えているようなこのお顔をご覧ください。

人間でもこんな複雑な表情なかなか出来ないかも。

 

でも彼らがピュアだから、演技ではない『まっすぐな心』がただ表に出ているだけなのでしょうね。

 

ああ、可愛いねえ。

特に後半では、こんな風にキュンとときめくシーンのオンパレードですよ。

 

海蔵さんとフレブルが織りなす『優しい光景』

最後には、実際に海蔵さんがフレブルと戯れているシーンが。

 

優しく抱かれ、優しく頬を寄せられ、優しい笑みを浮かべるフレブル。

 

そしてこれまた本当に、優しさが滲み出ている海蔵さんの穏やかな笑顔。

 

『優しさ×優しさ』が、ひときわ際立つこのシーン。

 

その光景があまりに穏やかすぎて、安らぎすら感じてしまいます。

 

…と思ったら、キター!

 

フレブルの“猛烈テンションモード”にお付き合いする海蔵さんの、ちょっぴりコミカルなダッシュシーン!

 

海蔵さんが散歩されているようだ…!

 

可愛いだけにフィーチャーせず、オモロまで織り込んでくれているなんて。

もうなんてありがたいことなのでしょうね。

 

そして最後はもちろん、全てを優しく後押ししてくれるような、海蔵さんの最高の笑顔。

 

ニカッなんて音が聞こえそうなハニカミ笑顔からは、海蔵さんにしか出せないあたたかな雰囲気がプンプン。

 

この楽曲の動画を見たら、きっと心の深いところまでしっかりとメッセージが届けられるでしょう。

 

海蔵さんや楽曲の世界観にちょっぴり花を添えたフレブルの姿に注目しながら、どうぞMVをご覧ください!

 

こちらの楽曲は『TikTok』でも使用できるそうなので、愛ブヒと一緒に動画を撮影してみるのもおすすめですよ。

フレブル,YouTube,MV

 

 

<海蔵亮太>INFORMATION

【海蔵亮太 公式HP】

https://www.ryota-kaizo.com

リリース情報】

2nd Album『僕が歌う理由(わけ)』(M3:コトバの花束)は、各音楽配信サイトにて好評配信中!
 https://lnk.to/bokugautauwake​

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

フレブルがミラノ・コレクションに出場!高級ブランド「トッズ」の広告塔に

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧