2017年10月4日4,047 View

フレンチブルドッグ、距離感をまちがえる【動画】

気持ちよく生きぬく上で「距離感」は大切なのかもしれません。話すときの人との距離、冗談を言うときの心の距離、食べものを口へ運ぶときの距離…人間の場合、一歩まちがえると後悔につながることも。

しかしフレンチブルドッグという生きものは、“いい意味で”距離感を無視して、自由気ままに生きる天才なのです。

今回は、距離感をまちがえるフレンチブルドッグをご紹介です。

この記事のタイトルとURLをコピー

フレブル、入り口の距離感をまちがえる

まずご紹介するのは、入り口の距離感をまちがえるフレンチブルドッグ。

 

長い木の棒をくわえたまま家の中に入ろうとするのですが…入り口の距離感をまちがえたゆえに、つっかえてしまいます。

 

しかし、さすがはフレンチブルドッグ!強行突破で家の中に入ってしまいました。

 

@zynathefrenchieがシェアした投稿 -

 

フレブル、兄弟との距離感をまちがえる

つづいては、普段は仲良しな兄弟ブヒの一コマ。

 

どうしても兄とじゃれたい弟(右)のフレンチブルドッグは、前足を使って兄にちょっかいを出しはじめます。

 

“そんな気分”ではない兄は、如実にイヤそうな顔を浮かべるのですが…そんなことはおかまいなし。

 

しばらくたって兄が反撃に出ると思いきや、今度は兄の顔を噛みはじめる弟。心の距離感をまちがえているようです。

 

フレブル、障害物の距離感をまちがえる

つづいては、越えられると思ったのにムリだった…そんなフレブルの動画です。

 

前半では、障害物を見事に飛び越える2頭のフレンチブルドッグの映像が流れます。

 

これで終わりかと思いきや、さいごに距離感をまちがえてしまったフレブルが登場。素敵なラストをかざってくれました。

 

フレブル、馬との距離感をまちがえる

最後は、自分よりもはるかに大きな動物「馬」との距離感をまちがえたフレンチブルドッグ。

 

ママさんに抱っこをされて、お馬さんとごあいさつ。ペロペロ顔をなめてもらって、ご機嫌かと思いきや…終始、表情がこわばっています。

 

「ママ、距離感まちがってる…!」と心の中でさけんでいるのかもしれませんね。

 

 

いかがでしたか。人間誰しも距離感をまちがえると、後悔につながることがありますが…こうしてフレブルたちの姿を見ていると「小さなことは気にしなくていいんだな」なんて勇気をもらえますよね。フレンチブルドッグは、人生の大師匠ですよホント。

いいなと思ったらシェア

この記事のタイトルとURLをコピー

おすすめ記事