2024年7月9日4,160 View

熱中症対策の最先端グッズ「空調ペット服 COOL DOG®︎」を使ってみたら、夏を乗り越えられる自信がついた!【正直レビュー】

地域によっては、気温が35℃を超える日もあり、いよいよ本格的に熱中症対策が必要なシーズンになりました。

熱中症になりやすい犬種No.1といっても過言ではないフレンチブルドッグたち。

 

今回は上手に熱中症を乗り越えるための知識と、編集メンバーが使ってよかったアイテムをご紹介します! 例によって、忖度なしの正直レビューでお届けしちゃいますよ。

みんな、日本の酷暑に負けないぞ!

 

(PR 株式会社スウィートマミー)

フレブルの中にも「特に熱中症になりやすい子」がいます!

Olga-Kri/shutterstock

フレンチブルドッグが熱中症になりやすい犬種であることは、みなさんご存知の通り。

 

「鼻ぺちゃ」の彼らはノドや鼻の奥が狭く、そもそも呼吸が荒くなりやすいこと。

 

さらに生まれつき体温調節が上手ではない…というのが主な理由です。

 

熱中症はすべてのフレンチブルドッグが気をつけるべきですが、中でも特に「熱中症になりやすい子」がいます。

 

大きな見極め方は2つ。

 

 

①よくイビキをかく

Tienuskin/shutterstock

ガーガーと大きなイビキをかく子は、フレンチブルドッグの中でも特にノドが狭い可能性があります。

 

きっと日常でも、ほかの子よりも一生懸命「呼吸」をしているはず。

 

愛ブヒのイビキはとってもカワイイですが、熱中症になりやすい特徴であることを覚えておきましょう。

 

 

②少し歩いただけでガァガァする

Tienuskin/shutterstock

それほど暑くないのに、少しお散歩をするだけで「ガァガァ」してしまう子も、熱中症になりやすい傾向にあります。

 

理由は同じく、ほかの子に比べてノドや鼻の奥が狭いから。

 

きっと「①が当てはまる子は②も当てはまる」可能性が高いはずです。

 

たった5分のお散歩でも、クールアイテムは欠かせない!

フレンチブルドッグの場合、6月末〜9月上旬までは、昼間のお散歩は避けるのがベター。

 

そして、たとえ5分程度のお散歩だとしても、必ずクールアイテムを使うようにしてください。

 

首元を冷やすクールネックや、濡らして着せるお洋服など、近年では様々なアイテムが出ていますよね。

 

フレンチブルドッグと暮らす編集メンバーたちも、毎年この時期になると「最新の熱中症対策アイテム」を探すようにしています。

 

そして! 令和の最先端アイテムともいえる熱中症対策ウェアを見つけたので、ぜひご紹介させてください!

 

保冷剤不要!長時間使える「空調ペット服 COOL DOG®︎」が素晴らしい。

フレブルライフでも何度かご紹介した、保冷剤を使わないクールウェア「空調ペット服 COOL DOG®︎」。

 

通気性が良いメッシュタイプの洋服に、風を送る空調ファンがついているのが特徴です。

 

 

たった30秒で「マイナス6℃」を実現!

気化熱を利用してクールダウンさせる「空調ペット服 COOL DOG®︎」。

 

メーカー調べによると、たった30秒で表面温度が「−6℃」になるといいます。

 

着用時のサーモビュアーを見ると、一目瞭然です。

 

獣医師監修で、実用新案・特許も取得した、これぞ最先端のクールウェア!

 

【正直レビュー】暑さに弱い愛ブヒが「空調ペット服 COOL DOG®︎」を使ってみたら…!?

7歳の愛ブヒ・ベッちゃん。

現在、14歳と7歳のフレンチブルドッグと暮らす筆者。

 

7歳の愛ブヒ(通称べっちゃん)は、先述したフレブルの中でも特に暑さに弱いタイプ。

 

イビキもすごいし、比較的涼しい日でも、少し歩いただけでガァガァしてしまいます。

たまにイビキで起こされる…(笑)

 

とはいえお散歩もドッグランも大好きなので、何とかしてあげたい…

 

そんな思いで「空調ペット服 COOL DOG®︎」を取り入れてみることにしました!

 

 

想像以上に軽くて、使い方もシンプル!

ファンとコードを全てポケットにIN!

まずは説明書を熟読。といっても、使い方は超シンプル。

 

洋服の左右にポケットが2つ付いているので、そこに電源をONにした「ファン」を入れるだけ!

ON/OFFの切り替えも簡単!

 

ファンの表側が「ポケットの外側」にくるように入れるのだそう。

 

ファンて重そうなイメージですが、なんとわずかピーマン1個分の軽さ!

 

ポケットには強力タイプのマジックテープが付いているので、ファンが落ちる心配もありません。

 

↑こんなふうに転がっても、落ちる気配すらありませんでした(笑)。

 

 

6月末時点で、一度も「ハァハァ」しなかった!

この日の気温は、夕方で28℃くらい。

 

いつもなら5分もしないでハァハァするベッちゃんですが…

 

「空調ペット服 COOL DOG®︎」をつけた日は、15分以上遊んでもハァハァしなかったから驚き!

上から見るとこんな感じ!

 

本人(犬)も大満足したのか、この日はカラダを揺らしても起きないくらい爆睡していましたよ。

 

室内でもストレス発散の工夫はできるけど、やっぱり外で遊ぶのは格別楽しいようです。

 

 

 

 

「保冷剤不要」がとにかく便利!

マジックテープだから着脱もスムーズ!

保冷剤を使わず、ファンでクールダウンする「空調ペット服 COOL DOG®︎」。

 

保冷剤を使わなくて良いことが、飼い主にとってこんなに楽だったとは…!

 

いつもは「保冷剤が溶けてないかな…」とか「予備も持たなくちゃ…」とか「いつ変えよう」とか、気にすることが山ほどありました。

 

これって気づかないうちにストレスになっていたんだなぁと実感しました。

 

一日2回「15分程度」のお散歩なら、2週間は電池がもつそうなので、安心できる上にコスパが良いのもお気に入りポイントです!

 

 

「お腹を冷やしすぎない」のも良い!

もうひとつ「空調ペット服 COOL DOG®︎」がお気に入りの理由は、お腹を冷しすぎないこと。

 

近年はお腹に保冷剤をあてるクールエプロンが普及していますが、これは下痢などの原因になるので避けたいところ。

 

「空調ペット服 COOL DOG®︎」はお腹の両サイドを適度に冷やしてくれるので、お腹を壊す心配もありません。

 

ベッちゃんも30分ほど着用していましたが、体調(ウンチ)もバッチリでした!

体重12kgで「3LW」を着用しています!

コンパクトに見えますが、実は体重が12kgあるベッちゃん。

 

彼には「3LW」をチョイスし、ちょうど良さそうでした!

 

最近のフレンチブルドッグは個体差が大きいですから、サイトをご覧の上「2L〜4L」を目処に選ぶと良さそうです。

 

 

カートを涼しく!カートで使える「空調クールマット」もオススメ

夏のお出かけは、カートを利用するファミリーも多いはず。

 

「空調クールマット」はカートに敷くことでクールダウンできる、画期的アイテム。

柔らかいから寝心地もバツグン!(Model:GAUDI)

 

付属の大型保冷剤4点をシート内部に設置し、さらにダブルファンで送風することで、冷気が届きやすくなります。

一般的なカートなら、どのブランドでもフィットします!(Model:GAUDI)

 

ありそうでなかった、カート派には欠かせないアイテム。

 

もちろん、ご自宅のソファや愛ブヒのベッドに使うのもグッド!

 

シーンに合わせて色々活用できるのも、「空調クールマット」の良いところ。

 

 

夏はクールネックとの併用がベター!

同じブランドの「クールスヌード」も販売中!

フレンチブルドッグの熱中症対策は「やりすぎ」くらいがちょうどイイ!

 

これからの季節は「空調ペット服 COOL DOG®︎」に加え、クールネックを併用するのがオススメ。

 

そしてカート派は、カート専用の「空調クールマット」もお忘れなく!

 

たとえ早朝や夕方にお散歩へ行くとしても、必ずクールアイテムを身につけるようにしましょうね。

 

そして獣医師も推奨し、特許も取得した「空調ペット服 COOL DOG®︎」。

 

これぞ最先端のクールアイテムだと思います!

 

この夏大活躍すること間違いなしなので、売り切れる前にゲットすることをオススメします!

 

紹介されたアイテム

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧