2017年11月27日4,730 View

愛しのフレブルにとって最高のドクターになる!

がっちり骨太で食欲旺盛なコが多いフレンチブルドッグは、その丈夫そうなルックスとは裏腹に病院にお世話になる頻度が高い犬種です。鼻ぺちゃゆえの呼吸器系の病気や目のトラブルをはじめ、やはり多いのがアレルギーや皮膚疾患など。ただ、明らかに怪我をしていたり病気の場合はすぐに病院へ連れていくものの、しんどいのかな?疲れているのかな?といったように普段より少し元気がない程度では病院へ行くか迷うもの。しかし、こういったいつもとは異なる様子の時には何らかの原因があると考えられるので、毎日ブヒを一番近くで見守るオーナーがいち早く彼らの不調に気づき、そのサインを見逃さないようにすることが大切です。そこで今回は、愛ブヒの健康をサポートするアイデアや日常でできる健康チェックを紹介します。

この記事のタイトルとURLをコピー

一番のドクターはアナタ自身

Istvan Csak/shutterstock

フレンチブルドッグオーナーの多くはかかりつけの動物病院があると思いますが、いつも診察してもらっている先生も毎日アナタのブヒを見ているわけではありませんよね。そう、愛ブヒの「普段とは様子が違う」ことに気づけるのは、普段の様子を知っている私たちオーナーだけ。

 

例えば食事を食べるスピードや食べ残しの有無、便の状態や回数、目の輝き、毛艶、眠る姿勢など、常日頃からブヒを見ているからこそいつもとは違うことに気づけるのです。

 

逆に言えば、普段からブヒの行動や様子をしっかりと観察していなければ、彼らが発する不調のサインを見落としてしまうことも。言葉で伝えることができない彼らの体調を管理するのはオーナー自身なので、まずは毎日できる健康チェックから始めましょう。

 

健康チェックと聞くとなんだか難しく感じるかもしれませんが、実は日常でしているケアがチェックにつながるのです。

 

では早速チェックするポイントを紹介すると、まずは全身のブラッシング中に触られるのを嫌がったり痛がる部分がないかを確認し、次にマズル周りのケアを兼ねて目ヤニの量や目の充血がないか、耳の中が汚れていないかを見てあげてください。

 

ちなみに、耳を掻くような仕草を頻繁にする場合、何かしら耳にトラブルがある可能性があるので早めに診察を受けて。最後に、歯を磨くついでに歯茎の色や口周りの皮膚に異常がないかを確認しましょう。これらのケアを兼ねたチェックの他にも、散歩中の歩き方でどこかをかばうようにしていないかなども見逃さないでくださいね。

 

フレブル日記をつけて日々の状態を把握

Antic Milos/shutterstock

愛ブヒの健康管理に役立つのが、その日の散歩回数や天気、便の回数や状態、食べたものなどを書き留めておくブヒ日記。

 

この日記をつけることで、例えばお腹を壊している場合に原因となるものを特定しやすくなったり、どういった天候の時に体調を崩しやすいかなどを把握しやすくなります。

 

また、病院へ行く際にもこの日記を持参することでより詳細な状態を説明でき、診断の助けにもなるでしょう。最近はスマートフォンで手軽に使える日記系の無料アプリも数多くリリースされているので、毎日紙に書くのが面倒だという人はこういったアプリを活用するのもいいのではないでしょうか。

 

こういった日々の記録を残すことは体調管理に役立つだけでなく、愛ブヒの成長記録にもなります。そのためその日のお散歩エピソードなどを一緒に書き留めておけば、後になって読み返した時に懐かしく成長過程を振り返ることもできますよ。

 

健康なカラダは内側から作る!

Unchalee Khun/shutterstock

日常口にするものが体を形作るので、毎日の食事はとても大切。これは人間だけでなくブヒも同じで、質の良い食事が健康な体を作って自己免疫力を高める助けになるのです。

 

実はフレンチブルドッグオーナーに多いのが、手作り食を取り入れている人の割合。これはアレルギーを持つコが多いという理由以外にも、やはり大切な愛ブヒには素材が確かなもの、安全なものを食べさせたいという思いから。

 

とはいえ、完全に手作りするとなると時間的に余裕がない、毎日は難しいというオーナーもいて、そんな場合に便利なのが素材にこだわって作られたドッグフード。

 

近年はペットフードにもオーガニック食材や人間が食べられるヒューマングレードの食材を使用していることをうたうものが増えてきたこともあり、その品質もかなりハイレベルです。

 

代表格ともいえるのが、FRENCH BULLDOG DELI(フレデリ)

フレンチブルドッグ健康

その代表格なのが、BUHIとFRENCH BULLDOG LIFEがタッグを組み獣医師監修のもとで開発した『FRENCH BULLDOG DELI(フレデリ)』のハンバーグで、いつものフードにトッピングするだけで、簡単に特別感や手作り感をプラスできるのが魅力。

 

登場してからまだ日は浅いのですが、おかげさまで1,000食を超える販売実績があり、食いしん坊でグルメなブヒからのラブコールが絶えません!

フレンチブルドッグ健康

Model:@radin_outside(Instagram)

 

食べることが大好きなフレブルにとって、日に2回のお食事タイムは大きな楽しみ。だからこそ愛ブヒにとって体に良い食事を選ぶことで、相棒の健康的なライフスタイルをサポートできるのです。

 

 

おわりに

質の良い食事や日々のケアを兼ねた健康チェックを続けることは、決して長寿の犬種ではないと言われるフレンチブルドッグが少しでも長く健康に暮らすために欠かせないこと。そうやって注意深く見守ることでわずかな変化や不調に気づけるようになれば、病気が悪化したり重篤化する前に発見できるメリットもあります。

 

愛ブヒにとってアナタは大切な家族であり、一番身近なドクターでもあるからこそ、ブヒが発する様々なサインに敏感になってくださいね。

いいなと思ったらシェア

この記事のタイトルとURLをコピー

おすすめ記事