2017年12月6日1,831 View

フレブルのモーリスは「哀愁」に包まれた男

哀愁…この2文字を辞書でひくと、こう書かれています。「寂しくもの悲しい気持ち。もの悲しさ。ペーソス。」

今回ご紹介するフレンチブルドッグのモーリスは、まさに哀愁という言葉がふさわしい男。笑えるけれど、なぜか胸がキュンとする!不思議な魅力をもつ男「モーリス」をご紹介です!

この記事のタイトルとURLをコピー

哀愁に包まれた男、モーリス

モーリスは欧米を中心に人気のカラー、ブルーフォーン(グレー)の男の子。今回彼に注目したのは、笑えるけれど胸がキュンとする、不思議な魅力をもっているから。

 

斜め45度のキメ顔も、絶妙な日差しが当たることで哀愁が…。

 

大きなカバンの横にちょこんと座るモーリス。新しい冬服を着て、これから湖へ旅行に行くよ!という楽しい写真なのですが、なぜかもの悲しい…。

 

パーティーナイトがはじまる予感!のはずなのに…拭きれない哀愁の2文字。

 

「やってやったぜ!」なシーンも、ご覧の表情。こんな顔をされたら叱れませんよね…!

 

なんだい、その微妙な量のヨダレは…!あと、その目ね。

 

この表情に夕焼けって、反則。

 

遠い…遠いよモーリス…。

 

“動く”モーリスが見たくなってきた

写真を見る限り、哀愁たっぷりのモーリス。動く彼はどんな様子なのか、気になってきませんか!?

 

ちょっとこのへんで、動画もご紹介しましょう。動くモーリスも、哀愁に満ちているのでしょうか…?

 

再生前から溢れ出るもの悲しさ…!そして、再生してもやっぱり……

キュンとするーー!その頭巾はずるいよモーリス。

 

つづいては、いつまでも食べられないモーリスの動画です。

大きな声で「がんばれ」って言いたくなる…!

 

最後は、フレブルらしいヤンチャな一面を見せてくれた貴重な動画。ダンボールをカジカジするモーリス。でも、途中でガムテームがピーーンってなったのを、我々は見逃していませんよ。

 

笑えるけれどキュンとする、不思議な魅力をもつ男「モーリス」をご紹介しました。

フレンチブルドッグには哀愁という言葉似合うけれど、中でも“それ”に包まれているのがモーリスなのです。もちろん彼自身の魅力なのだけど、ポテッとした体とタレ目が、哀愁に拍車をかけているのかもしれませんね。

いや〜じつに癒されました!

いいなと思ったらシェア

この記事のタイトルとURLをコピー

おすすめ記事