2017年12月14日1,569 View

大リーガーのフレブルが迷子に!〜SNSが迷子犬を救うまで〜

みなさんは、メジャーリーグの有名選手「マーウィン・ゴンザレス」さんをご存知でしょうか。 彼は生粋のフレブル愛好家で、愛ブヒの名前は「ベンガー」。そんなベンガーが、ある日突然迷子になってしまったのです。

今回は、SNSが救った“ある家族”のお話。

(参考サイト:LOST & FOUND: Astros’ Marwin Gonzalez reunites with dog

この記事のタイトルとURLをコピー

メジャーリーガーと、愛ブヒのベンガー

メジャーリーグチーム「アストロズ」のプレイヤー、Marwin Gonzalez(マーウィン・ゴンザレス)さんは、生粋の愛ブヒ家。

 

A post shared by Marwin Gonzalez (@marwingonzalez9) on

こちらが彼の愛ブヒ、Benger(ベンガー)です。

 

ゴンザレス選手とベンガーはとっても仲良しで、アストロズの練習に顔を出すこともあったんだとか。

 

A post shared by Marwin Gonzalez (@marwingonzalez9) on

 

これは、家族全員でハロウィンのコスプレを楽しむゴンザレス一家です。

 

A post shared by Marwin Gonzalez (@marwingonzalez9) on

 

愛ブヒと過ごす幸せな日々…ところが、ある日突然ベンガーが迷子になってしまったのです。

 

選手も協力!SNSを使って呼びかけた

愛ブヒのベンガーが迷子になって、ゴンザレス選手がまずしたこと…それは、SNSを使って呼びかけるということ。ゴンザレス選手は、あまりの悲しさにInstagramにこう書き込みします。

 

「今夜は、我が家は悲しさでいっぱいです。それは、僕たちの大切なベンガーがどこにいるかわからないから。僕たちが最後にベンガーを見た場所の近くに住んでいる人、近くに住んでいる友人を知っている人、どうかベンガーがどこかにいないか、周りを注意して見てください」

 

この事実を知ったチームメイトたちも、Twitterで呼びかけます。

「ベンガーという名前のフレンチブルドッグがいなくなってしまいました。最後に見かけたのはショッピングエリア、3:30。見かけた方はメッセージください」

 

無事、ベンガーが見つかる

Instagram、Twitter、そしてアメリカで人気のウェブサイト、Reddit(レディット)に書き込まれたベンガーの情報。それは瞬く間に拡散され、その甲斐あって無事にベンガーが見つかったそうです。

 

発見者は、あるインターネットユーザー。ゴンザレス選手と面識のない人物が、彼の大切な愛ブヒを救ったのです。

 

娘さんを連れて直接ベンガーを迎えに行ったゴンザレス選手。ふたりの笑顔もそうですが、ベンガーの顔も心なしかほっとしているように見えます。まさに、SNSが迷子犬を救った瞬間。

 

日本でも同様の事件が

SNSが迷子犬を救ったケースとして記憶に新しいのが、日本で起きたフレンチブルドッグ「虎徹(こてつ)くん」の事件。

 

熱暑の東京で行方不明になり、オーナーのSNSでの呼びかけや、事情を知った多くのフレブルオーナーによる捜索活動。虎徹(こてつ)くんは事件発生から4日後に、無事家族の元へ帰ることができました。

 

改めてSNSの力を知り、同時にフレブルオーナーの結束力を感じた瞬間でもありました。虎徹(こてつ)くんが行方不明になってから見つかるまでの一部始終は、フレブル専門誌『BUHI 秋号2017』に掲載されていますので、ぜひご覧になってみてください。

  • BUHI 2017年秋号 Vol.44

    BUHI 2017年秋号 Vol.44

    「じゃあ、もう獣医さんにぜんぶきいちゃおう」
    日々の予防策から具体的な治療方法まで、フレンチブルドッグの気になる病気のことを完全網羅!

    出版社:オークラ出版
    発売日: 2017/9/27

    販売サイトを見る

 

おわりに

フレンチブルドッグ迷子

Irina Kozorog/shutterstock

アメリカから、愛ブヒ家大リーガーのニュースをお伝えしました。愛ブヒが迷子にならないようにするのが第一ですが、自然災害や第三者の手によって事故が起きてしまったときは、SNSを活用してみてください。気軽に書き込めるからこそ怖い面もありますが、もしものときは必ず力になってくれるはずです。

いいなと思ったらシェア

この記事のタイトルとURLをコピー

おすすめ記事

特集

特集一覧