2018年2月1日3,562 View

安心と信頼のBulldoss(ブルドス)が開発!愛ブヒを守る「セーフティ リードベルト」

フレンチブルドッグ専門グッズの先駆けともいえる「Bulldoss(ブルドス)」。Bulldoss(ブルドス)の店主は、日本でフレンチブルドッグがメジャーになる少し前からフレブルと暮らしています。

10年以上フレンチブルドッグのことだけを考えて、さまざまなフレブルグッズを展開してきたBulldoss(ブルドス)から、新たなアイテムが登場しました!

この記事のタイトルとURLをコピー

いざという時も安心!セーフティリードベルト

今回ご紹介するのは、Bulldoss(ブルドス)から新たに誕生した「セーフティ リードベルト」。

 

愛ブヒをつないだリードを、さらにベルトに繋げて使う画期的なアイテム。

 

ベルトはオーナーの腰に巻いたり肩からかけ、手でリードを軽く持つようにして使います。

 

一般的なお散歩は、手にリードを持つだけ。しかし「セーフティ リードベルト」につないでおけば、オーナーのカラダ全体で愛ブヒを繋いでおくことができるというわけです。

 

フレンチブルドッグのパワーは想像を絶する強さ。フレブルたちが興奮して急に力を入れた場合、リードを手に持っておくだけでは危険です。

 

「セーフティ リードベルト」を使えば、何かの拍子にリードが手元から離れてしまっても安心。

 

「セーフティ リードベルト」のイイところ

ありそうでなかったオーナー向けのお散歩用ベルト。フレブルオーナーたちの「こうだったらいいのに…」をたくさん実現してくれます。

 

その1:ハンズフリーになれる!

お散歩の途中に愛ブヒがウンチをしたとき、片手でリードを持ちながら処理をするのって意外と大変。

 

さらにフレンチブルドッグは力が強く、突然興奮スイッチが入りやすい犬種。オーナーがウンチの処理に気をとられている間に突然引っ張られたら…力で負けてしまうことも充分にあり得ます。

 

「セーフティ リードベルト」はオーナーの腰に巻いたり肩にかけて使うので、少しくらいならリードから手を離しても大丈夫。

 

愛ブヒをオーナーのカラダに固定しているので、両手を使って落ち着いて排泄処理をすることができます。

 

その2:シートベルトの代わりになる!

 

@bulldoss_jpがシェアした投稿 -

「セーフティ リードベルト」は、輪っかになっているので、車のヘッドレストに簡単にかけることができます。

 

あとは、ベルトについているナスカンを直接ハーネスに繋げばシートベルトに早変わり。

 

いくらカラダが大きなフレンチブルドッグとはいえ、私たちに比べれば体重は5〜6分の1程度。ささやかな急ブレーキでも、前方へ飛び出してしまう危険性も。

 

愛ブヒを車に乗せるときは“必ず”シートベルトを着用したいところ。それをスムーズかつ安全に行えるのが、「セーフティ リードベルト」なのです。

 

【注意!!】

シートベルトで使用する場合は絶対首輪にセットしないで下さい!

ハーネスだけに使用可、できればチョークハーネスやハートハーネスなど胸当てがある形がベストです。

 

その3:アウトドアにも最適!

アクティブ派が多いフレブルオーナーたち。たとえペット可のキャンプ場とはいえ、ノーリードで過ごすのはマナーとしてNG。

 

そんなときに困るのが、愛ブヒを繋ぐ場所。力が強いフレンチブルドッグのことを考えると、イスやテーブルの足に繋ぐのは、かえって危険。

 

「セーフティ リードベルト」はカチッと止めるベルトタイプなので、大きな木にも固定することができます。

 

あなたの腰に装着する要領で、丈夫そうな木にカチッと固定。たったこれだけで、愛ブヒも安心して過ごすことができます。

 

その4:カラーは選べる5展開!

「セーフティ リードベルト」は、ブラック/レッド/ダークブルー/ベージュ/ブラウンの5展開。

 

オーナーの好みや、愛ブヒのリードに合わせてカラーを選べるのも嬉しいポイントです。

 

便利な上に、自然とファッションのアクセントになるなんて…得した気分。

 

さすがBulldoss(ブルドス)!強度もスゴイ

安全性と快適さを長年追求しているBulldoss(ブルドス)だからこそ成立する「セーフティ リードベルト」。目に見えないこだわりが、たくさんあるのです。

 

115kgまで耐えられる!

Bulldoss(ブルドス)の「セーフティ リードベルト」は、115kgまで耐えられるデュラフレックス社製最強のバックルを使用しています。

 

さらに幅が広いテープリードを使用し、リードを2、3本つけられる大型のナスカン(金具)を使っているのも安心できるポイント。

 

同じように頑丈に作られたBulldoss(ブルドス)のハーネスやリードと一緒に使うことを推奨します。

 

おわりに

今回だけに限った話ではありませんが、たとえ丈夫な製品といっても過信しすぎるのはNG。Bulldoss(ブルドス)の公式サイトによれば、「大型犬や多頭引きの場合、犬の最大瞬発力は体重の3倍以上あるので強度を過信しないで用途などに注意してご使用下さい。」

と記されています。

 

快適なフレブルライフをおくる上で、オーナー自身が信頼できるグッズを選ぶのは大切なことですが、愛ブヒの命はオーナーであるあなた自身が握っていると考えてください。

 

年中通して、さまざまなシーンで大活躍する「セーフティ リードベルト」。ひとつ用意しておくことを、オススメします!

  • セーフティリードベルト(Bulldoss)

    セーフティリードベルト(Bulldoss)

    Made in Japan
    Material:4cm巾 PEテープ   意匠登録申請中
    Size:One Size  72cm~130cm 長さ調節可能
    Color:黒 / レッド / 紺 / ベージュ / ブラウン

いいなと思ったらシェア

この記事のタイトルとURLをコピー

おすすめ記事