2019年9月5日5,603 View

【フレブルを家族に迎えたい方必見】”ボクらってこんなヤツ動画”でキホンのお勉強!

これからフレブルと暮らす予定がある、いつかフレブルと暮らしてみたい…そんな方にオススメの動画を見つけました。それは、フレブルポロロちゃんのオーナーさんが、「フレブルについて一般的に言われていること」を細かく説明してくれているというものです。そして、言われていることに反して「でも、実際はこんな感じかもよ?」と、おうちの子であるポロロちゃんの場合の経験も教えてくれているので、これはかなりわかりやすい! 早速ご覧ください!

あくまで心の準備…という意味でどうぞ!

ではでは、早速ご紹介してまいります。

動画に登場するのはフレブルのポロロちゃん。オーナーさんご自身も言っていますが、ちょっとした冗談も含められていますので、あくまでも参考としてご覧くださいね。でも、教科書通りにはいかないかも…という心の準備をするには、とてもいい動画だと思いますよ。

 

一般的に言われている特徴とは?

(1) 無駄吠えが少ない

このテーマに対してオーナーさんが出した答えは…「吠えます」でした。

とはいえ、やはりむやみやたらに吠えるということは少ないでしょう。そんなところが一般的に「おとなしい」と言われる所以なのですが、普段はのんびりしていながらも「番犬的」な役割もしてくれるのが彼ら。不審に思った時や伝えたいことがある時にはワンワンと吠えます。ということで「その行為にはかならず理由がある」と思って、耳を傾けてあげると良いでしょう。

 

(2) 性格が穏やか

のんびりやさんで、あまり怒らないのがフレブルの特徴と言えます。ポロロちゃんもそのようですが、オーナーさんの答えは「たまにキレます」でした。そんな時は、ちょっと気になることがあったのか、あまりかまってもらえなかったのか…。どうぞびっくりしないで「そういうときもある」と思ってくださいね。

 

(3) ファッション性豊か

とにかくいろんな格好が似合うフレブル。やはりそれは、普段の仕草が人間のようだから、なのでしょうか。そういう意味でとにかくおしゃれな子が多い彼らですが、体温調節がニガテな犬種ですから、夏や冬に限らず、オーナー本意なファッションを楽しむことは避けましょうね。

 

(4) 水が苦手

 

中にはまれに「おお!」と言いたくなるほど犬かきが上手な子もいますが、基本的には泳ぐことが不得意である子が多いです。そのためか、お水自体が苦手な子は多くいます。ポロロちゃんも例に漏れず泳げないようですが、お水に浸かるのはへっちゃらなのだとか。ということは、プール以外の水遊びであれば楽しめる可能性もありますね。このように夏の水遊びは、その子その子にあった方法を探ると良いでしょう。

 

(5) 臆病

ポロロちゃんも少し臆病なところがあるようで、特に掃除機の音が苦手です。それでもやっつけようとしているのか「お前は何者ダ!」とばかりに果敢に戦いを挑むよう。ということで、掃除機を敵視する子はとっても多いので、徐々にその存在や音に慣らすようにしてくださいね。

 

(6) 人懐こい

そんな性格がフレブルラバーを虜にする理由のひとつであることは、もはや言うまでもないほどに、これはもうその通りです! ということで、フレブルの特に愛らしいポイントのひとつと言えますね。ポロロちゃんも、小さな頃から人懐こい子だったそうですよ。

 

(7) あごの力が強い

これもまさにその通りです。引っ張りっこなんかしたら絶対に噛む力を緩めません。それはもう効果音として「ググググッ…」なんて音をつけたくなるほどに。ということで、引っ張りっこはオーナーの筋トレ状態になることも予想されますので覚悟をお願いします。

 

(8) よく寝る

はい、これもその通り。気を抜いた寝相でぐっすり眠る様子はよく見られます。しかもなかなか起きないという。そんなポロロちゃんは、オーナーさんにくすぐられてもこんな感じ。「じゃましないで、わたし眠いの」とばかりに無視を決め込んでいます。

 

ガン無視されたとしても傷つかずに、そして変な寝相に気を取られずに、そっと寝かしておいてあげましょうね。彼らはただ眠いだけなのです。

 

注意点もまとめてあります!

動画では、このような特徴だけでなく、フレブルと生活する上での注意点もまとめてくれています。

 

・暑さや寒さに弱い為、エアコンは必須です。

・定期的にお手入れを。ブラッシングも忘れずに。

・彼らは食に貪欲でなんでも食べようとしてしまいます。どんな時も、フレブルにとって安全な状態にするよう心がけましょう。

特にオーナーの匂いがする靴下やタオルなどは、遊び半分でカミカミしたままちぎって飲み込む可能性もありますので、誤飲にも注意してください。

*食べていいもの・いけないものもまとめられていますが、もちろん個体差がありますので、全てに当てはまるわけではありません。どんなことでも”はじめて試す”という時は注意をしてくださいね。

 

ドッグオーナーとして基本的なことですが、特に「暑さ・寒さ」には弱い短頭種のフレブルですから、この点だけは彼らの健康を維持するためにも特に注意が必要です。

これから家族に迎えようと思っている方は、こんな風に様々な情報を収集して勉強し、基礎知識を得たらあとは実践で、その子の個性にあった方法を取り入れ彼らとの暮らしを徐々に築いていってくださいね。

 

「フレブルは表情豊かで、人間みたい」とまとめているオーナーさん。だからこそ、一緒に生活していて楽しいのでしょう。「手がかかる子ほど可愛い」とはよく言ったものですが、お世辞にも体が強い方ではないフレブルたちはその状態と言えるのかもしれません。

人間の子育てとも言えるような忙しい毎日をどうぞ楽しみながら、素敵なフレブルライフをお送りくださいね。きっと、それがポロロちゃんのオーナーさんが最もお伝えしたかったメッセージであることでしょう。

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

「もしもフレブルが家族になったら」…どんな生活になるかちょっぴり教えます。

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧