2019年5月17日4,928 View

「もしもフレブルが家族になったら」…どんな生活になるかちょっぴり教えます。

愛嬌のある仕草、そして何と言ってもブサカワなそのお顔がキュートだと昨今人気を博しているフレンチブルドッグ。犬を飼いたいと思っている方であれば、そんな彼らが候補に上がった方もいることでしょう。フレブルオーナーになったら一体どんな生活が待っているのか。その実態について、今回はちょっとだけ掘り下げたディープな部分をご紹介したいと思います。フレブルが家族になると、どんな”ディープな”ことが起こるのでしょうか。オーナーさんであれば「あるある〜」な出来事を、今回は6つご紹介したいと思います。

(1) 日々、監視される

これは毎日起こることですが、わかりやすく一言で言えば毎日フレブルに監視されます。一緒にいることに、「特に」強く喜びを感じる彼ら。反対を言えば、寂しがり屋ということになりますが、そんな彼らはとにかく我々の動向に敏感です。こと、お出かけに関する察知能力に関してはもうピカイチでしょう。それを彼らに悟られまいとコソコソなんかしたら、逆に勘づいたりもしますから要注意です。

「どこ行くん」「何してるん」そんな気持ちが彼らの視線から発せられ、心にグサリと突き刺さる毎日を過ごすことになるでしょう。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

☺︎re☺︎さん(@oreoohchan)がシェアした投稿 -

 

(2) 少しの外出がしづらくなる

同じように、そばにいることで幸せを感じる彼らは、やはりお留守番が苦手という子が多いようです。こちらのフレブルもそんなお留守番を頑張った直後の様子だそうですが、わかりやすく寂しかったという感情が顔に出ていますよね。こんな表情をされたら、もうどこにも行けなくなりそう…な気持ちになることを覚悟してください。

ちなみにこちらのフレブル、お留守番なんて大げさに言いましたが、オーナーさんがゴミ出しに出かけた間だけのお留守番なのでした。これで健気すぎる生き物だとお分かりいただけたことでしょう。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Yoshiko.Sさん(@kotetsuhaha)がシェアした投稿 -

 

(3) 足がしびれる日が増える

「なんのこと…?」と思われたかもしれませんが、現オーナーさんであれば納得の事柄でしょう。

正直、決して小さくはない体格をしている彼ら。成長具合によっては中型犬の大きめ寄り、な体型になる子も中にはいますからね。そんな彼らが好む場所、それはオーナーの膝の上。短い前足でちょいちょいとアピールし「膝に乗せよ」とばかりに甘えてくる子がとても多いです。その様子はとても愛らしく、こちらもニコニコ顔でお膝へようこそさせてしまうのですが、その時間の長いこと…。「そろそろ…」と言いたくなるほどに長居し、しまいにはブーブー寝てしまうため、足がしびれてしまうことは決して少なくありません。また、睡眠時にも膝、もしくは“おまた”を寝場所にしたいと要求する子も多いので、足のしびれについては常に付きまとう事案でしょう。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

フレンチブルドックだんごさん(@dango2977)がシェアした投稿 -

 

(4) ツッコミ癖がつく

こちらのオーナーさんは、ダラダラしながらもおもちゃに狙いを定めた愛ブヒに対し、つい「多分届かないと思いますけど」とコメントしていますが、このように、とにかくおとぼけな動きを日々乱発してくるため、オーナー的にはもうツッコミのオンパレードな日々を送ることになります。特に、「顔に何かついていますけど」「よだれが垂れていますけど」「今おなら聞こえましたけど」「その格好寝辛そうなんですけど」そんな言葉を頻繁に口にすることになるでしょう。その多さには、もはやそのワードをあらかじめ録音して再生したいぐらい。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Kinako / きなこさん(@kinako082718)がシェアした投稿 -

 

(5) 想像しない出来事がまあまあ起こる

フレブルは、とにかくマイペースに自分が思った道を思った時に、思った通りに疑いもなく突き進む生き物です。こちらのフレブルをご覧ください。これからどこかにお出かけのようで車の中にいるようですが、立っているのは後部座席のシート、の上。なぜそこに乗ったし。人間からしたら疑問しか浮かんできませんが、まあ何かしら理由があったのでしょう。その心こそ知れませんが、こういった予想だにしないことが普通に起きてしまうのです。しかもそんな時に限って「こんなつもりじゃなかった感」が出ていることも多いため、もし、当のフレブルの方も困った顔を浮かべていたら直ちに救出してあげてください。多分彼らも自分の想像を超えた事態に陥っていたはずですから。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

👑Roi(ろわ)さん(@roi___maman)がシェアした投稿 -

 

(6) 気がつくと、何気ない日常に感謝している

最後はこちら。とにかく、彼らと過ごすと些細な出来事でも深い幸せを感じるようになります。それは、フレブルがあまりにピュアで、あまりにまっすぐ我々にぶつかってきてくれるから。(心にも体にも…) そんな彼らの純真さに触れると、一緒に過ごす日常がいつの間にかとてもかけがえのないものになるのです。彼らの寝息を聞いているだけでも、彼らの散らかしたおもちゃを眺めるだけでも、ご飯を食べる後ろ姿を見つめるだけでもすべての行動が愛おしく、一緒に過ごすだけで心が満たされるはず。そして一緒に散歩に出かければ、四季折々の風の匂いを一緒に感じることができ、それがどれほどに幸せなことなのか、彼らが持つ「ピュア」には、そんなことを改めて気付かせてくれる効力があるのです。

忙しい日々を送っている時にはどうしても離れてしまう自然との関わりや、普段見落としてしまう何気ない出来事。そんなことを改めて客観的に捉え、それが「幸せってやつかぁ」なんて改めて気付き、不思議と些細なことに深く感謝できるようになるのです。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

🌞SUN🌞さん(@minsuga17hyo)がシェアした投稿 -

 

フレブルを家族に迎えると起こることを、ほんの少しだけご紹介しました。

本当にこれは僅かなことであり、実際に口にしたら日が暮れてしまうでしょう。

それでも、彼らを迎えようと考えている方は、少し彼らとの生活が想像できたと思います。決して体が強い方ではない彼らを家族に迎えることは、良いことや楽しいことばかりではありませんし、心が張り裂けそうになるような出来事も起こるかもしれません。しかし、フレブルオーナーであれば「それを超える何かがフレブルとの生活にはある」とこぞって口にするはずです。

すでにお迎え準備をしているという方は、面白おかしくお世話をしながら、楽しく笑いの絶えないフレブルライフを送れるよう願っています。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

一番好きなの、やっぱりオーナー。フレブルたちの健気なキモチが伝わる8枚にジーン

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧