2019年10月13日2,474 View

「むん。」得意…ではなさそう。でもこんな感じで頑張ってます!フレブル麦ちゃんの歯磨き動画。

今回はフレブル麦ちゃんの歯磨きの様子を映した動画をご紹介。見ていると、歯磨きがとっても得意…というわけではないようですが、オーナーさんも小さな工夫を凝らして頑張っているようです。苦手な子が多いこの歯磨き、麦ちゃん&オーナーさんの奮闘ぶりをご覧あれ!

フレブル麦ちゃん、歯磨きスタートです!

こちらが麦ちゃん。動画はオーナーさんに抱えられているところから始まります。

 

麦ちゃんの歯ブラシを手に、さていよいよ開始…という状況ですが、麦ちゃんのお顔をご覧ください。

 

口は一文字に…というよりもはやへの字。

「開きたくないのですが」という意思がビンビンに出ているようです。

 

ということで、幸先不安なスタートのようですが、さてさてこの後どうなるやら…。

 

お口のケアは大事なのだ!

犬は、虫歯というよりも歯周病が怖いもの。

 

少し真面目な話をすると、果ては寿命にまで影響すると言われていますから、慣れさせる為にも小さい頃からの習慣として、オーラルケアの重要性はかなり高いものです。

 

ということで、そんな大事な歯磨きをするため、オーナーさんはまず歯ブラシで口元をちょんちょん。

 

「これから歯磨きが始まるよ。いつもの歯ブラシだよ」と合図してお知らせします。

 

すると麦ちゃんも舌をペロペロして、いまから口に入るものがなんなのか確認している様子。

 

触れられたら、目だけで確認することとはまた違うのでしょうね。

 

いざ、ブラッシング開始!

 

さて、いよいよ実際にブラッシングを開始!

歯ブラシが口に入っても麦ちゃんは暴れる様子がありません。すごいよ!

 

でもやっぱりちょーっと気になるのか、このように「めっちゃ頑張ってる!」と言いたくなるようなお顔になってしまいました。

 

かなりギリギリ…という感じですが、このまま難なく続けられるのでしょうか!?

 

ペロペロが止まらない…

 

磨かれている最中、もはや自動で動いているのでは? なんて思えるほどにペロペロが止まらない麦ちゃん。

 

口の中を触られ不安なのか、気持ちを落ちつけたい思いがあるのでしょう。

そして、歯ブラシにはもしかしたらお気に入りの歯磨き粉なんかもついているかもしれませんね。

 

とにかく、自分が我慢できる方法でなんとかその時間をやり過ごします。

 

噛みたいと噛ませないの攻防戦

 

そんなこんなでこのペロペロ歯磨きは順調に進みますが、ときどき歯ブラシを噛んでしまう麦ちゃん。

 

でも、お口の中にこういうものが入ったら、やっぱり噛みたくなっちゃうよね。

オーナーさんも慣れた様子でひっぱりますが、ときになかなかの「歯ブラシ攻防戦」が行われています。

 

地味に戦うオーナーさんと麦ちゃん。ぐぎぎぎぎ。

 

あれ? お耳が消えてしまった…。

もはやちがう生き物に見えてきたけれど、そんな様子をみられるのもなんだか愛らしい。

 

ということで、麦ちゃんの歯みがきはこんな具合でした!

 

やはり、オーナーさんとフレブル本犬の努力なしでは、なかなか難しいこの歯磨き。

お互いのリアルな奮闘っぷりをどうぞご覧ください!

 

苦手な子が多いこの歯磨きタイム。どうしても歯ブラシが口に入るのが苦手な子の場合には、ガーゼ、他にはペースト状の塗るタイプのものを使うのもお勧めです。

指なら安心…と感じる子はたくさんいますからね。

 

そして歯磨き粉も「好きな香り」などで選ぶと、スムーズに歯磨きをさせてくれる子が多いようです。

 

そりゃ犬からしたら「歯磨き」自体が理解できない行為ですから、どうしたってはじめはうまくいかないもの。

 

そんな時に愛ブヒが少しでもストレスなく行わせてくれるよう、そしてオーナーさんも「ブヒが嫌がるから」と諦めず、無理なく徐々に慣れさせていけるよう、研究してみてくださいね。

 

自らの手で、我が子の健康を守ってあげましょう!

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

自宅で出来るオーラルケア(歯周病予防)

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧