2019年1月1日5,058 View

1ヶ月ぶりにオーナーに会ったフレブルの反応は!?

まだわんちゃんと暮らしてそれほど時間が経っていないとき、それまでどんなに仲良く暮していても、「長いあいだ離れていたら、私のことを忘れてしまってはいないかな…」と心配になったことはありませんか?でも、わんちゃんたちの記憶力はすごくて、ほとんど杞憂に終わるんですけどね!すぐに「離れていて寂しがっていないかな」になります。

 

さて、こちらの動画は、入院していたオーナーパパさんと1ヶ月ぶりの再会を果たす2頭のフレブル、ブランとノアの様子を撮影したものです。1ヶ月とはなかなかの長さ。さて、フレブルたちはどんなふうに再会の喜びを表現してくれるのでしょうか…。

ドアの向こうにパパさんがいるだけで

今日は、1ヶ月間入院していたパパさんがおうちに帰ってくる日。「ドアの向こうにパパさんがいる…」としっかりわかっているような2頭。いえ、きっともうしっかりわかっているんですよね。1ヶ月のあいだ「パパさんどこにいるんだろう?」と思っていたのかと思うと、なんだか胸が熱くなってしまいます。

 

ドアが開いた瞬間に、「わあー!パパさんだあ!」とばかりに飛びつきました!よかったね…。

 

パパさんの前を取り合い状態

ブランもノアも、わんわん吠えたりはしません。ただただ擦り寄って、だっこしてほしいー!と飛び跳ねて。

フレンチブルドッグ,YouTube

出典:YouYube(blanc noir)

 

身体中で喜びを表現しているのがわかりますよね。本当に可愛い!オーナーさんも2頭の勢いがすごすぎて、思わず笑いがこぼれています。とにかくパパに構ってほしくて、狭い「パパの目の前」を2頭で取り合いしている感じ(笑)

 

これだけ歓迎されたら嬉しいですよね。寂しかったのはわんちゃんだけじゃなく、パパさんもなのですから。パパさん、入院ほんとうにお疲れさまでした!このあと更新されている動画を拝見したところ、パパさんもお元気そうでなにより。いろんな事情はあるけれど離れて暮らすのはやっぱり寂しいから、一緒に仲良く過ごしてくださいね。

 

こちらの記事も合わせてチェック!

畑のアイドル!フレブル「大地」に大注目

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧