2019年10月28日2,505 View

(ペロ-ン)「あれ、食べれない…」目の前にあるモノが食べれないというフレブル的ピンチな状況。一体どうした!?【動画3本】

おやつやご飯がそばにあるとほかの物は目に入らなくなるフレブル。でももし、その食べ物が色んな理由ですぐに食べられないとしたら…。今回は、「なぜか食べられない」という状況に陥ってしまったフレブルの様子を3つご紹介。とにかく真剣で彼ららしく、そして可愛らしい行動が見られましたよ!

食べられないよ~、誰か助けて!

フレブルのもちたろうは夢中になっておもちゃで遊んでいます。

 

ただその遊び方は、ボールなどのときとは少し違っていて、かじったり咥えたりすることなく、しきりにペロペロなめるだけ。

 

それもそのはず。実は、このおもちゃのなかにはおやつが隠してあるのです。

 

オーナーさんいわく「もちたろうの早食い防止のために」と購入したらしいのですが…。

 

どうしてもなかのおやつを取り出せないもちたろうは、結局オーナーさんに飛びついて助けを求めるように甘えるのでした。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Sayaka Ito (old: Yamada)(@intellepu3)がシェアした投稿 -

 

おやつ、絶対出すんだから!

こちらも同じく、長方形の箱の中にはおやつが入っています。

 

匂いをしっかりとキャッチしているからか、フレブルは何が何でも箱を開けようと孤軍奮闘中。

 

テープなどで留めているわけではなさそうですが、箱はぴったりと閉まっていてなかなか開きません。

 

さらには、表面がツルツルとしていることもフレブルには開けにくい理由のようです。

 

それでも決して、あきらめることもめげることもないフレブル。

ウロウロしながらも何度も箱をかじって、とうとう角を破壊することに成功しました!

 

穴が開けばあとは簡単。

こぼれ落ちたおやつを満足げに味わうのでした。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

藤田朋子(@chiendormant)がシェアした投稿 -

 

目の前にいるのに…なんで?

こちらはFrench Bulldog Lifeのモデルもしているガルムとうららです。

 

この日は愛犬も同伴できる京急油壺マリンパークを訪れたようで、オーナーさんたちと一緒に水族館で楽しいひとときを。

 

そのなかには、まるで水中にいるかのような写真を撮影できるスポットもあり、色とりどりの魚がたくさん泳ぐ景色は、まるで竜宮城にいる気分?

 

とここで、フレブルの食欲が発揮されます。

 

泳ぐ魚をジーッと眺めていたガルムが舌をペロペロと出し入れ始めたのです。

しかし、「食べられないよ」とオーナーさん。

 

でも隣のうららも魚ばかりが気になるようで、何度も呼ばれてようやくカメラのほうに目をやっていました。

 

だって、こんなお魚だらけの景色、めったに見られないですものね!

しっかりと水の中の気分を味わえたことでしょう。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

うらら&ガルム(@ulala_garm)がシェアした投稿 -

 

食べられそうで食べられないという、ある意味フレブルにとってはピンチの場面と言えそうな今回のシーン。

 

それぞれに個性が出ていましたが、どの子も真剣なところは変わりませんでしたね。

 

さすがはフレブル。これからもこのペースで我々を和ませて欲しいですね。

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

「この棒食えんの?」差がオモロイ(笑) フレブルに『まんまきゅうりをあげてみた。』【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧