2020年4月6日2,572 View

愛の強さゆえ…なんとタトゥーに!海外のフレブルラバーに、密やかなるブームが来てた件。

日本ではまだ世間の風当たりが強かったりもするけれど、海外、とりわけ欧米諸国ではタトゥーは立派なアートやファッション表現の手段として認知されています。そのモチーフは伝統的な柄からPOPなものまで本当に多種多様だけれど、やはり一生身体に刻まれるものだからこそ、自分にとっての大切な何かをモチーフとして選ぶのが王道。そう、勘の良い読者諸賢におかれましてはもうお気づきのことでしょう。フレンチブルドッグをこよなく愛する海外のフレブルラバーの間では、タトゥーのモチーフに愛ブヒを選ぶことが少なくないようで、探してみるとやはりたくさんありました! 賛否両論あるカルチャーなのでタトゥーを入れることを勧めはしないけれど、そのデザイン性の高さは一見の価値アリです。

 

優しい瞳が本家に瓜二つ

フレブルを抱くマッチョな美女の腕に描かれているのは、ハグされている相棒とそっくりのタトゥー。丸いフォルムのフレブルをややジオメトリックにアレンジしたデザインが印象的だけど、よく見るとキラキラの瞳はまるで生き写しのよう。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Katie Machado ️(@machadokatie)がシェアした投稿 -

 

鍛え抜いた褐色のボディに描かれるだなんて、いったいどんな気持ちなのかブヒに聞いてみたいものです。

 

リアルとデフォルメの対比に拍手!

こちらのタトゥーは左半分がとてもリアルなフレンチブルドッグのお顔、右半分がSFチックなテイストの線画で描かれているという、なんともアーティーなデザイン。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Céline Guilbert(@celine.guilbert.96)がシェアした投稿 -

 

相棒の顔をそのままモチーフにせず、あえてエッジを効かせたアイデアに脱帽です。

 

足首にキュートなワンポイントブヒ

オーナーさんの足元にお座りするBruceくん。よく見ると、おやおやオーナーさんの足首にもう1頭フレブルが鎮座しているではないですか。

写真をスワイプするとタトゥーのアップになるので、きっとBruceくんがモデルであろう小さなブヒのキリリとした表情がお楽しみいただけます。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Bruce 🐶 🐾(@brucebulldogfrances)がシェアした投稿 -

 

しかしサイズは小さくともやはりフレブル。

流石の存在感ですね。

 

見返り美人ならぬ、見返りブヒ発見

日本では見返り美人の浮世絵が有名だけれど、こちらのタトゥーはなんと見返りフレブルがモチーフに。

このブルンとした首肉の感じとか少しこちらを見上げる視線だとか、シンプルな線画にも関わらず特徴を捉えすぎていて思わず見入ってしまいますね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Lorisink Tattoo(@lorisink.tattoo)がシェアした投稿 -

 

少し離れた位置に描かれた真っ赤なハートは、きっとこのコに対するオーナーさんの愛なんだろうなぁ。

 

ほんのりユルかわいい肖像画がツボ

オーナーさんが差し出した手にちょこんとお顔を乗っけているのはスペイン在住のRubble

差し出されたその腕には、Rubbleの似顔絵がしっかりと刻まれています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

The life of Rubble(@the_life_of_rubble)がシェアした投稿 -

 

あえてリアルなデザインにせずにキャラクター風に仕上げたタトゥーは、いかついと言うよりも見ているとついニコッと笑っちゃう感じ。

 

もしかしたらRubbleは「ボクにも見せてよう」なんて言っているのかも。

 

こんなに詩的なタトゥーがあるとは…

タトゥーと聞いて思い描くイメージの大半がワイルドやタフと言ったキーワードだけれど、こんなにポエティックなタトゥーもあるのです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

T A T O O S L I M Мини тату(@tatooslim)がシェアした投稿 -

 

寂しげな表情でこちらを見つめるパイドのフレブルは、もしかしたらオーナーさんがお仕事に行くのを見送っている姿なのかしらなんて、見ている側の想像が掻き立てられちゃいますね。

 

キュートなブヒ絵に格言を添えて

こちらを覗き込む2頭のフレブルを描いたデザインは、イラストのようにキュートにデフォルメされたブヒがなんともラブリー。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Amor Francês(@canil_amor_frances_lp)がシェアした投稿 -

 

フレブルの下に添えられたポルトガル語のテキストは私から生まれたのでなければ、私のために生まれたというニュアンスの言葉で、フレブルへの深い愛を感じます。

 

カラフルPOPなグラフィティ風も

こちらはフレブルではなく先輩格のEブルさんがモチーフだけれど、POPアートさながらの色使いとグラフィティライクなタッチがとびきりお洒落。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Prince & Daisy(@prince__daisy)がシェアした投稿 -

 

どうやら右がモデルさんのようだけれど、あれ。

気持ち実物よりもスリムに描いてもらってはいませんかねえ(笑)。

 

泡をふき取ると現れたのは…!

タトゥーを施した直後なのでしょうか。何やら腕の内側に泡がたくさんついています。

その次の瞬間タオルで丁寧に泡をぬぐいとるとそこに出現したのは…なんとも言えない愛らしい表情をしたフレンチブルドッグ!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Diego(@diegofrenchie14)がシェアした投稿 -

 

きっと「この写真通りにお願いします」とオーダーしたであろう置かれた写真そのままの完成度に、タトゥーアーティストの技術力を感じずにはいられません。

 

 

さて、今回紹介した様々なフレンチブルドッグモチーフのタトゥーはいかがでしたか?

 

タトゥーと聞くとイカツイ系のデザインをイメージしてしまうけれど、以外にもキュート系から叙情的なものまでそのテイストは千差万別。

 

相棒を肌に刻んでいる人たちにとっては、ブヒのタトゥーは肌身離さず持ち歩くお守りのような存在なのかもしれませんね。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

マジか!フレブルパピーと一緒に、まさかの“ヨガ”ができるという最強空間を発見したぞ!【海外ニュース】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧