2020年5月16日3,647 View

出ては引っ込むお芋ゲーム。すっかりハマってしまったフレブル、終わってもその場から離れなくなる…【動画】

今回は、モグラ叩きゲームを応用した「おいもヒョッコリゲーム」を楽しむフレブルをご紹介します。食べたいけれど消えゆくおいもに気持ちが駆り立てられるようで、どうやら相当ハマってしまったよう。最終的には、フレブルの頑固がわかりやすく出てしまったようで…。

おいもヒョッコリゲーム、開始!

愛ブヒを楽しませるためにオーナーさんが用意したのは、段ボールを使ったモグラ叩きゲーム、を応用したおいもヒョッコリゲーム。

簡単にいえば、モグラの代わりに美味しそうなおいもが穴からヒョッコリ…ということです。

 

ということで、美味しそうなおいもを前にジッと見つめるフレブル。

 

早速ルールは飲み込んだようで、どこの穴から出てくるのかわからず目で追っています。

 

食べようとすると、消える

しかしこのおいもゲーム、なかなか難しいようです。

 

フレブルが「ここだ!」と思ってお口を開けると、サッと穴に引っ込んでしまいます。

 

そこでフレブルも考えたのでしょう。

 

一旦興味なさそうに視線をそらし、タイミングをずらしてからパクッ!

 

…しかし、おいものほうが1枚上手だったよう。

すぐに逃げられてしまいました。

 

こっちにいたのに…あっちから出てきた

その後も、ヒョッコリの位置を変えながら続けられるゲーム。

 

フレブルも、今出てきた位置に体ごと移動して頑張るも、全く別の穴からヒョッコリ。

 

一歩出遅れる感じで逃げられているわけですが、とはいえ少しずつは食べているようで、おいもも減ってきたみたいです。

 

名残り惜しそうすぎる

しかし、楽しく美味しいおいもゲームはここで終了。

 

量が減るほど食べられましたし、きっと満足いく時間だったことでしょう…と思いきや。

 

さすがはフレブル。

ゲームが終わっても、もう何もない穴の開いた段ボールの前から動きません。

 

「もうないの…? 終わりなの…?」そんな声がこのお顔から聞こえてきますね…。

 

そして、よく見れば段ボールはところどころよだれでベチャベチャ。

 

名残惜しそうに、いつまでも段ボールを舐めていたフレブルでした。

 

おやつを食べながらゲームもできてしまうこのゲーム、最高ですね。

 

しかも早食い防止にもなって長い時間楽しめますから、オーナーさんのアイデアが光る遊びでした。

 

しかし待っている間に、滝のようによだれがでる可能性がありますから、そこだけはご注意を…。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

横入りして赤ちゃんのおもちゃで遊び始めたフレブル。夢中になりすぎて、最終的に赤ちゃんにあやしてもらう…【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧