2020年12月3日3,022 View

【限定入荷】一生着られるデニムジャケット。台湾でしか買えないフレブルデザイン

フレンチブルドッグを愛しすぎる私たちは、いつも“フレブルデザインの何か”を探しています。ちょっぴり欲を言うならば、誰かと被らない方がいい。

今回ご紹介するのは、台湾でしか買えないフレブルデザインのデニムジャケット。一点一点手作りだからこそ、同じものはひとつとしてありません。気軽に海外へ行けなくなったご時世を考慮し、フレブルライフストアが特別に限定入荷しました!

【限定】台湾でしか買えないフレブルのデニムジャケットを入荷!

フレンチブルドッグ,デニムジャケット

台湾から特別に仕入れたのは、背中に大きくフレブルを施したデニムジャケット。

 

作り手は、台北市でセレクトショップ「今天懶洋洋(Kyo Gorogoro)」を営む台湾人の舜子(しゅんず)さん。

フレンチブルドッグ,デニムジャケット

舜子(しゅんず)さん。

 

本来は同店のみの販売ですが、気軽に海外へ行けなくなった今、フレブルライフストアが限定入荷!

フレンチブルドッグ,デニムジャケット

 

昨年『BUHI』で取材をさせて頂いたご縁で実現しました。

 

このジャケット、フロントは首元をすっきり見せてくれるノーカラー(襟なし)。

フレンチブルドッグ,デニムジャケット

身長:176cm

 

インナーが映えるから、コーデ次第でカジュアルにもシックにも着こなせます。

 

あえて長めに設定した丈は、個性を出すだけでなく“見せたくない部分”をしっかり隠してくれるから嬉しい。

フレンチブルドッグ,デニムジャケット

身長:176cm

 

そして頑丈なデニム素材だからこそ、丁寧に着れば一生もの。

フレンチブルドッグ,デニムジャケット

 

数十年後、もしどこかが破れてしまっても、それはそれで“味”になります。

 

そこもまた、このデニムジャケットの素晴らしいところ。

 

 

女性も似合うユニセックスデザイン。

フレンチブルドッグ,デニムジャケット

身長:156cm

このデニムジャケットは流行や形にとらわれないデザインだからこそ、女性にもよく似合います。

 

ロングスカートなどの女性らしいコーデにもぴったり。

フレンチブルドッグ,デニムジャケット

身長:156cm

 

もちろんメンズライクに着こなすのもOK。

フレンチブルドッグ,デニムジャケット

身長:162cm

 

ヒップラインから太ももまで隠してくれるから、特に女性には嬉しいデザインです。

フレンチブルドッグ,デニムジャケット

身長:162cm

 

1枚あれば夫婦やカップルで貸し合うことができるから、なんだかお得な気分。

 

 

カラーは嬉しい2展開

同じデニムでも表情が異なる2つのカラーをご用意。

 

こちらはデニムの定番インディゴブルー。

フレンチブルドッグ,デニムジャケット

 

つづいて、爽やかなライトブルー。

フレンチブルドッグ,デニムジャケット

 

好みに合わせて選んでみてくださいね。

 

 

着れば着るほど“自分色”に染まる。細部のこだわり

フレンチブルドッグ,デニムジャケット

今天懶洋洋(Kyo Gorogoro)をオープンする前は、クリエイターとして活躍していた舜子(しゅんず)さん。

 

そんな彼が仕立てるジャケットは、こだわりが満載。

 

ジャケットの裾は“切りっぱなし”にし、着るほどに変化するしくみ。

フレンチブルドッグ,デニムジャケット

 

もちろん洗濯もOKで、洗うたびに“ほつれ”や色合いが表情を変え、飽きることがありません。

 

裾のサイド部分には、彼が得意とするパッチワークや刺繍を使った遊び心も。

フレンチブルドッグ,デニムジャケット

 

さらにジャケットをめくると、フレンチブルドッグが登場。

フレンチブルドッグ,デニムジャケット

 

この子は、舜子(しゅんず)さんの先代ブヒ「ホクトくん」がモデルになっています。

 

 

背中のフレブルは、職人が手作業で版画印刷

このジャケットの“キモ”である背中のフレブルは、職人さんが手作業で仕上げています。

フレンチブルドッグ,デニムジャケット

台湾の工場にて版画印刷の様子。

 

今の時代には珍しい版画印刷を採用。まさに、ここでしか出会えない逸品です。

 

 

「作り手はフレブルオーナー」これはやっぱり胸アツ。

フレンチブルドッグ,デニムジャケット

舜子(しゅんず)さん。台湾のショップ前にて

ジャケットを手がける舜子(しゅんず)さんは、15年以上も“フレブルライフ”をおくる生粋のフレブルラバー。

 

先代ブヒは、2018年に旅立ったパイドのホクトくん。

フレンチブルドッグ,デニムジャケット

先代ブヒのホクトくん

 

今天懶洋洋(Kyo Gorogoro)にはホクトくんをモデルにしたアイテムも並んでいて、彼の温もりを感じるよう。

 

現在はフレブルMIXのモモちゃんとパイドのモクくん、そして奥様のゆみさん(日本人)の4人家族。

フレンチブルドッグ,デニムジャケット

フレブルMIXのモモちゃん

 

モモちゃんとモクくんの共通点は、保護犬だったということ。

フレンチブルドッグ,デニムジャケット

もっくん。先代ブヒのホクトちゃんにそっくり!

 

そして彼女たちが“おかれていた環境”に衝撃を受け『犬を迎えるならば、お金で買うのではなく保護犬からにしよう』と心に決めたそう。

 

デニムジャケットの背中に記された文字『Adoption instead of purchase(購入するのではなく保護しましょう)』にも、そのような意味が込められています。

フレンチブルドッグ,デニムジャケット

 

フレンチブルドッグを心から愛し、保護犬たちの幸せを願う舜子(しゅんず)さん。

 

彼が手がけるジャケットは、格好良さを覆うようにして温かな愛に包まれています。

フレンチブルドッグ,デニムジャケット

 

もし再び気軽に台湾へ行ける環境になったら、ぜひこのジャケットを着て「今天懶洋洋(Kyo Gorogoro)」へ遊びに行ってみてくださいね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Kyo Gorogoro(@kyogorogoro)がシェアした投稿

 

看板犬のモモちゃんとモクくんが、きっと元気な姿でお出迎えしてくれるはず♡

紹介されたアイテム

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧