2020年12月17日2,228 View

【取材】15歳&13歳!ささいな変化も見逃さない温かな眼差しに見守られてWレジェンドに #34うめこ&むぎお

10歳を超えても元気なブヒを、憧れと敬意を込めて“レジェンドブヒ”と呼んでいるFrench Bulldog Life。その元気の秘訣をオーナーさんに伺うのが、特集『レジェンドブヒの肖像』です。

今回は15歳と13歳のダブル・レジェンドが登場。2017年までは、23歳で大往生をとげたネコのチョコちゃんとも暮らしていたご長寿三姉弟。みんながみんな長生きなのは、もちろん偶然ではありません。そこにはオーナー・小林さんの細やかな努力がありました。

うめこちゃんプロフィール

フレンチブルドッグ

年齢&性別

15歳の女の子

体重

8kg(若い頃から変わらず)

大好きなこと

食べること、お姫様抱っこ

既往歴

・1歳前に避妊手術

・3歳で尿管結石。薬では溶かせなかったため手術。

・5歳で尿管結石再発。再度手術を行ない、その後は発症せず。

・9歳で右目を傷つけ、まぶたを縫って点眼治療。右目の視力は戻らず。

・12歳で変形性脊椎症発症。先天性との診断で、下半身が麻痺してしまい外では車椅子に乗ることに。

フレンチブルドッグとオーナー

 

・13歳で右犬歯が折れる。硬い骨ガムが原因。その後は硬過ぎるものは与えていない。

・14歳で耳が聞こえなくなる。

・15歳で左目に傷ができ角膜炎に。現在も点眼とエリザベスカラーを続けている。

 

むぎおくんプロフィール

フレンチブルドッグ

年齢&性別

13歳の男の子

体重

12kg(MAX時は14kg!)

大好きなこと

ボール遊び

既往歴

・1歳前に去勢手術

・10歳で軽度の白内障に。視力はあるが、夜は少し見え辛くなる。

・13歳、膀胱炎になり薬で治療中。

 

放っておけなくて⋯

フレンチブルドッグ

 

御年15歳のうめこちゃんは、これまで一度もご飯を残したことがなく、手術の翌日でもペロリと完食して看護師さんを驚かせたという、パイドの女の子。

 

そしてクリームのむぎおくんは13歳。

 

今でも12kgある立派な体格ですが、実は食が細く、幼少期は病気も抱えていて、オーナーの小林さんご夫妻をとっても心配させた男の子です。

 

今では揃って長寿犬となり、後足の麻痺や視力の低下などはありつつも、元気に暮らしているダブル・レジェンドの2頭。

 

赤ちゃんの頃は少し可哀想だったむぎおくんのお話や、尿管結石を抱えたうめこちゃんの食事制限奮闘記など、2頭とオーナー・小林さんの、レジェンドへの足跡を辿ります。

 

「うめことは、先住の雌ネコ・チョコのご飯を買いに行ったお店で出会いました。すごい一目惚れで、どうしても連れて帰りたい! と、その日のうちに家族に迎えることを決めました。

フレンチブルドッグ

 

むぎおは、友だちから“近くのホームセンターで痩せ細ったフレブルが売られている”と聞いて、飼う気はなかったのですが見に行ったんです。

 

でも一目見ると放っておけなくなり、すぐに買い取って病院に連れていきました。

 

するとお腹に7種類も虫がいたらしく、1カ月くらいかけて治療しました」

フレンチブルドッグ

 

優しい小林さんは、むぎおくんを助けるのみで、お店を通報したりはされなかったそうです。

 

フレブルに限らず、生き物を大事にしないペットショップは絶対に許せませんね!

 

でも、むぎおくんにとっては、九死に一生の幸運な出会いになりました。

 

回復後は大病もなく、少し皮膚のアレルギーがある程度で、最大14kgまですくすくと育ったそうです。

 

食の悩みは対照的な2頭

フレンチブルドッグ

 

食欲旺盛なのに、尿管結石のために療養食が必要なうめこちゃんと、食の細いむぎおくん。

 

対照的な2頭の食事ケアは大変でした。

 

「仔犬の頃は、2頭とも『サイエンス・ダイエット』のパピー用をあげていました。

 

むぎおには、ペットショップで“食い付きが良くなる”と聞いた練乳も足していました。

 

でも後からお医者さんに“あげなくていい”と言われ、練乳は止めました。

 

成犬期になったうめこには、結石の療養食としてお医者さんに勧められた、ロイヤルカナンの『ユリナリーS/O』を。

 

おやつには、結石があっても食べられる、ナチュラルハーベストの『プロバイオビスケット(クランベリー)』をあげていました。結石用のおやつは中々なく、探すのが大変でしたね。

 

むぎおは成犬期になっても『サイエンス・ダイエット』のラム&ライスを。

 

そこに、蒸したササミや野菜、犬用ふりかけ、乾燥ササミなどを混ぜていました。

 

シニアになってからは、『サイエンス・ダイエット』のシニア用に変え、同じように色々とトッピングして与えています」

フレンチブルドッグ

 

結石に気をつけないといけないうめこちゃんの食事は、ずっとドライフードのみ。

 

可哀想だからとフードをふやかして食感を変えたり、おやつも一所懸命探したのだそう。

 

それを徹底することができたのは、いつもは優しいかかりつけの獣医さんに「手術したくなければ頑張りなさい」と、初めて怒られたからというのもあったそう。

 

普段は優しく、でも大事なことははっきり伝えてくれるのは、まさにお医者さんの鏡ですね。

 

小林さんは初めご存知なかったそうですが、実は名医として有名な先生だったそうです。

 

むぎおくんにも、ご飯をたくさん食べてくれるようにと、トッピングを定期的に変えるなど細やかな工夫をしてきたそう。

 

ダブル・レジェンドの健康な体は、小林さんの長年の努力の賜物。元気な姿を見るたびに、充足感を味わわれていることでしょう。

 

みんな長生き、小林三兄弟

フレンチブルドッグと猫

 

2頭には、チョコちゃんという猫の先輩がいました。

 

うめこちゃんが来た時、そしてむぎおくんが来た時、それぞれ関係性に変化があったそうです。

 

「うめこが来た時は、チョコとあまり仲は良くなかったと思います。

 

ですが、うめこがマイペースなこともあり、それぞれのペースで暮らしていました。

 

でもむぎおが来た時は違いました。

 

チョコがむぎおにべったりになったんです。仔犬の頃はしつけまでしてくれました」

 

先住犬や先住猫が受け入れてくるかどうかは、人間の家族とはまた違った緊張感がありますよね。

 

同じフレブルでも、チョコちゃんにとっては全然違う存在だったのでしょう。

フレンチブルドッグと猫

2頭の背中でくつろぐチョコちゃん。

 

残念ながらチョコちゃんは2017年に亡くなってしまいましたが、23歳という長寿でした。小林家は動物たちにとって、とても暮らしやすい家庭なのですね。

 

そして生活環境といえば、小林さんご夫妻は共働きなので、1日に7時間くらいは留守番タイムになるそうです。

 

ですが、それが却って良かったのではないかとのこと。

 

「犬にも人にも、自分の時間があった方が良いと思うんです。休みの日にずっと一緒にいると、嬉しそうですが疲れているなと思うときもあります。

 

シニアになってからは見守りカメラで様子を見ていますが、留守番中はほとんどノンキに寝ています」

フレンチブルドッグと小林さん

 

様子を良く見た上であれば、人間と離れてのんびり過ごす時間も、犬たちにとって良い息抜きになるのかもしれませんね。

 

因みに、見守りカメラを使って初めて気づいたのが、奥さまの“帰宅待ち”をしていたこと。

 

だいたい帰宅の2時間前には玄関辺りに陣取っているそう。これは感涙ものです!

 

レジェンド育ては幸せ育て

フレンチブルドッグ

 

今も元気な2頭ですが、シニアになって変わったこともあります。これまでにやってこられた工夫も含め、暮らしぶりを伺いました。

 

「うめこの足が麻痺し始めてから、足が長い、高さのある家具はすべて撤去しました。

 

ソファも低くして、ベッドは布団や低いマットレスに変えました。

 

人間主体だった部屋を、今の2頭が暮らしやすい部屋に変えた感じです。

 

それから、朝が早くなりましたね。毎朝6時に起きるので、私たちも一緒に起きて朝ご飯を作っています。

 

夜ご飯は夕方6時。体内時計がしっかりしてるんでしょうね」

フレンチブルドッグ

 

起床とご飯の早朝化は、シニア犬ではよく聞くお話ですね。

 

朝が苦手な夜型オーナーさんは、愛犬と自分のためにも、早めに朝型シフトを頑張っておくと良いかもしれません。

 

「それから、これまで気を付けてきたことに、部屋の温度と湿度があります。

 

留守が多いので、外から管理できるようにしていますね。

 

温度や湿度といった数字だけを見るのではなく、2頭の様子もしっかり見ています。

 

暑いとヨダレを垂らしていますし、冷温2種類のベッドを置いているので、むぎおの場合はそのどちらにいるかで体感温度がわかります。

 

様子を見るということは、病気やケガの気づきのためにも大切。何か変化があれば、すぐ病院に行っています」

 

このほか、うめこちゃんが尿管結石になってからは、濾過タイプの浄水器に結石予防フィルターを付けるなど、食事同様、水にも気を配っているそうです。

むフレンチブルドッグと飼い主

 

小林さんのブヒ育ては、本当に細やかで大変な配慮の連続だと思います。

 

誰に言われるでもなく、時にはお医者さんに怒られながら。

 

そして何かの賞をもらうわけでもありませんが、そんなことよりも、とにかく愛犬の健康と幸せが大事。お話から、そう真っ直ぐに想われていることが伝わってきます。

 

丹精に育て上げたレジェンド2頭の、幸せそうな毎日。

 

それは小林さんご夫婦にとって、目に見える、形ある幸せなのだと思います。

 

取材・文/橋本文平(メイドイン編集舎)

 

 

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧