2017年5月29日1,587 View

すきorきらい?フレブルたちの病院通いに、オーナーも四苦八苦

予防注射や健康チェック、フレブルと暮らしていると動物病院に行く機会も多いですよね。できることなら、愛ブヒにも病院を好きになってもらいたいもの。

今回ご紹介するのは動物病院に行くフレンチブルドッグたち。緊張している子から、リラックスする子まで、いろんな姿をお届けです!

あなたの愛ブヒは、病院がすきorきらい、どちらでしょうか?

この記事のタイトルとURLをコピー

フレンチブルドッグ病院

Model:@maro.ren_diary(Instagram)

病院でも光る個性!10ブヒ10色のフレンチブルドッグたち

10頭いれば10通りの性格がある!十人十色ならぬ「10ブヒ10色」なのが、我らがフレンチブルドッグ。病院にいても、その個性は健在なようです。

 

まずは、パピーの不満顔から。

「お尻から体温を計るなんてお母さん、教えてくれなかったよね…」

たしかに、わんこと暮らしたことがなかったわたしたちも、最初は衝撃的でした。キミの健康のためだから、我慢してね!

 

大きな目を見開くのはブルーパイドのフレブルちゃん。

 

A post shared by Luna (@myluna_thefrenchie) on

「ドキドキドキドキ…ボク、何をされるんだろう…」

大丈夫!リラックス、リラックス。

 

「病院なんて慣れたもの!」ちょっぴり強気なフレブルくん。

 

A post shared by Lana (@lanaandmonty) on

“ピン!”と背中を張って待つ姿が、かっこいいですね。

 

自分の便の中のウイルスをチェックする(?)のはクリームのフレブル。

「ふむふむ、健康な便だな、と…」

 

あれれ?やけに小さな獣医さんですね。このフレブルは、新しい獣医さんのトレーニングに付き合ってあげているのでしょうか。

こんな可愛い獣医さんなら、毎日でも通えるね!

 

この子も、毎日通いたいほど獣医さんが大好きなんだそうです。

獣医のマクレラン先生、診察台が怖いフレブルくんを床で診察してあげたんだそうです。フレブルだって、優しい先生には弱いのです。

 

『かわいそうなフレンチブルドッグ、家族に騙されて獣医へ行く』というビデオでは、「公園へ遊びに行くよ!」と言われ、病院へ連れて行かれたフレブルの悲しい叫びが…(音量注意)

 

「お母さんのうそつき!公園へ行くって言ったくせに〜!」

気持ちはわかる…だけど、全部キミのためなんだよ。帰ったらおやつあげるからお母さんを許してあげて…!

 

「獣医さん、ボクがお手伝いをするよ!」と手術着に着替えるフレブルも。

フレブルラバーのわたしたちにとって、こんなお医者さんがいる病院はパラダイスですね!

 

病院へ行くフレンチブルドッグたち。緊張している子から、リラックスしている子まで、いろんな姿を見せてくれました。

フレンチブルドッグには欠かせない病院通い。いろいろなアイデアで緊張をときほぐしてあげるのも、フレブルオーナーであるわたしたちのお仕事かもしれませんね。

いいなと思ったらシェア

この記事のタイトルとURLをコピー

おすすめ記事