2017年6月6日1,875 View

トークをしよう!「もしも、自分のフレブルが人間だったら…」

フレンチブルドッグは、本当に人間らしい生き物です。では、「もしも我が子が本当に人間だったら…」とじっくり考えたことがある方は、どれくらいいるのでしょうか。

ちょっとこのへんで、家族やブヒ友だちと一杯飲みながら、じっくりトークをしてみてはどうでしょう。

それはもう、どんな“おつまみ”よりも最高の酒の肴になりますから。

 

あなたの愛ブヒが小学生だったらどんなタイプでしょう。そして、結婚するとしたらどんな人…?

この記事のタイトルとURLをコピー

French Bulldog Lifeが提案する、2つの議題

フレンチブルドッグ会話

Model:@donguri_gland(Instagram)

トークをするには、お題が必要。FBL(French Bulldog Life)から、わかりやすい2つの議題を“実際のトーク例をふまえて”ご提案です!

 

1、愛ブヒは、クラスでどんなタイプ?

あなたの愛ブヒは、今小学校4年生。低学年ほど幼稚ではないし、高学年ほど大人びてもいない。個性がもっとも出やすい、小学4年生です。

 

さて、あなたの愛ブヒはどんなタイプでしょうか。実際のフレブルオーナーによるトークをご覧いただきましょう。

 

【メンバー】

A子:愛ブヒはクリームの女の子

B子:愛ブヒはブリンドルの女の子

C男:愛ブヒはパイドの男の子

 

フレンチブルドッグ会話

Chalky/shutterstock

 

A子:うちはクリーム(白)の女の子と暮らしているんだけど、いつもおだやかで、とくに他の犬には興味がない感じ。

もしクラスにいたら、「休み時間は読書ばかりしている」おとなしいタイプかも。

 

B子:しかもあれでしょ?小学4年生とは思えない、文字が小さい大人な本を読むタイプじゃない?

 

A子:そうそう!クラスメイトの男子に「お前、またそんな本読んでるの?」とか言われたりして。でも、「うん…」って軽くうなずくだけで、スルーみたいな。

 

C男:それでいうと、俺のところ(パイドの男の子)は、「また本読んでるの?」とかデリカシーなく言っちゃうタイプだなぁ。

体育の授業に命をかけていて、勉強はできないけどスポーツだけは万能っていう。

フレンチブルドッグ会話

Holger Kirk/shutterstock

 

B子:そういう子って、クラスにひとりは絶対いたよね!いつもパンツ一丁で教室を走り回って、女の子にギャーギャー言われたりしてさ。

 

A子:わかるなぁ。ちょっとませた女の子に「もう〜やめなよ〜!」とか注意されてね。

 

B子:たぶん、うちの子(ブリンドルの女の子)は、そういうタイプだわ。「もうすぐ高学年なんだし、いつまでもそういうのヤメなよ〜」とか言ってね。でも、なんか笑ってるんだよね!

フレンチブルドッグ会話

Eric Isselee/shutterstock

 

C男:そしてその二人は、いずれ恋に落ちるんだよ。やっぱり小学生の頃からちょっと生意気で目立ってた男女って、中学生くらいになると付き合ったりしない?

 

B子:え〜!それは親として許せないなぁ…。

 

A子:ははは。たぶんうちの子は、そんなふたりに興味ないふりをしてるけど、内心どこかでうらやましかったりするんだろうなぁ。

 

 

2、どんな人と、結婚しそう?

愛ブヒもどんどん大人になり、結婚してもおかしくない年齢になってきました。さて、あなたのフレンチブルドッグは、どんな人と結婚するのでしょうか。

 

先ほどと同じメンバーのトーク例をご紹介です!

 

【メンバー】

A子:愛ブヒはクリームの女の子

B子:愛ブヒはブリンドルの女の子

C男:愛ブヒはパイドの男の子

 

フレンチブルドッグ会話

Eric Isselee/shutterstock

 

B子:さっき恋愛の話が出たけど、愛ブヒが人間だったら、どんな人と結婚すると思う?ちなみにうちの子(ブリンドルの女の子)は、C男のところ(パイドの男の子)に嫁にいかせるつもりはないけど。

 

C男:なんでよ〜!けっこう相性よさそうじゃない?

 

B子:うちの子はねぇ、恋愛と結婚はわけて考えるタイプだと思うよ。たぶんどこかの企業のOLになって、同じ職場の営業の人とかと結婚しそうな感じ。

C男のところは、「おれはミュージシャンになる!」とか言って、いつまでも夢を追いかけてそうじゃん。

 

A子:ふふ。ちょっとわかるなぁ。でもさぁ、小学校時代に真面目だった子って、大人になってそういう夢を追いかける男子に惚れたりしない?「私にないものをもってるの…」とか言って。うちのクリームちゃんは、そういう可能性もあるなぁ。

フレンチブルドッグ会話

immstudio/shutterstock

 

C男:おぉ!じゃぁA子のクリームちゃんが、うちのパイドくんに恋をするわけだ!クリームちゃんみたいな奥さんだったら、最高だろうなぁ。毎日仕事で疲れて帰宅をしたら、おいしいごはんが待ってるんだよね。うちの子、めっちゃおいしそうに食うよ?

 

B子:なんでも美味しそうに食べる男子は、悪くないね(笑)でもさ、昔おとなしかった子って、恋愛パターンが2つにわかれる気がしない?

自分にもってないものを持っている人に憧れるか、共通の趣味(読書)を持っていて、意気投合してそのまま付き合うみたいな。

 

A子・C男:たしかに!

 

B子:A子のところのクリームちゃんは、後者のような気がするけどなぁ。大学でたまたま同じ本を読んでいる男子がいて、そこからお互い意識しはじめて。

でさ、なんだかんだあって付き合って、そのまま結婚するみたいな。

 

C男:一番いいパターンじゃん!

 

A子:想像できるなぁ。意外と、うちの子みたいな昔おとなしかった子の方が、結婚するのが早かったりするよね。素敵な旦那さんと結婚して、マイホームとか立てたりするんだろうなぁ。

 

C男:そのとき俺のパイドくんは、ひたすらミュージシャンという夢を追いつづけてるんだろうね。小さなライブハウスで歌ってさ、もう俺全部見に行っちゃうよ…!

フレンチブルドッグ会話

Holger Kirk/shutterstock

 

B子:親心だねぇ。うちのブリンドルちゃんも、恋愛経験は豊富だけど結婚までの道のりは長そうだなぁ。久々の同級会でC男のパイドくんに会ったら、お互い「やっぱり安心するね」とかいって付き合いだしそう。

 

C男:あ〜、おとなの同級会あるあるだ!

 

最後に…

いかがでしたか?今回は、「A子・B子・C男」3人のトークを例に2つの議題を提案してみました。

 

他にも、「先生から通知表になんて書かれそう?」「好きな人にふられたら、どうなっちゃうと思う?」など、話し出したらとまらない議題がたくさんありますよ。ぜひ家族やブヒ友だちと「もしもトーク」をしてみてはいかがでしょうか。

 

片手にお酒、足元には愛ブヒという、極上の空間で。

おすすめ記事

いいなと思ったらシェア

この記事のタイトルとURLをコピー