2022年5月5日2,381 View

(ブォン!!)留守番カメラも驚いたと思う…フレブル執念の脱走劇に世間がザワついてた【動画】

今回は、フレブル執念の脱出劇をご紹介。って、本来ならば絶対にやってはいけないことなのですが、その姿があまりに必死で笑ってしまうどころか、うっかり応援しちゃうような光景になっているのでした。これはもう、いろんな意味でスゴすぎる!

留守番カメラは見た。

先に触れた通り、主役フレブルは今超絶戦闘モード。

 

その相手はもちろん、ペット用の『ゲート』です。

 

(プルプル…)

 

ね、まさに戦っている状況ですよね。

 

とは言え、ゲートは脱走防止用に置かれているのですから、なかなか困難を極めているよう。

 

決して長くはない足をどうにかこうにか動かして、パワーで乗り切ろうと頑張り続けているのでした。

 

しかし、何度やっても「スカッ! スカッ!」と空振りするばかり。

 

あと一歩のところで引っかからないのです。

 

もう絶対諦めないと見た

しかし、開始数秒でビシビシ伝わるのがその「しつこさ」。

 

彼はもう、諦める気などさらさらなさそうで。

 

(ガシャンッ!!)

 

何度足を踏み外しても諦めずに挑み続けるのでした。

 

その姿はもう犬には見えないほど、熱心に。

 

(ガシャンッ!!)

 

むしろ、普段よりフォルムが美しくなっているような気も…。

 

しかしここで、申し訳ないけれど爆笑不可避なシーンに突入するのでした。

 

体操選手のソレにしか

何度も失敗を繰り返したフレブルは、ここで知能を持ち出します。

 

そう、それは“遠心力”。

 

見た目はまるで体操選手かのように美しく、きっちり足を揃えて思い切り…。

 

(ブォン!!)

 

足を投げ出し揺らしたのです。

 

その作戦は素直に褒めたいものですが、しかしこのポーズだけは…。

 

どこからどう見てもファニー。

 

何なんですかこのポーズは。

 

そう、犬のポーズとしてはあり得ないほど美しく、キチンと足を揃えて踏ん張っているのでした。

 

もう、ここまでくると感心しちゃう。

 

あまりに強い執念の姿を見ていると、一周して応援したくなるような、不思議な雰囲気をつくりあげているのでした。

 

脱走劇も終盤に入り…

最初の連続空振りから体操選手モードを経て、いよいよコツを掴んだ様子のフレブル。

 

ついに後ろ足が柵を越えて…!

 

そのまま体を滑らせるように体重移動をさせ、うまく階段上に着地!

 

そして、まるで何もなかったかのように無事脱走を成功させるのでした。

 

あまりに熱心な姿からは、なんだかもう一本の映画を見終えたような疲労感が。

 

当の本犬もきっと「手こずらせやがって…」なんて思っていたことでしょう。

 

っていやいや、絶対にダメなんですけれどね、脱走は!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

chica(@chica.y)がシェアした投稿

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

絶対にお姉ちゃんと遊びたいフレブルが執念の大ジャンプ、やたら忙しい一部始終に爆笑!【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧