2022年9月15日1,364 View

【すんすんしてばかりで散歩が進まない…】におい取りはどのくらいさせるべき?犬にとってのリフレッシュタイム「すん活」の正しい方法3つ

国際的なドッグトレーナーライセンスを取得している大久保羽純さんに、愛ブヒを正しく守り、導き、固い信頼関係を築くための方法を学ぶこの特集。今回は、どんなブヒでも必ずやるお散歩時の“すん活”について。すんすんばかりで進まない、汚い場所にも行きたがるなど、やきもきすることもありますよね。そこで今回は、正しい“すん活”について学びます。

フレンチブルドッグ,しつけ

あぁ…今日の散歩も、すんすんばかりで進まない

フレンチブルドッグ

Kittibowornphatnon/shutterstock

 

今回のテーマは「におい取りはどれくらいさせればいいの?」です。皆さんは、どれくらい愛ブヒとのすんすん時間を楽しんでいますか?

 

ドッグトレーナーである私によく相談されるケースは、

 

・愛犬がにおいを嗅ぎ続けて、全然前に進めなくて困っている。どれくらい付き合えばいいの? 

・におい取りをさせてあげたいけれど、危ないところにも行くから困る。

・においを嗅がせ続けていたら、食べ物を見つけて、誤飲をしそうになって怖かった。

・におい取りをさせるような自由を与えたら、しつけに悪いんじゃないの? 

 

など、じつにさまざま。そこで今回は、愛ブヒたちとの適切な“すんすん”について掘り下げてみましょう! 

 

皆さんと愛ブヒの幸せな“すん活”に、今日からお役立てください♪

 

「におい取り」ってどれくらいさせればいいの? 

フレンチブルドッグ

Kittibowornphatnon/shutterstock

 

早速ですが、「におい取りは、どれくらいさせればいいの?」の答えからいきましょう! 正解は…

 

「いくらでも、すんすんしたらいいんじゃないのー?」です!! 

 

皆さんから「はぁ!? ちょっとこのトレーナー、なに無責任なこと言ってんのよー! それじゃあ時間はいくらあっても足りないし、危ない目に遭うリスクも高くなるじゃないのー!」という不満の声が聞こえてきそうです。

 

おっしゃるとおり! これだけじゃあ、無責任な回答ですよね。なのでもう少し、この意味について詳しく説明をさせてください。

 

皆さんのご想像通り、いつでもどこでも、好きなだけにおい取りをして良いという訳ではありません。適切なすんすん、“すん活”を楽しむためには<3つの大原則>があるのです。

 

<すん活大原則その1> 

危険な場所では、すん活はやめるべし! 

 

車や自転車の往来がある場所は事故のリスクがありますから、すん活は控えましょう。また食べ物が落ちていそうなベンチのそばやゴミ置き場、何があるか見えない草むらの奥などは、誤飲の危険もあるため避けましょう。

 

<すん活大原則その2> 

人間社会の迷惑になる場所のすんすんはやめるべし! 

 

すん活ついでにマーキングをしたくなる子もいます。排泄NGの場所(人の家や店の前、エレベーター内など)でのすん活は控えましょう。

 

またトラブルを避けるため、子どもたちが多い場所、ピクニックなどで食べ物が広げてある場所なども控えて。

 

すん活大原則3つ目は、少し後で紹介するとして…、要するに<すん活大原則>1と2は、“人と犬の安全を守ろう”ということなのです。

 

人間だって、スマホを触ること自体は何も悪くありませんが、歩きスマホや運転中など、自分や他人の迷惑や危険につながる使い方はダメですよね。

 

つまり楽しいすん活は、安全な状況の中でこそ成立するのです! 

 

やめるべしって言ったってやめてくれないよ! 

フレンチブルドッグ

Valdis Muiznieks/shutterstock

 

「安全を守ろうと言われても、愛ブヒが好き放題すんすんするんだよ!」と思っている皆さん、お気持ちはとてもよくわかります。安全でないところでのすん活を避けるためには、以下の作戦がオススメです。

作戦1:愛ブヒのオヤツやごはんを持って散歩に出る

すんすんして欲しくない場所では「行こう!」と誘いながら足早に通り過ぎ、お礼に食べ物をあげる。

作戦2:危険な場所は徹底して避ける代わりに、安全にすんすんできるところではたくさんすんすんしてもらう! 

散歩での安全なすん活には、メリハリが大切です。終始ダラダラすん活をさせるのではなく、オーナーさんが環境を判断しながらにおい取りを楽しみましょう! 

 

お互いのできる範囲を探していこう!

フレンチブルドッグ

Hanna31415/shutterstock

 

そしていよいよ、最後の大原則を紹介します。

 

<すん活大原則その3> 

オーナーと愛ブヒ、お互いのハッピーを目指すべし。

 

犬にとってのにおい取りは、人間にとっての読書や、SNSなどのようなもの。私達にはわからない鼻の良さで、プンプン匂う場所から、たくさんの最新情報を得ています。

 

みなさんだって、スマホやら本やら、情報が溢れているものは大好きですよね。ついつい時間を忘れて、のめり込んでしまいます。

だからこそ、

(1)愛ブヒがにおい取りをしたくて

(2)オーナーさんの時間があって

(3)安全な場所

であれば ぜひ、愛ブヒの気が済むまですん活に勤しんでほしいのです。犬にとってリフレッシュであり、脳トレの時間でもありますから。

 

しかし、難しいのはどれくらい付き合うか…でしょう。いくらでもやらせてあげたいけれど、時間がないとか、体力的にキツイ日に延々散歩に付き合う事になってしまうと、それはオーナーさんのストレスになって長続きしません。

 

愛ブヒとオーナーさん、どちらかが負担になる形ではなく、お互いが程よく満足できる状態を探していきましょう。

 

時間がある日は精一杯すん活に付き合うこともあれば、オーナーさんが大忙しい日は、少し我慢してもらう日もあるでしょう。

 

<すん活大原則その3>の“オーナーと愛ブヒ、お互いのハッピーを目指す”は、日々の中でとても大切なことなのです。

 

すんすんはしつけに良くないって本当?

フレンチブルドッグ

Gryllus M/shutterstock

 

たまに聞く話ですが「しつけのために、におい取りをさせません!」というオーナーさんもいるようです。

 

しかし、においを嗅がせたからといって、別にしつけは崩壊しません。すん活は、犬にとっての大事な趣味ですから。

 

人間の子供だって、スマホを見ること自体ではしつけは崩壊しませんよね。しかし、スマホが楽しすぎるあまりに、親のお願いを無視するようになると、生活に支障が出てしまいます。

 

犬も同じで、すん活が楽しすぎるあまりに、お散歩でオーナーさんが望む方の道に進まなくなったり、危険に巻き込まれたりするから困ってしまう訳です。

 

だからといってすん活すべてを禁止にするのは厳しすぎます(みなさんだって、スマホ禁止なんて嫌ですよね)。

 

ここまででお伝えしたとおり、安全な環境下で、オーナーさんも愛ブヒも無理しない範囲でのすん活を禁止にする理由なんて無いのです。

 

なぁ、実はすん活って、家でも楽しめるんだぜ

フレンチブルドッグ

Olga Kri/shutterstock

 

ブヒのリフレッシュにすん活はオススメ。とはいえ、散歩中のすん活が難しい環境の方や、すん活に時間をかけることが難しい日もあるでしょう。そんなときは、家ですん活しちゃいましょう!

 

家の中に好きなオヤツを隠して、クンクンしながら探し当てる遊びも、立派なすん活です。食べ物を入れた知育玩具で遊ぶことだって、楽しいすん活です。

 

ノーズワークと言われる、嗅覚を使った犬との遊びや競技は、世界的に流行っています。動画サイトなどで検索すると、室内でも楽しめるすん活アイデアが豊富にありますよ。

 

外だと愛ブヒのコントロールが難しい場合、無理せず、安全な家の中でのすん活を楽しみましょう! 

 

こんなときは、専門科に相談

フレンチブルドッグ

icebergpicture/shutterstock

 

愛ブヒのすんすんしたい気持ちが強すぎて、オーナーさんがコントロールできなくなり、散歩が危険になってしまうご家族様もいます。そんなときは、どうか一人で悩まずに、専門家に相談をしましょう。

 

ドッグトレーナーに依頼をする場合も、複数人と面談するようにしましょう。そして、そのトレーナーが、生活環境の設定に関しての知識と豊富な経験を持っているか、学術的、科学的知識をもって動物福祉と動物への倫理に基づいた指導を安全に行える人材かどうか、オーナーさんが確認をするようにしましょう。

 

PERRO株式会社 代表取締役 大久保羽純

PERRO株式会社 代表取締役 
SUNNY Dog Training Partner代表 大久保羽純

米国CCPDT認定CPDT-KAライセンス所持プロドッグトレーナー

日本とニュージーランドでトレーニングを学び、現在は東京で「犬と人の心をつなぐトレーニング」を広めている。

「Happy Dog Training for LOVE & PEACE」をモットーに、しつけ方教室を始め、各種ドッグイベント開催、企業のコンサルティング、行政からの講演依頼、保護活動への協力、東京都動物愛護推進員など、日々犬と人の暮らしを楽しいものにする活動を行っている。

 

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧