2017年7月28日815 View

絵本『ファニーは空飛ぶフレンチブルドッグ』が感動的〜本当の家族とは〜

世界中で大人気のフレンチブルドッグ。彼らが主人公になった絵本もたくさん出ています。

なかでも『ファニーは空飛ぶフレンチブルドッグ(Fanny the Flying French Bulldog)』は、やわらかな水彩画タッチの絵が素敵だと、アメリカを中心に大人気。

今回は、『ファニーは空飛ぶフレンチブルドッグ』についてご紹介します。

この記事のタイトルとURLをコピー

フレンチブルドッグ絵本

Model:@radin_outside(Instagram)

『ファニーは空飛ぶフレンチブルドッグ』

フレンチブルドッグ絵本

『ファニーは空飛ぶフレンチブルドッグ(Fanny the Flying French Bulldog)』は、その名のとおりフレンチブルドッグが主人公の絵本。

 

Nelson Bloncourt氏がストーリーを、 Nikita Polyansky氏がイラストを担当しています。

 

対象年齢は4-8歳なので、日本人でも比較的読みやすい英語になっています。

 

 

ストーリー

フレンチブルドッグ絵本

出典:Glitteratiincorporated

『ファニーは空飛ぶフレンチブルドッグ』は、パイド(白黒)の「ファニー」が主人公。

 

一緒に暮らす人間の家族も大好きだけど、自分の本当のお母さんが恋しくなったフレンチブルドッグの「ファニー」。

 

ある日、お母さん探しの旅に出ようとしたファニーは自分が空を飛べることに気づきます。

 

「空を飛んで、本当のお母さんに会いに行こう」、そう心に決めたファニー。

 

住んでいる街を空から見たり、鳥にあいさつをしたり。

 

ファンタジーあふれるファニーの冒険を通して“家族の本当の意味とは何か”を描いた心あたたまる絵本です。

 

お子さまの英語のお勉強にも

フレンチブルドッグ絵本

出典:Glitteratiincorporated

こちらの絵本は、英語圏の子ども向けにつくられています。

 

文字数も少なく、とても読みやすいので、英語をお勉強中のお子さまにもピッタリです。

 

フレンチブルドッグと暮らしている子は特に愛着がわき、楽しく読んでくれそうですね。

 

 

インテリアにも!ハードカバーの大きめサイズ

フレンチブルドッグ絵本

『ファニーは空飛ぶフレンチブルドッグ』は、およそ「25×29cm」の大きめサイズになっています。

 

さらに、厚みが1.5cmもあるハードカバータイプなので立てかけることも可能。

 

お気に入りのページを開いてリビングに飾れば、素敵なインテリアにもなります。

 

 

日本ではめったに手に入らない絵本『ファニーは空飛ぶフレンチブルドッグ』。

 

お子さんと楽しんだり、インテリアにしてみたり。いろんな用途で楽しんでみてはいかがでしょうか。

  • 『ファニーは空飛ぶフレンチブルドッグ(Fanny the Flying French Bulldog)』

    『ファニーは空飛ぶフレンチブルドッグ(Fanny the Flying French Bulldog)』

    空飛ぶフレンチブルドッグ「ファニー」が、本当のお母さんを探しに旅に出るお話。ファニーの冒険を通して家族とは何なのかを探る、大人も楽しめる絵本です。

    サイズ:約25×29cm
    厚さ:1.5cm
    ※ハードカバータイプです

いいなと思ったらシェア

この記事のタイトルとURLをコピー

おすすめ記事