2017年8月12日1,486 View

「フレンチブルドッグ×和の世界」に、胸がキュッとする〜センチメンタル〜

フランスで誕生したフレンチブルドッグですが、「おじさん」と形容されがちな彼らには、昔ながらの日本家屋がよく似合います。

今回お届けするのは、「フレンチブルドッグ×和の世界」。まるで、田舎でセカンドライフをおくるおじんさんのようなフレンチブルドッグたち…必見です!

この記事のタイトルとURLをコピー

フレンチブルドッグ和室

Model:@radin_outside(Instagram)

フレンチブルドッグ×和の世界

まずご紹介するのは、凸凹パイドーズの姉こと「こづゆ」。古民家暮らしをしている友人の家へ遊びに行ったときの一枚です。

 

レトロなアイテムに囲まれた和の世界。その真ん中に立ち、笑顔でこちらを見つめるこづゆは、昔ながらの旅館を支える女将さんのよう。

 

 

つづいては、“ちょびのん”こと「ちょび助&のんの」。

 

日本家屋の縁側で夕涼みをする、ちょびのん。夏らしい素敵な一枚…ちょっぴりセンチメンタルな気分になりますね。

 

radinさん(@radin_outside)がシェアした投稿 -

 

 

こちらは、和室の真ん中でおちゃらける、ちょび助。夏休みに田舎でくつろぐ、おじさんのようですね。

 

radinさん(@radin_outside)がシェアした投稿 -

 

 

最後はやっぱり、このふたり。

 

「フレンチブルドッグ×和の世界」ではずせないのが、フレンチブルドッグの「りく」と、親友のノボルさん。

 

縁側でくつろぐふたり。ここだけ時間の流れがゆっくりしているみたい…とても穏やかです。

 

rabiさん(@rabi1217)がシェアした投稿 -

 

ノボルさん愛用のカートから、降りる気配のないりく。「遊ぶか?」と目で会話しているようです。

 

rabiさん(@rabi1217)がシェアした投稿 -

 

こちらは、部屋の中から外を眺めるりく。部屋のつくりも家具も、昔ながらの日本を彷彿とさせます。

 

rabiさん(@rabi1217)がシェアした投稿 -

 

 

いかがでしたか。フランス生まれのフレンチブルドッグですが、「おじさん」のような見た目と性格は日本の和室にぴったり。

いまの時代、なかなか縁側のある日本家屋でフレブルと暮らすのは難しいですが…ペット可の旅館や田舎へ帰ったときなどに「フレンチブルドッグ×和の世界」の写真を撮影してみてはいかがでしょうか。きっと、よく似合いますから。

いいなと思ったらシェア

この記事のタイトルとURLをコピー

おすすめ記事