2017年9月13日2,060 View

【海外取材】大型犬と暮らすフレンチブルドッグ「クロエ」〜仲良しの秘訣、ごはんは別々?〜

以前French Bulldog Lifeでもご紹介して話題になったフレンチブルドッグの「クロエ」と大きなお姉さん「メイシー」。ふたりはアメリカのテキサス州に住んでいます。

そんなふたりと暮らすお母さんに、大きさの違うふたりとの暮らしや大きさの違う犬種の多頭飼いのコツなど、いろいろ聞いてみました!

この記事のタイトルとURLをコピー

クロエとメイシーのお母さん、ふたりのこともっと教えて!

 

クロエは生まれて7ヶ月、フレンチブルドッグの女の子。3歳のお姉さんメイシーと暮らしています。

大きさの違うふたりですが、おそろいのグレーの毛色がまるで親子のようにも見えるんです。

 

以前の記事はこちらをどうぞ。

大型犬と暮らす、子犬のフレブルに胸キュン!テキサス在住の「クロエ」

 

—クロエを家族に迎えようとしたきっかけはなんですか?

「クロエが我が家に来たのは、先住犬のゴールデンレトリーバー、バーバラが亡くなってからのことでした。

 

小さい犬種がいいなと思い、様々なブリーダーに足を運んでいろいろな子犬を見たんですが、グレーの毛色のクロエを見た瞬間“うちのメイシーと同じ毛の色だ!”ということに気づき、家族にするならこの子しかいない!と思いました」

 

—メイシーに初めてクロエを紹介したときはどんなようすでしたか?

「メイシーは、クロエを初めて見たときからとてもいいお姉さんでした。

 

まるで、自分よりずっと小さなクロエには注意して触れ合わなくてはいけないとわかっているようでした。

 

クロエは姉メイシーがどこへ行くにもついていき、真似をすることでいろいろなことを学んだと思います。

 

メイシーはわたしたちの知る中で一番我慢強く、いい先生です」

 

はじめて出会ったふたり

動画提供:クロエとメイシーのお母さん

 

—クロエとメイシーの性格を教えてください。

「メイシーはとても穏やかで優しい性格の持ち主です。とても寂しがりやでもあります。

 

フレブルのクロエはというと、怖いもの知らずで世界が自分を中心に回っていると思っているようです。

 

クロエは番犬として、いろいろな人にわんわん吠えますがメイシーは本当に悪い人が来ない限りじっとしています。

 

ふたりはとてもバランスの取れたコンビだと思います。

 

食べ物についてもふたりとも全く好みが違って、クロエは基本的に何でも食べるのに対してメイシーは床に落ちたご飯は食べません。

 

ステーキなら落ちても食べますが…。」

 

—違う犬種の多頭飼いを考えている方にアドバイスをお願いします。

「家族に迎えたいと思っている犬種について、できるだけ調べることが大切だと思います。

 

それと、最初の何週間かは犬たちのためにしっかりと時間を持てること。最初が肝心です」

 

 

大きさの全くちがうクロエとメイシー。お母さんたちの努力もありますが、メイシーの優しさに助けられてふたりは仲良く暮らせているようですね。そんなデコボコ仲良し姉妹から、これからも目が離せません!

いいなと思ったらシェア

この記事のタイトルとURLをコピー

おすすめ記事