2023年5月8日3,369 View

すでに最高気温25度。5月中にすべきフレブルの夏支度はこれ!

次のお休みは何しようかな〜、と愛ブヒとの楽しい予定を立てている皆様。いよいよ季節が前に進み、緑眩しい初夏がやってきますね。まあフレブルオーナーとしては急激な気温の上昇にハラハラする時期ではありますが、せっかくの眩い季節をまあるいやつらと存分に楽しみたいものです。けれどもその前にしておきたいことがふたつみっつあって、それはズバリ愛ブヒのための夏支度。何せ気温変化に敏感な彼らだもの、快適に汗ばむ季節を乗り切る工夫が欠かせないのです。

クーラーは準備OKですか〜?

フレンチブルドッグ,夏,準備

Veran36/Shutterstock

 

毎年夏が来るたびにますます暑く過酷になっていると実感しますが、5月ともなると25度を超える夏日を記録する日が一気に増加します。

 

そんな時はエアコンの出番ですが、わりと耳にするのが「使おうとスイッチを押しても作動しない」というトラブル。

フレンチブルドッグ,夏,準備

Patryk Kosmider/shutterstock

 

特に冬場の暖房にエアコンを使わないご家庭に多く、久々にスイッチを入れて初めて故障に気づくパターンが大半です。

 

そんな時、もし夏日でブヒを留守番させる必要があったら…なんて思うと血の気が引きますよね。

フレンチブルドッグ,夏,準備

Dmitriy Simakov/shutterstock

 

特に5月6月というのは夏本番に備えてエアコンがよく売れる時期であることから、設置に人員が割かれ修理を頼んでもすぐに来てくもらえないことも。

 

そうなると修理までの数日間を冷房なしで凌がなければいけなくなるので、今のうちにブヒが普段過ごすお部屋のエアコンが正しく作動するかのご確認を。

フレンチブルドッグ,夏,準備

Patryk Kosmider/shutterstock

 

また、そのついでと言ってはなんですが、エアコン本体のクリーニングもおすすめします。

 

というのも最近のエアコンは自動掃除機能付きのものが中心で、このタイプは自分で掃除するのが困難。

 

いくら勝手にエアコン自身が掃除してくれるとはいえ、何年もそのままだとかなり内部に汚れが溜まっています。

フレンチブルドッグ,夏,準備

MARCHPN/Shutterstock

 

そんな汚れた状態のエアコンを使っていると、エアコン内部でカビが繁殖し排出する空気でカビが拡散される恐れが。

 

当然ヒトにもブヒにも悪影響で、特にアレルギー体質のフレブルにとっては症状の悪化につながります。

 

以前筆者がエアコン掃除のプロに聞いたところ、使用状況にもよるけれど2年に1度くらいの頻度でプロの手を借りるのがベストだそうですよ。

 

ラグやベッドも一緒に衣替えを。

フレンチブルドッグ,夏,準備

fongleon356/Shutterstock

 

愛ブヒのお洋服を夏用と冬用で分けているように、ペットベッドも夏物・冬物で使い分けるのが基本。

 

冬はフリースや起毛などの暖か素材、夏は接触冷感などのサラリと冷たい生地のベッドがおすすめで、特にベッドは熱がこもりやすい構造のものが多いことから寒冷地以外では5月の時点で夏用にシフトを。

フレンチブルドッグ,夏,準備

Stepan Khadzhi/shutterstock

 

その際、お部屋のラグなども夏用に敷き替えてはいかがでしょう。

 

ちなみに筆者宅は秋冬は毛足長めのラグ、初夏から夏はインド綿の遊び毛なしの薄い色のラグを敷いていますが、これは涼しさを求めるだけでなく、虫が見つけやすいから(笑)。

フレンチブルドッグ,夏,準備

Trin Wi/shutterstock

 

暑い時期っていくら対策していても虫が入ってくるし、ノミ・ダニ予防薬をしていてもお散歩中に外からもらってくることも多いですよね。

 

その際に毛足の長いラグだと奥に入り込まれる恐れがあるけれど、明るい色で毛足の短いものだと捕獲しやすいという利点が。

フレンチブルドッグ,夏,準備

Istvan Csak/shutterstock

 

また、雨が増える初夏には除湿器が活躍します。

 

このぐらいの時期って湿度が高くても気温は低めという日も多く、エアコンの除湿機能だと寒く感じませんか?

 

実は一般的なエアコンの除湿(ドライ)機能は弱冷房除湿と呼ばれ、冷房と同じ仕組みで作動するもの。

 

そのため室温も下がるので、室温を下げない除湿機が活躍します。

フレンチブルドッグ,夏,準備

bozsja/shutterstock

 

フレブルは温度にも湿度にも敏感な犬種。

 

高い湿度はカビやダニの発生&熱中症の原因ともなるので、除湿機を導入するのがおすすめです。

 

オーナーさんも夏時間に体を調整。

フレンチブルドッグ,夏,準備

Africa Studio/Shutterstock

 

毎日定時に出勤する人や日頃から早寝早起きが習慣化できている人にはあまり影響がないかもしれませんが、ブヒオーナーさんの中には筆者同様に冬場は日が昇り切った暖かな時間に散歩をしている人も多いかと思います。

 

9時頃にのんびり散歩へというのが冬から春先の定番ですが、初夏から夏の間は熱中症リスクを避けるため日の出前の散歩が必須に。

 

なので普段以上に早起きしなければならない数ヶ月間がやってくるわけです。

フレンチブルドッグ,夏,準備

Phunphitphat/shutterstock

 

筆者は正直、早起きが苦手。

 

中年になっても布団から出るのにグズグズする残念な人間なので、今の時期から少しずつ早起き生活に体を慣らす必要があります。

フレンチブルドッグ,夏,準備

Aleksei Andreev/shutterstock

 

これが1日だけの早起きなら問題ないけれど、この先数ヶ月は早朝散歩生活が継続。

 

それに合わせ生活リズムを整えておかないと、夏のフレブルライフには対応できなくなるんですよ。

 

なので4月頃から徐々に寝る時間と起きる時間を前倒しして訓練(?)するわけですが、何しろ春眠どころか年中暁を覚えず眠たい女。

 

こんなオーナーさんは筆者以外にもきっといる(いてくれ!)と思うので、早起きに自信がない方は今のうちに生活リズムを夏時間にシフトしてくださいね。

 

おわりに

フレンチブルドッグ,夏,準備

Taisya Korchak/Shutterstock

 

太陽が降り注ぐ青い空を見上げると、もうすぐ夏がやってくるんだなあと実感しますね。

 

フレブルにとって夏は過ごしやすいとはいえない季節だけれど、まずは彼らの夏支度をしっかり完了し、これから来る眩しいシーズンを乗り切りましょう。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

【フレブルLIVEまでにLet’s旅トレ】今から準備して最高の時間を!

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧