2023年10月23日6,623 View

愛ブヒが旅立ったとき「ウルフギャングのリードでよかった」と思えた理由。【新作もご紹介】

編集部もすっかり虜(とりこ)なウルフギャングのリード&ハーネス。

「軽い、頑丈、持ちやすい」の重要ポイントをおさえ、デザイン心も忘れないところがお気に入りの理由。

今日は、愛ブヒが旅立った時にも「ウルフギャングでよかった」と感じたエピソードをお伝えさせてください。

通算20本以上のウルフギャングのリード&ハーネスを使ってきた編集メンバーの思い出とは…?

 

(PR 株式会社フォーチュン)

「もう4年以上、ウルフ以外のリードを握っていない」

フレンチブルドッグ,ウルフギャング,リード,ハーネス

フレンチブルドッグと暮らす編集メンバーにも愛用者が多い、ウルフギャングのリード&ハーネス。

 

個性的なボディ、デリケートなお肌、引っ張る力の強さ。

 

フレンチブルドッグの特徴を考えるほど、彼らのリード&ハーネス選びは大変。

フレンチブルドッグ,リード,ハーネス,ウルフギャング

 

ウルフギャングは、私たちが手にしてきたリード史上最も軽くて薄く、とにかく持ちやすい。

フレンチブルドッグ,ウルフギャング,リード,ハーネス

 

その上シートベルトと同じ素材を使っているので、力が強いフレンチブルドッグをしっかり支えてくれるのです。

 

筆者はウルフギャングに出会って依頼、4年以上他のリードを握っていません。

 

それくらいフレンチブルドッグにぴったりで、彼らと我々オーナーを支えてくれる安心感があります。

 

旅立ち後の思い出が、より深く。愛ブヒ専用デザインのような個性

ウルフギャングは機能面だけでなく、デザインが豊富なことでもおなじみ。

 

次々と新作が出るので、他の子と被りにくく、まるで「うちの子専用デザイン」みたい。

 

2年前に愛ブヒが旅立ったとき、それを強く実感したのです。

 

ウルフギャングのデザインの中でも、ハイトーンな「しま模様」がよく似合っていた愛ブヒ。

 

私たち家族の中では「そのデザイン=愛ブヒの象徴」になっていて、たくさんの思い出が染み込んでいました。

 

毎日のお散歩、彼のお気に入りの道、一緒に泊まった宿、愛ブヒが乗っていた車の後部座席。

 

愛ブヒが旅立った後も、そのリードとハーネスを祭壇に飾り、目に入るたびにいろんなことを思い出させてくれるのです。

 

なんだか今も一緒にいるような感覚。

 

私たち家族にとって、ウルフギャングのリードとハーネスは、さらに特別なものになりました。

 

とびきり似合うデザインがある。ウルフギャングの新作たち。

フレンチブルドッグ,ウルフギャング,リード,ハーネス

個性的なデザインが多いウルフギャング。

 

なかでも愛ブヒにとびきり似合うものが、きっとあるはず。

 

性格やカラー、よく着るお洋服。

 

愛ブヒに一番フィットするデザインを選ぶのも、最高に幸せな時間です。

フレンチブルドッグ,ウルフギャング,リード,ハーネス

 

そして今回の新作もフレンチブルドッグに似合うものばかり!

 

 

HoundsPink(ハウンズピンク)

古いものと新しいものをブレンドし、そこにピンクをプラス。

 

伝統にモダンなひねりを加えたデザインは、あなたと愛ブヒの感性を刺激します。

 

 

 

MugShot(マグショット)

たくさんの犬たちを散りばめた、最高に個性的なデザイン。

 

さぁ、フレンチブルドッグはどこにいるかな?

 

 

 

ChevTech(シェブテック)

愛ブヒとあなたにエネルギーを与えてくれるカラフルなデザイン。

 

元気いっぱいに毎日の散歩に出かけましょう。

 

 

 

 

NewMoon(ニュームーン)

グレーとリッチゴールドを組み合わせた、アイコニックなアートワークがカムバック。

 

時代を超越したグラフィックを愛ブヒと一緒にお楽しみください。

フレンチブルドッグ,ウルフギャング,リード,ハーネス

 

 

紹介されたアイテム

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧