2018年9月8日2,251 View

愛ブヒを抱えて震えた台風の恐怖【大阪より緊急リポート】

関西に大きな爪痕を残した台風21号。FBLライターの私は大阪市内で夫と相棒ブヒである「大福」と暮らしており、自宅は大阪湾にほど近いエリアにあります。今年最強と言われた今回の台風21号は大阪に大きな被害をもたらしましたが、その被害は海に近いほど大きかったようで、もちろん私の自宅周辺でも様々な被害がありました。大型で速度がはやい台風だったため実際に恐怖を感じた時間はそんなに長くはなかったものの、その渦中にいる間は何時間にも思えて、家ごと吹き飛ぶんじゃないかと言う命の危険すら感じました。そもそも大阪市内はさほど災害の影響が少ない土地。先日の地震や水害などの際も市内はほぼ通常通りの生活を送れており、恥ずかしながら台風がこんなにも怖いものだと思ったことさえなかったのです。しかし、それが大きな間違いだったことが身に沁みた今回の台風。この体験によって、大切な家族の一員であるフレンチブルドッグを非常時にいかに守るかを改めて考えるきっかけになりました。そこで、今回の台風で得た教訓やワンコにまつわる情報をリポートしたいと思います。

この記事のタイトルとURLをコピー

都市の油断が招く危険。その時ブヒは…?

フレンチブルドッグ平均寿命

Runa Kazakova/shutterstock

高層ビルが立ち並び多くの人が生活する都市部、一般的に大都市と呼ばれる地域は、そもそも過去に災害が少なかったために発展して「都市」となったという背景があります。

 

最近は温暖化の影響か異常気象が続き大都市圏が被害に見舞われることが増えてはいるものの、天災に慣れているとは言えないのが実情ではないでしょうか。

 

実際今回の台風では、JR西日本や大手百貨店などが台風上陸の前日の時点で運休や閉店を決めていました。

 

でも、そのニュースを耳にした時も「なんだか大げさだな」と思った人も私を含め少なくはなく、“自転車や植木が倒れると危ないから家の中に入れておこう”レベルの対策しかしていなかった家が大半。

 

我が家も同じくで雨戸シャッターすら閉めずに、呑気にテレビで台風のニュースを見ていたのです。が、突然雨風が激しくなったなと思った瞬間、あまりの強風に家が地震のように揺れ始めました。

 

慌てて窓の外を見ると、空中にはどこかの家の瓦やバルコニーの屋根だったであろうパネルが舞い飛んでおり、向かいの並びの家の屋根の一部がバリバリと剥がれ上空に浮かぶ様子を目の当たりにしました。

 

それらが電線を巻き込みながら地面に激突し、再び風で舞い上がり…。そこでようやく我に返り、慌てて窓のシャッターを閉めたのです。

 

さて、この時点で自宅は停電していました。突如薄暗くなった部屋で、こちらの恐怖が伝わったのか足元を一切離れない大福。

 

大福は台風そのものに怯えたというよりも、飼い主である私たちが感じる恐怖を察知して怯えたようで、吠えることもなくただただ引っ付いていました。

 

こういう時こそ、ゆっくり撫でたり声をかけたりして愛犬を落ち着かせることが重要で、もしブヒがパニックになって暴れたりするとケガをしたりする恐れもあります。

 

飛来物で窓が割れたりすることもあるので、窓からは離れてなるべくケージなどに移動させ、事情がわからないワンコの安全性を確保してあげて下さいね。

 

停電時に暑さからブヒをどう守るか

クリーム

Runa-Kazakova/Shutterstock

ようやく台風が通過したその後、しばらく待っても一向に電気がつく様子はありません。

 

エアコンもテレビも停止し、まだ風が強いので窓も開けられず、蒸し暑い部屋でまず考えたのは大福の暑さ対策でした。

 

途中でポッキリ折れた電柱や切れてぶら下がってる電線を見る限り、電力の復旧は直ぐには難しいと判断したのです。

 

なお、一般的に冷蔵庫はドアを一切開けなければ約72時間は保冷できると言われているので、開ける回数を減らすためしばらく考えてから、クーラーボックスに保冷剤とその日食べる分の食品、飲料を移しました。

 

この時に本当に助かったのは、お散歩時の熱中症対策にと大量に凍らせていた保冷剤の存在。朝晩は涼しくても昼間は30度の暑さなので、フレブルには体を冷やせるアイテムが不可欠です。

 

幸い我が家は電気のみが止まっていたため水やガスは使えましたが、頼みの綱であるスマホを充電することもできず、契約している携帯電話会社が通信障害を起こしていたために一切のニュースが入らない状況でした。

 

そのためその時点では関空が機能停止していることも、神戸港の車両火災やコンテナが海に流出したことも全く知らなかったのです。

 

なお、災害時には行方不明となるペットが増加しますが、今回のような台風の場合は突発的に起きる地震などとは違い、前もって対策でき家にこもっている人が多かったために行方不明のペット数自体はそんなに多くなかったのが幸いでした。

 

ただ、台風から数日が経過した今なお電気が復旧してない地域もあるので、ドッグカフェや老犬介護ホームなど、電気が復旧している複数のペット関連施設がペット預かりなどを引き受けてくださっています。

 

これらはSNSで「#台風」「#停電」「#犬連れ」などのキーワードで検索できます。

 

台風一過のその後

Runa-Kazakova/Shutterstock

我が家で電力が復旧したのは台風上陸から約24時間後でしたが、同じ市内でも都心部では停電もなくいち早く日常を取り戻せたようで、一方未だ電気が復旧していないエリアもあります。

 

また、同じ町内でも電力で水道ポンプを動かしているマンションなどは水道が使えなかったため、ペットの飲み水の確保も大変だったそう。

 

人間の食料は調達しやすい状況でしたが、ペットフードは扱っている店が限られているので、非常時に備えて多目に買い置きしておくことが大事だと実感した他、例えば要冷蔵のフードなどは停電したら傷んでしまうため、ドライフードや常温保存ができるパウチ、缶詰のフードに愛ブヒを慣れさせておくことも大切です。

 

なお、大きなゴミや瓦礫の類は早い段階でまとめられ片付けが行われたものの、道路にはガラス片があちこちに残り、公園も倒れた木々が積み重なっている状況。

 

そのため散歩にはいつも以上に注意が必要で、肉球を守るための靴の重要性を改めて感じました。

 

ちなみに、今回大活躍したもののひとつが手拭いでした。タオルと違ってすぐに乾くので洗濯機が使えない中でも手洗いしやすく、もし保冷剤がなくても濡らして絞ればブヒの首やお腹に巻いてクールダウンに使えます。

 

あと、ランタンや電池、ロウソク(マッチゃかライターも)は必ず常備しておいてくださいね。

 

そういえば、ラジオはスマホで聞けば良いと思っていたので我が家には古いラジオしかなく、情報を求めてラジオをつけたらまともに音が入ったのはなぜか野球中継のみでした…。

 

この時ほど心底「なんでやねん!」と呟いたことはありません。

 

さて、地震と違い、事前にある程度の予測が分かる台風は備えることができます。

 

今回備えを怠った私が言うのもなんですが、規模の大小に関わらずやはりニュースで危険だとされている事象にはキチンと備えておくべきだと痛感した次第。それでなくても最近は災害が多いので、うちは大丈夫だろうという考えは通用しないのです。

 

おわりに

フレンチブルドッグパピー

Marharyta Lias/shutterstock

台風の後片付けに奔走している時に、北海道を襲った大地震のニュースが飛び込んできました。

 

台風や地震で被災された方々に、心からのお悔やみを申し上げるとともに、少しでも復興の力になれるよう自分のできることからやっていこうと思っています。

 

今、この国は全体が被災地域だと言っても過言ではないほどに、あちらこちらで災害が起こり、その復興途中でさらに新たな災害に見舞われています。

 

今まで大きな災害がなかったから大丈夫、と言う考えでは大切な相棒を守れません。どうか、何事もない平常時にこそもしもの時のための備えをしっかりとしておいて下さいね。

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてください。

西日本の記録的豪雨…今、私たちがブヒにできることは?

いいなと思ったらシェア

この記事のタイトルとURLをコピー

おすすめ記事

特集

特集一覧