2018年11月25日1,065 View

フレブルあめりの「やだよう」はこんな感じ〜ゴネまくりです〜

「うちのわんちゃん、人間の言葉がわかってるんじゃ…」と思うことって、本当に多くないですか?喋ることができないのは当然なのですが、ヒアリングとなるとすごく上手かもしれない、なんて…。そう思わされるくらいわんちゃんは「聞き上手」です。さらに、ちゃんと受け応えもしてくれるのですから、すごい!

さて、フレブルのあめりが登場です。お出かけの相談らしいのだけど、あめりにはお母さんとは違う、自分の意思があるようで…。ごねごねのあめりは、一体なにを言いたいのでしょうか?

この記事のタイトルとURLをコピー

フレンチブルドッグ

Istvan Csak/shutterstock

どこへ行こうか~?お母さんの相談にしっかり耳を傾けています

お母さんがフレブルのあめりにお出かけの相談をしています。

「どこへ行こうか…どこに行きたい?公園?買い物?」

 

すると、首を傾げ、あめりはあめりで考えている様子を見せています。この首を傾けるというか、「ひねる」という感じ、「すごく考えている~!」というのがわかりますよね(本当のところはわからないのですが…)。

少なくとも、お母さんが「公園と買い物とで迷っている」というのは理解しているみたい。どっちにする?と尋ねられて、一生懸命答えています。さて、どっちがいいと言っているんでしょうか。

 

買い物なの…?え~???

「じゃあ買い物に行こうか」

お母さんの中で結論が出たようです。すると、「ええ…?」と、あめりがなんだか「ちょっと話が違うじゃない?」という顔をしているように見えませんか?しかもあの首をひねる動作を見せてくれました。どうやら、「納得がいかない」「自分はそうじゃないほうがいいと思う」と言っているようです!ちょっと動画を戻してもう一度見てみると、お母さんが「公園」という言葉を出したときの反応がとてもよくなります。公園、行きたかったんじゃないのかな…?

 

このあと吠え続けてちょっと叱られてしまうあめりですが、他の動画を見ると、普段はとても大人しいわんちゃんです。お散歩の前にお母さんのお支度が遅いと吠えることもあるようなので、動画タイトルにあるように、これは「ごねている」んでしょうね!

だいじょうぶだよ、あめりちゃん。お母さんたちはわかってくれているから、きっと公園にも寄ってくれるはず。でもこの「ごねごね」、可愛くて見たくなっちゃう気持ち、わかりますよね。

 

こちらの記事も合わせてチェック!

フレブルに愛を伝えよう〜言葉で伝えるそのわけは〜

いいなと思ったらシェア

この記事のタイトルとURLをコピー

おすすめ記事

特集

特集一覧