2019年1月2日2,793 View

秀逸すぎるフレブルオーナーのインスタキャプション第2弾〜白玉だんごの妖精・他〜

フレブルオーナーによる「SNSのおもしろキャプション」について以前特集しましたが、やっぱり「センスありすぎ!」な投稿で溢れているため、早くも第2弾特集です!今回もつい吹き出しそうになるグッドキャプションで楽しませていただきましょう。それでは早速ご紹介!

再びフレブルオーナーの秀逸キャプションに笑う

『白玉だんごの妖精』

このキャプションもう最高過ぎ!このフードの素材やかぶり具合など、とにかくバランスが良くてこの妖精感がにじみ出ているのでしょう。そして、世の中にあまたとある「白くて丸いもの」の中から「白玉」をチョイスしたことはもはや表彰モノ!なんとも穏やかそうな妖精さんのこの笑顔も最高!

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Yumi Sugimotoさん(@yumi.sugimoto.9803)がシェアした投稿 -

 

『充電式になりました。』

頭に充電器をさされてしまったこちらのフレブル。そうか、通りで無表情のまま固まっているワケだ。スマホも電池切れの状態で充電した直後は反応しませんからね。きっとしばらくしたら動き出すのでしょう。…と楽しいのは我々だけで、もしかしたらこの表情、恐ろしく冷め切っている可能性あり。ですが逆にこのキャプションが引き立つという皮肉な状況…。さすが、深いところまで楽しませてくれますねぇ!

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

macchoさん(@maccho.3)がシェアした投稿 -

 

『テンシノネガオ♡』

これぞまさにその通り、究極の天使でしょう!大きくてうるさいいびきも愛しのメロディだし、若干怖カワなその白目も、フレブルラバーからしたら全部が天使なのです。この寝顔を見ているだけで、とにかく幸せなのですよね。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

こたろうさん(@85kota)がシェアした投稿 -

 

『回転寿し』

フレブルがひょいっと手を置いているこの場所、まさに回転寿しのレーンそのものに見えますね!この発想素晴らしいです。フレブルの方も「大将、ボール1皿お願い」とばかりに舌を出し、回転寿しを大いに満喫している模様。と、見ているだけでそんな想像が膨らみ、楽しくなっちゃうようなキャプションです!

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

kinushimaさん(@kinushima0214)がシェアした投稿 -

 

『ぴったりフィット』

うそん、と言いたくなるほどにぴったりフィットしているフレブルのおしり。体重のままに沈んだであろうそのワガママな窪み、最高じゃないの。はてさて、この後どうやって下におりたのかは不明ですが、なんともしっくり来すぎるキャプションでした。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

BUTCHさん(@akire1127)がシェアした投稿 -

 

『なんか視線感じるなぁ〜』

その通り、完全にガン見されてるよフレブルさん。このおとぼけな表情とおとぼけなキャプションが見事に心ををほんわかさせてくれましたね。アルパカとの絶妙な距離感もグッド。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

OREOさん(@frenchie.oreo)がシェアした投稿 -

 

『のどかな午後』

THE・ご開帳。しかも、頭部を下にしたまま。大丈夫かいな…。そんな姿もさることながら、パッと見ではわかりづらいかもしれませんがこの写真、下から「床→オーナー→オーナー→フレブル」の順に成り立つピラミッドになっているのです。まさに奇跡のバランス!これぞ家族がなせるチームプレーでしょう。そんな状況に「のどかな午後」と添えるオーナー、最高です。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

hohomomoさん(@hohoji1006)がシェアした投稿 -

 

『一体化してた』

本当だ…すごい一体感。これは感心するレベル。クッション×フレブルが一体化するケースは様々ありますが、ここまでフレブルの色とマッチしているケースは中々ないでしょう。耳がピンクでよかったですよね。だって誤っておしりで踏んでしまいそうだから。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

フレブルのブランさん(@branc.s0331)がシェアした投稿 -

 

『正直、たまに間違える』

これもなかなかのレベルでしょう。大きく違うのは尻尾の色と若干のサイズ感ぐらいで、やはり毛色がそっくり。遠目で見たら間違えちゃうヤツだな。で、やっぱり間違えちゃうんかい、と思わせるオーナーの言い回し、グッドです。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

れおん さん(@n.leon0119)がシェアした投稿 -

 

『なんか連れた…』

もうその通りにしっかり連れちゃってる。そしてフレブルのことを「なんか」というこの客観的な言い方をしているところがジワってきちゃう。しかしその手の広げ方よ…短い手が際立っていてカワイイよ。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

こたろうさん(@85kota)がシェアした投稿 -

 

今回も、様々なシーンをご紹介しましたが、バッチリニヤけさせてただきましたね。みなさん本当にキャプションを添えるのがとってもお上手。そのセンス、ぜひ見習いたいと思います。ということでシリーズ化したこちらの企画、不定期開催の次回をどうぞお楽しみに!

 

こちらの記事も合わせてチェックしてくださいね。

センスありすぎ!フレブルオーナーのキャプションが秀逸

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧