2019年1月30日3,438 View

【取材】フレブルファミリーたちの新年会!オトナになってできた、大切な友達

『フレブルオーナーは横のつながりが深い』。

その噂は、他の犬種と暮らすオーナーやワンコと暮らしていない人からも聞いたことがありました。

たしかにSNSではブヒ友が集まって合同誕生日会をしていたり、一緒にイベントに参加したり、旅行をしていたり。他の犬種にはない“特別な何か”がありそうな予感…。

今回お届けするのは、フレブルオーナーたちのプライベート新年会の様子!

ん〜たしかにフレブルオーナーって横のつながりが深いかも!

フレブルオーナーたちの新年会

今回お邪魔したのは、フォーンのフレンチブルドッグ2頭(大和・いろは)と暮らす静香さんのお宅。

フレンチブルドッグ,新年会

 

料理を作るのが大好き!という静香さんは、ときどきブヒ友達を集めて食事会をしているとか。

フレンチブルドッグ,新年会

 

今回は1月に開催されたこともあり、新年会を兼ねてのパーティー。

 

この日集まったのは、フレンチブルドッグの桜次郎&元ファミリーと、パイドの兄妹こむぎ&こゆめファミリー。

フレンチブルドッグ,新年会

 

フレブル同士はもちろんのこと、オーナー同士も仲良しなので、「何がきっかけで仲良くなったんですか?」と質問したところ、全員がピタッと静止。

 

するとそれぞれの顔を見つめ合い、声をそろえて「何がきっかけだっけ?」と笑い合う事態に(笑)。

フレンチブルドッグ,新年会

だけどよく考えてみれば、友達ってそういうものかも。

 

ただひとつ言えるのは、間違いなくフレンチブルドッグがつないでくれた縁であるということ。

 

料理ができるまで

食事会とはいえ、やっぱり主役はフレンチブルドッグたち。

 

とても気の合う6頭は、追いかけっこをしたりおもちゃで遊んだりブヒレスをしたり、上手に遊んでいました。

フレンチブルドッグ,新年会

この6頭は一度もケンカをしたことがないそうで、まさに仲良しグループという感じ。

 

オーナーたちもその様子をニコニコ眺め、穏やかな時間を過ごしていました。

フレンチブルドッグ,新年会

その間、せっせと料理の準備を進める静香さん。ママさんたちは仕上げを手伝ったり盛り付けたり、自然と“流れ”ができている模様!

 

オトナの時間がやってきた

「できたから食べよう!」という静香さんの声とともに、次々運ばれてくる料理たち。

フレンチブルドッグ,新年会

 

これをひとりで作ったの!?と思うほど品揃えが豊富で、テーブルに乗りきらないほど。

フレンチブルドッグ,新年会

 

フレンチブルドッグ,新年会

 

フレンチブルドッグ,新年会

 

食事会はビュッフェ形式になっていて、好きなものを好きなだけ食べるシステム。

フレンチブルドッグ,新年会

 

フレブルたちはイイ香りにつられ、部屋中をクンクンクンクン嗅ぎ回っていました。そりゃそうだよね〜。

フレンチブルドッグ,新年会

 

愛ブヒを囲んで美味しい食事に舌鼓

食べるのが大好きなフレブルたちは、当たり前のようにテーブルに集合。

 

でもね、まだ君たちの番じゃないのよ。そんなオーナーたちの思いを察してか、パパ・ママのひざで眠ったり、再びおもちゃで遊びはじめたり。

フレンチブルドッグ,新年会

彼ら自身も、この食事会のシステムに慣れっ子という感じ。

 

やっぱり主役はフレンチブルドッグ!

ふだんは愛ブヒのごはんも手作りしているという静香さん。この日は新年会も兼ねているため、フレブルたちのために手作りのおせちを用意!

フレンチブルドッグ,新年会

 

お重に詰められたおせちは、私たち人間でも「おいしそう…」と口にしてしまうほどの完成度。

フレンチブルドッグ,新年会

祝い箸を使って、年上の子から順番に一口ずつ食べさせていきます。

 

「待っていればボクの(ワタシの)番がくる!」

これだけフレンチブルドッグが集まると、食事を通してモメそうなもの。

 

でも、それぞれが「待っていれば順番がやってくる」と理解しているようで、いい子に座って待機。ただ、目力はすごかったけれど(笑)。

フレンチブルドッグ,新年会

 

フレブルたちが好きそうなお肉やお魚を使った料理は後にして、野菜から順番にあげていく静香さん。

フレンチブルドッグ,新年会

 

気づけばテーブルの上やみんなの口周りがベッタリしていて、笑わずにはいられない!

フレンチブルドッグ,新年会

 

「キレイに盛り付けをするのも楽しいけれど、やっぱり目を丸くして“食べ散らかす”のが一番嬉しい!」と静香さんは言っていました。

 

この気持ち、フレブルオーナーなら誰もが“うんうん”とうなずくはず!

 

フレブルたちがおいしそうに食べる姿があまりにも可愛かったので、動画も撮影しちゃいました!

この可愛さ…永遠に見ていられますよね♡

 

オトナになってできた友達

今回ご縁があって参加させていただけることになった食事会。

 

楽しそうなフレブルたちの姿はもちろん微笑ましかったけれど、オーナー同士の素敵なつながりに感動してしまいました。

フレンチブルドッグ,新年会

 

オトナになればなるほど友達を作るのって難しい。

 

たとえ犬と暮らしていても、お散歩先であいさつをしたり、ドッグランやカフェの顔なじみ程度で終わってしまいそうなもの。

フレンチブルドッグ,新年会

でも、やっぱりフレンチブルドッグは違うみたい。あくまでも想像だけれど、フレンチブルドッグは生まれつきカラダが強くなく、寿命も短い犬種。

 

だからこそ我が子に込める愛情は誰よりも深くなるし、少しでもフレンチブルドッグという生きものを理解したいと思うようになる。

 

そのためには情報交換がとても大切で、何より信頼できるのはオーナー同士の口コミだったりします。

 

「ごはんは何をあげてるの?」「うちの子は肌が弱いんだ…」「これを使ったら良くなったよ」

 

自然とたくさんの会話が生まれ、それがいずれ感謝の気持ちに変わったりする。

 

悩みを打ち明けてみんなで解決していくことで、その絆はどんどん深まっていくのかもしれません。

 

フレンチブルドッグが大好きだ!

そして何より、みんなフレンチブルドッグが大好きということ。

 

今回の食事会に関わらず、フレブルオーナーたちが集まると誰がどの子のオーナーかわからなくなるのです。

フレンチブルドッグ,新年会

 

分単位で違う子を抱っこしていて、まるで我が子のように可愛がっている。みんなをギュッと抱きしめて頰にキスをして♡

 

フレブルオーナーにとっては当たり前の光景かもしれないけれど、他のオーナーにとっては珍しいようですよ(笑)。

 

フレンチブルドッグという何よりも愛らしくて儚い“共通のタカラモノ”がつないでくれた縁。

フレンチブルドッグ,新年会

 

彼らが作ってくれた、私たちの“オトナになってできた大切な友達”は、フレンチブルドッグを愛しつづける限りつながっていくに違いない。

 

今回の食事会を通してそんなことを感じ、みなさんに届けずにはいられなくなったのでした!

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

【取材】人々は、なぜ「ゆとり炉」の作品に魅了されるのか〜旅するブヒ展@ダリアシアン〜

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧