2019年9月25日3,378 View

「ウッヒョ〜ォ♪」ゴロンゴロンしている最中のフレブル、今襲われても文句言えないほどに気を抜きがち。

フレブルは、背中を床にしてゴロンゴロン転がることが好きな子が多いもの。まさに「かゆいところに手が届く」と言う意味合いもあるでしょうが、その時の彼らはとにかく無防備。今回は「おい、野生だったら瞬殺だぞ!」なフレブルたちの、のどかで気ままなゴロゴロ風景をご紹介します。

一緒ゴロンゴロン楽しいぃ〜!

こちらは2頭でゴロンゴロン真っ最中のフレブルたち。

まさに、「ここがサバンナだったら…!」と思うと恐ろしくなるほどに、可愛らしくコロコロ転がっています。

しかしそんな最中、一体何があったのか仰向けになったままで一緒にフリーズ。このように、急にパタッと止まる様子もよく見られることですが、この最中は何を考えているのでしょうか。

そして2頭は再び転がり始め、徐々にヒートアップしてお鼻はフガフガ、両手両足はブランブラーン!

この気の抜きようは、もはや平和そのものですね。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

arisa kasejimaさん(@gure_mochi_usako.t_bob)がシェアした投稿 -

 

ちゃんと、意味があるのよ。

こちらは朝のお散歩から帰宅して、黙々とゴロンゴロンしているびびちゃんです。

背中をカーペットにこすりつけているようですが、そこには理由がありました。

それは、お散歩の時に朝露が体について濡れてしまったから。だからびびちゃんは、それを拭き取るために自ら転がっていたのでした。

マイセルフふきふきが出来るなんてすごいねびびちゃん! …でも、そこでやったらカーペットが濡れてしまうね…。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

フレンチブルドッグびびさん(@bibi0423303)がシェアした投稿 -

 

お外でのゴロンゴロンは別格なり! 

こちらは外でゴロンゴロンするピギーちゃん。

空気やお日様が気持ち良いのか、背中の芝生の感触がたまらないのか、何度も何度も転がっています。

このように、気持ちがよさそうに前後の足をバタバタと動かして、とっても楽しそうにする姿はとにかく微笑ましいもの。

改めて、フレブルが野生の生き物じゃなくてよかった…なんて思ってしまいます。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

🐷piggy( ピギー)&👦🏻lil bro(弟っち)さん(@piggy_japan)がシェアした投稿 -

 

背中を床につけてゴロンゴロンと転がるフレブルたちをご紹介しました。

目的があって転がる犬もいれば、ただ単に転がることを楽しんでいる子もいましたね。

どんな理由でも、彼らが楽しそうにコロコロしている様子はとっても可愛らしいもの。

中には背中がかゆくて転がる子もいますから、愛ブヒの様子をちゃんと観察してあげてくださいね。

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

フレブルが「ひとり遊び」している姿を見ると、つい親心が湧いてくる…

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧