2019年6月22日5,001 View

フレブルが「ひとり遊び」している姿を見ると、つい親心が湧いてくる…

いつでも、どんな時も、何をしていても可愛く思えるのが愛ブヒ。それはフレブルオーナーさんであればきっとわかっていただける感情でしょう。そして、そんなかわいすぎる彼らが、ゴロゴロ、カミカミと一人遊びをしている時は、なぜだか余計に可愛らしく感じれらないでしょうか? それはまるで、子供が健気にひとりで楽しく遊んでいる様子を見ているようで、その光景には親心すら湧いてくるのです。今回はそんな様子をご紹介していきます。

フレブル「ひとり遊び、楽しいな〜!」

ゴロゴロ、カミカミ

こちら、絶賛ひとり遊びを満喫中のフレブルスーさん。ゴロゴロしながら、決して長くはない前足を伸ばして懸命におもちゃを抑えつつ、カミカミをして楽しんでいる最中です。しかし、やはりその前足は器用には使えないよう。たまにおもちゃを落としたり「う〜ん」と何か思っているのかぼ〜っとしながらも、ひとりのその時間を満喫しているようです。こんな風に遊んでいる姿を見て、親心が湧かないで居られるでしょうか…?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

スーさんさん(@suusan0117)がシェアした投稿 -

 

パピーのひとり遊び

まだ「歯がかゆい」と言われるパピーの時期では、カミカミをする姿はより多く見られます。そんなこちらのフレブルもまた例によって、しっかりとおもちゃをカミカミ中。まだこの世に生を授かって長くはないこのパピーが、しかりと自ら意志を持って楽しんでいるだなんて、もうなんて健気なの…と思えてこないでしょうか。もはや、時間が許す限りずっと眺めていたくなるほどの可愛らしさです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

☆Happy diary ☆ Meria & Mary☆さん(@meriangelsmile)がシェアした投稿 -

 

ひとり遊びに集中できない…

こちらは、クリームとブリンドルの多頭飼いのお宅です。クリームのフレブルはソファの上で、自ら選んで持ってきたおもちゃで遊ぼうとしていた、というわけですが…どうもチラチラと視界に入るのがお隣の黒い影。そうです、妹であるブリンドルが、側でやんややんやと動き回っているのです。これにはクリームのフレブルも、その動きがどうしても気になって遊びに集中ができません。ひとり遊びがしたいのに…妹の動向もきになる…というせめぎ合いな状況に立たされてしまいました。どうやらテレビのことも気になっているようなので、気が散る要素がたっぷりあるよう。この後は、結局どうしたのでしょうね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

SORA_SHERIさん(@sora_sheri)がシェアした投稿 -

 

ひとり遊びがヘタ

彼らはお世辞にも器用とはいえませんから、こんな「あちゃー」な事態もひとりで起こってしまうようです。

そんなフレブルはゆめちゃん。ポンポンがついたヒモ遊びをしていたようですが、遊んでいた…ということはもう過去形にしたいような様子が広がっています。

これは、どちらかといえば「絡まっている」というのが正しいでしょう。こんな事態を勝手に作り上げちゃう様子が見られるところも、またひとり遊びの”我々的”醍醐味と言えそう。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

YUME さん(@yume.frenchie)がシェアした投稿 -

 

遊び、からの寝落ちも…

これもあるあるな光景です。なんと、ひとり遊びに疲れてそのまま眠ってしまったという、もはや子供としか思えない状況を作り出したようです。

このおもちゃは自分でおもちゃ箱から見つけてきてカミカミしていたそうですが、突然の「眠さ」に襲われてブーブー…と夢の中。もう〜、まんま子供じゃないのさっ。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

つくしんぼ #フレンチブルドッグ (よもぎ&つくし)さん(@yomotuku)がシェアした投稿 -

 

ひとりより、一緒が良かったかも?

こちらのフレブルの様子は、写真を1枚ごと進めながら見てまいりましょう。

 

まず1枚目。ひどくダラダラとした様子でボールにあんぐりと噛みついています。もはや惰性にも思える様子ですが…一体どうしたのでしょうね。

そして2枚目。「あーん、つまんない!」とばかりにごろりんちょしています。そうか、ひとりがつまらなかったのかな?

そして3枚目。かなりのうだうだモードに突入しました。もはやこのうだうだでさえも惰性のような…。

続いて4枚目。もはや開き直ってテンションアップに出たのでしょうか? 少し元気を取り戻しました。

そして5枚目…。恐ろしく切なそうな表情で「カミッ…」としながら同居ブヒを見つめます。これはまさか…

そして6枚目。もはや見ていられないほどに儚なげなお顔になりました。我々の予感は的中、このフレブルは確実に「一緒に遊びたい」という感情をむき出しにしていたようです。

これら一連の動きは結局「ひとり遊びじゃつまんないな〜」というフレブル流演出でアピールだったのでしょう。パイドさん、もしおヒマであれば一緒に遊んであげて!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

domkun−mamamaさん(@domminc89)がシェアした投稿 -

 

フレブルたちのひとり遊び風景をお届けしました、やっぱりフレブルって人間の子供そのものですよね。だから我々の心に「親心」が湧いてしまうのは、もう必然のことのように思えました。

ああ。今日もやっぱり、フレブルは可愛いですね。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

ひたむきに留守番するフレブルの姿に泣ける…パパママまだかな

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧