2019年4月15日5,855 View

【取材】個性は、愛ある暮らしのために。フレンチブルドッグ・ウィルと、その家族。

「フレンチブルドッグのオーナーさんは個性的」。そんな噂をよく耳にする。ここでいう個性的とは、ファッションだったり人となりのように思う。今まで何千人ものフレブルオーナーさんにお会いしてきたけれど、たしかに流行りにとらわれない我流のファッションを楽しんでいる人は多いかもしれない。

今回取材をしたのは、ひときわ個性を放つフレブルオーナーの密本さんご夫婦。密本家の完全プロファイルと、愛ブヒ・ウィルとの出会いについてー。

愛ブヒ「ウィル」のこと。

フレンチブルドッグ,個性的

密本さんご夫婦の愛ブヒは、3歳の男の子ウィル。生後8ヶ月のころに家族に仲間入りしたそうだが、パピーにしてはちょっぴり遅め。そのことについて、旦那さんはこのように話してくれた。

 

「ウィルを迎える前、メルというフレンチブルドッグの男の子と暮らしていたんです。ウィルと同じクリームで、性格もよく似たおっとりした子でした。フレンチブルドッグを迎えたいと言ったのはぼくの方で、いわゆるブサカワなところやフォルム、人懐っこさに昔から魅了されていました。もともと妻は犬が苦手で最初は反対していたんですが、ペットショップなどで触れ合ううちにフレンチブルドッグの魅力に気づいてくれたようです」

フレンチブルドッグ,個性的

 

旦那さんはつづける。

 

「メルは2011年にあるブリーダーさんから迎えたんですが、3歳の誕生日を迎える直前に突然死してしまったんです…。なんの予兆もなく、あまりに突然のできごとでした。2歳というあまりにも若い年齢で亡くなってしまったので、さすがにショックは大きくて。ぼく自身は、もう迎えなくていいかなと思っていました。愛犬を失ったときに新しく家族を迎える方とそうでない方にわかれると思いますが、奥さんは『新しく家族を迎えよう』と意思を示していました」

フレンチブルドッグ,個性的

 

そのことについて、奥さんはこのように語る。

 

「辛かったのはもちろんですけど、メルくんと過ごした時間はとても楽しくて幸せでした…。だからこそ、もう一度フレンチブルッドがいる生活をしたいと思ったんです。そして夫婦で話し合いを重ね、新たに家族を迎えることになりました。その中で決めたのは『メルくんと同じお父さんの子にしよう』ということ。これは、ふたりの共通の思いでした。でも、メルくんは新潟で産まれて千葉へ来ていたので、同じお父さんを探すのが難しくて。でもたまたまSNSでブリーダーさんをお見かけして、すぐに連絡をしました。ブリーダーさんにそのことをお伝えしたところ、今はなかなか産むのが難しいと言われてしまって。でもある日、そのブリーダーさんから連絡があったんです。同じお父さんで8ヶ月の子がいますって。それがウィルくんです」

フレンチブルドッグ,個性的

 

奥さんはつづける。

 

「じつはもともとウィルくんはショードッグに出るためブリーダーさんのところに残る予定だったんですけど、あまりショー向きではなかったみたいで(笑)。それで真っ先に連絡をいただいて、迎えることにしました。ウィルくんは当時生後8ヶ月だったのでカラダは大きかったですけど、他のワンコとたくさん触れ合っていたのですでに社会性があって、トイレなどのしつけもバッチリでした。おかげさまで穏やかな子に育ってくれたので、こういうカフェやレストランにも連れて行けるのは嬉しいことですよね。主人と休みが合うときは一緒にお出かけをして、私ひとりがお休みのときも必ずウィルくんのどこかでにお出かけしています。おかげでお友達もたくさんできたので、ウィルくんにはとっても感謝しています」

フレンチブルドッグ,個性的

たくさんの縁が重なって密本家の家族になったウィル。父親と兄の面影を残し、おっとりとマイペースに、そして全力で生きている。

 

密本家の完全プロファイル

フレンチブルドッグ,個性的

ひと際個性を放つ密本さんご夫婦は、たとえば普段はどんな暮らしをしているのだろうか。

 

同じフレブルオーナーとして“あんなことやこんなこと”が知りたくて、プライベートについて教えてもらった。

<旦那さんのコト>

フレンチブルドッグ,個性的

名前…密本雄太

年齢…40歳

仕事…ファッション関連。メインはイタリアブランドの輸入販売。買い付けや仕入れ、お店のディスプレイをするなど多岐にわたる。たまに海外へ出張することも。

<奥さんのコト>

フレンチブルドッグ,個性的

名前…密本桂

年齢…44歳

仕事…歯科助手。受付と助手を担当。

<愛ブヒのコト>

フレンチブルドッグ,個性的

名前…ウィル(男の子)

年齢…3歳

愛用のカラー・リード:Felisi dog(フェリージ ドッグ)。旦那さんがイタリアで購入したもの。現在日本では販売されていない。

<夫婦の出会い>

フレンチブルドッグ,個性的

出会いは今から11年前、友人との食事会で居あわせたのがきっかけ。お互い兵庫県神戸市出身、さらに当時使っていた家具や雑貨が共通していたことから意気投合。1年間の交際を経て結婚。今年で結婚丸10年。

<好きなブランド>

フレンチブルドッグ,個性的

お互いブランドにはこだわらず、良いと思ったものを着るようにしている。最近は古着が多いとか。奥さんの洋服は必ずふたりで買いに行き、旦那さんの意見を存分に取り入れる。奥さんいわく「私は全然わからないし、ひとりで決められない(笑)」。ふたりのファッションがどことなく似ているのは、そのためかも。

<趣味>

フレンチブルドッグ,個性的

旦那さん:意外とカラオケが好き。たまに野球をしたりランニングをすることも。

奥さん:ヴィンテージボタンやビーズを使ってアクセサリーをつくること。その他にもウィルくんのスヌードやカフェマットを手作りすることも。

<休日の過ごし方>

フレンチブルドッグ,個性的

家族がそろう休日は日曜日・祝日のみ。愛ブヒのウィルを連れてお出かけするのが日課。お昼ごはんはワンコ連れOKのカフェで食べて、夜は自宅でまったりと過ごす。

旦那さんはお酒が飲めないので、車で出かけることも多いとか。ちなみに音楽はほとんど聴かず、車でもずっとラジオをつけている。

 

photo:Hiroaki Otake

location:PLAIN PEOPLE CAFE × Jaho Coffee

 

※この記事は「BUHI」との連動企画です。もっと他の写真をご覧になりたい方は「BUHI vol.50」をご覧ください。

  • BUHI 2019年春号 Vol.50

    BUHI 2019年春号 Vol.50

    【特集】この子の一生。年齢別マスターブック

    出版社:オークラ出版
    発売日: 2019/3/27

    販売サイトを見る

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧