2019年6月14日5,811 View

【朗報】”雨対策”をしたフレブルたちが、見事にみんな可愛くなっているもよう。

いよいよ本格的な梅雨シーズンが到来しました。お散歩がちょっと憂鬱になるこの時期ですが、親の心子知らず…ならぬ、オーナーの心ブヒ知らず。こっちの都合なんてなんのそので、お散歩をせがんできますよね。そんな時に活躍するのがレインウェア。これがあれば、雨の日でもお散歩だってエンジョイすることができちゃいます。ということでそんな雨対策をしたフレブルの様子を覗いてみたところ、その見た目が見事にみんなかわいいことになっていたのです…。

雨でもお散歩へGO!

まるで赤ずきんちゃん、ならぬ青ずきんちゃんに変身したのはフレブルのトーラスくん。このように耳まですっぽり包まれるレインコートがあれば安心して楽しむことができそうですね! さらにはあたりが薄曇りで視界の悪い中、レインコートのあざやかなカラーが映えて、機能的にもバッチリでしょう! 普段とは違う装いにキメ顔のトーラスくんでした。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Endo Hideyukiさん(@hideendo)がシェアした投稿 -

 

こちらも同じく、すっぽりと耳までレインコートをかぶったフレブルのQ太郎くんです。レインウェアでさえここまで着こなしてしまうなんてやはりフレブル強し。この違和感のなさには脱帽ですね。って、あ、あれ…? なんだか人間に見えてきた…。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Q太郎さん(@9taro_buhi)がシェアした投稿 -

 

もちろんフードがついていないタイプのレインコートもありますから、そんな時にはこの様に「ほっかむり対策」をとるパターンもあるようです。

確かに、フレブルは水が嫌いな子が多い上、大事なお耳が大きめなつくりになっているため。やはり保護することは大事でしょう。そしてなぜか「ほっかむり」を嫌がらない子が多いため、ハブくんのこのスタイルはベストな対策と言えそうです。

そんなハブくんの表情も「雨んぽ、受けて立つ」とばかりの強い意志が表れているようです!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Nori.さん(@didicopan)がシェアした投稿 -

 

てるてる坊主になっちゃった 

もはや、雨を止ませにかかっている様子のこちらのフレブル。なんと、自らがてるてる坊主になるという大胆なワザで根本的な雨対策をしたようです。ウルウルした瞳のこんなにかわいい”てるてるブヒ坊主”にお願いされたら、お天気の神様だってきっと「あぁもう今日雨やめた!」となってしまうでしょう。しかし、その可愛さのせいで今度は雨乞いが必要になってしまうかも。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

どんぐりグランさん(@donguri_gland)がシェアした投稿 -

 

テンションが上がらない雨の日のお散歩も、ちょっと工夫しただけで、グッと快適になるかもしれません。紹介したフレブルたちの着用グッズなどをどうぞ参考にしてみてくださいね。特に、フレブルは体温の調整が難しい犬種です。体が濡れると体温が下がりやすくなりなかなか元に戻すことが難しいので、雨の日のお散歩はしっかりと対策をしたうえで楽しんでくださいね。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

【こまめにチェック!】ジメジメの梅雨に注意したい、フレブルのケア3選

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧