2016年12月21日3,720 View

フレンチブルドッグ事件簿 in アメリカ 〜さらわれたKAYOを救え!〜

フレブルラバーのみなさん、こんにちは。現場からリポートです。

今日は、アメリカから衝撃的なフレンチブルドッグの誘拐事件をお伝えします。珍しいカラーが故に(?)起こってしまった誘拐事件。犯人はなんとそのフレブルの購入先であるブリーダー!?それでも最後に勝つのはやっぱりフレブルへの愛…!

事件の発生から解決までを誘拐されたKAYOの素敵な写真とともにご覧ください。

この記事のタイトルとURLをコピー

目次

  • フレンチブルドッグがさらわれた?!事件はある日突然起こった
  • KAYOが帰ってこない!J氏とは連絡もつかない事態に
  • KAYOがいない…ミシェルさんの苦しい毎日にインスタグラマーが動く!
  • ついにテレビ局が動きだす!
  • SNSの力はすごかった!放送後〜スピード解決まで

フレンチブルドッグがさらわれた?!事件はある日突然起こった

 

チョコレート色のボディにまるで黄金に光る大きな目が印象的なKAYOは、アメリカはイリノイ州シカゴのメキシカンタウンと呼ばれるピルセン地域で、ミシェルさんと婚約者のデビッドさん、それにフォーンのフレンチブルドッグフランキーと一緒に平和に暮らしていました。

 

 

オーナーであるミシェルさんとデビッドさんは、KAYOを購入した先のブリーダーであるJ氏とは親しい友人関係にあったといいます。

 

そんなJ氏はインスタグラム用にと珍しいカラーのKAYOの写真撮影を何度か行っており、その日2016年11月7日も今まで通りKAYOを迎えにきたそうです。

 

KAYOが帰ってこない!J氏とは連絡もつかない事態に

しかし、いつもなら2、3時間ほどでKAYOを連れて帰ってくるはずのJ氏がその日はいつまでたっても帰ってきません。

 

電話も出ない、メッセージを読まれた形跡もありません。挙句の果てにインスタグラムのアカウントもブロックされてしまいます。

 

「KAYOは大事な我が子なんです」と語るミシェルさん、これはおかしいと感じ自身のインスタグラムにこんな投稿をします。

 

 

We are beyond devastated to say that our baby boy has been scammed from our possession by the man in the photos above. His name is JEREMY ROGER PAUL LOPEZ @312-771-6654 who may be seen in the downtown area selling puppies. we now know he is an illegal dog breeder (@blueivyfrenchie ) we purchased kayo from him last year December at the age of 7 months and he made us believe we were friends with free gifts and advice about our dogs. Part of our deal was to allow him to pick kayo up time to time to take photos for his Instagram (@blueivyfrenchie) so he gained our trust fairly well. only this time he has not returned our dog kayo since Monday November 7th 2pm. This is heart breaking and I know any pet owner will understand how we feel right now. It's crushing to have our baby taken like this. Please share and get the word out there. Please bring kayo home JEREMY @blueivyfrenchie the police and our lawyers are involved please do the right thing all the proof is here on our page and in our records . PLEASE SHARE AND REPOST ANY ONE IN THE CHICAGO AREA WITH ANY INFO PLEASE CONTACT US AT 3124801034#chicagofrenchies

🇳🇱 Francis " Lil Frankie" C.🌍さん(@francislebouledogue)が投稿した写真 -

 

「わたしたちの大事な息子KAYOが悪質なブリーダーによって誘拐されて帰ってきません!わたしたちは電話もインスタグラムアカウントもブロックされているので連絡ができないの。お願いです、誰かこのJという男に連絡を取って、KAYOをわたしたちの元へ返すよう言ってください!」

 

KAYOがいない…ミシェルさんの苦しい毎日にインスタグラマーが動く!

 

もちろん警察へも弁護士へも連絡したミシェルさんファミリー。ビラを作って近所の電柱にも貼りました。

 

#SAVEKAYO 😞

@kayodogが投稿した写真 -

 

ハッシュタグ「#SAVEKAYO(KAYOを救え)」をつけて、インスタグラムに沈痛な思いとともに毎日KAYOの写真を投稿します。

 

 

「KAYOは私たちにとってただの犬じゃないの。人間の我が子と同じなの。彼がいない毎日にご飯も喉を通らない、眠れない。」

 

その写真たちは徐々にインスタグラム上で拡散されはじめます。

 

 

***ATTENTION IG COMMUNITY***🚨 #repost The breeder of the company CHICAGO FRENCHIES (WWW.CHICAGOFRENCHIES.COM) IG: (@BLUEIVYFRENCHIE) FB:(CHICAGO FRENCHIES) -Has stolen our dog KAYO that he sold to us in December 2015. Part of the deal for his rare color was to let him pick up Kayo from time to time for photoshoots for his company. He picked our dog up with my permission on Monday November 7th at 2P.M.- To take photos for his company's "sponsors." I haven't heard from him since. He has now blocked and ignored us on every platform. THIS IS KIDNAPPING. We are beyond devastated, sad, and broken. Please try to help us spread the word and get our dog back. And maybe this won't happen to anyone else. PLEASE visit OUR page on IG:(@FRANCISLEBOULEDOGUE) for OBVIOUS PROOF AND DETAILS. IF YOU SEE JEREMY LOPEZ OR EMELY MATUS PLEASE CALL 911 AND SHARE THIS INFORMATION. WE FILED A POLICE REPORT ON BOTH OF THEM. OR CALL DAVID @ 312-480-1034 OR 773-679-9237 THANK YOU AND GOD BLESS! #BRINGKAYOHOME #SAVEKAYO #frenchie #frenchies #frenchbulldog #buhi #chicagofrenchies

🎥 French Bulldog Videosさん(@frenchievids)が投稿した写真 -

 

「インスタグラムのみんな、この事件を読んで!」@frenchievids(フレンチブルドッグの動画専門に投稿する人気アカウント。7万人以上がフォロー)

 

 

「シカゴのフレブルオーナーたちへ」@frenchie_photos(10万フォロワーを持つフレンチブルドッグ画像専門のアカウント)

ついにテレビ局が動きだす!

依然KAYOを連れ去ったJ氏からの連絡がないまま、事件発生からじつに7日が経過した11月14日。ついに地元テレビ局でKAYOの誘拐事件が報道されます。

 

 

#savekayo

Bleu Bleuさん(@bleu_the_frenchie_girl)が投稿した写真 -

 

※その模様はこちら

 

「KAYOを早く返してほしい」涙ながらに訴えるミシェルさんとデビッドさん。KAYOと兄妹のように育ったフランキーも出演。フランキーは、KAYOがいなくなってからずっと元気がないそうです。

 

(これはお誕生日をお祝いした日の仲良し兄妹のようす)

 

ところがテレビ局の取材に対し、ブリーダーJ氏は「ミシェルさんたちはKAYOのオーナーではなくベビーシッターだ。わたしたちが本当のオーナーだ」さらに、「こちらも弁護士を用意している」なんて言う始末。

 

それに対してミシェルさんたちはKAYOの予防接種、グルーミングのレシートや何百枚もの写真を提出。事件はこのまま複雑化していくのかと思われたのですが…。

 

SNSの力はすごかった!放送後〜スピード解決まで

番組の放送後の反響は思ったより大きいものでした。

 

放送局abc7シカゴのフェイスブックページが番組の様子を投稿すると、その記事がさまざまな人たちにシェアされたことにより多くの人がKAYOの事件を知ることになります。

 

そしてその数日後、abc7シカゴのニュース担当宛てに一本の匿名電話が入ります。

 

「KAYOは私が預かっている」

 

So Kayo is size 18mo in toddler clothes. ❤️

🇳🇱 Francis " Lil Frankie" C.🌍さん(@francislebouledogue)が投稿した写真 -

 

電話の主はなんとKAYOとミシェルさんたちが住むシカゴから車で12時間以上も離れたニュージャージー州にいるといいます。

 

「匿名のまま名前を明かさないこと、何があったか質問は一切しないこと」を条件にKAYOを受け渡すとのこと。

 

ミシェルさんとデビッドさんはその報せを受けたあと、一番早くニュージャージーへ着く飛行機に飛び乗りKAYOと再会を果たしたのです。

 

 

「見て!ニュージャージーでKAYOを見つけたの!みんなの祈りや助けがなかったら帰って来なかったわ、みんな本当にありがとう!LOVE ALWAYS WINS(愛はいつでも勝つ)!!!!!」ミシェルさんのインスタグラムより

 

そのニュースは再びabc7シカゴのニュース番組内で報道されました。今度はKAYOも一緒に笑顔でインタビューに答えるミシェルさんに、シカゴのみならず応援していたアメリカ中がホッと胸をなでおろしました。

 

 

The prince of Pilsen is back!!

🇳🇱 Francis " Lil Frankie" C.🌍さん(@francislebouledogue)が投稿した写真 -

 

「ピルセンの王子が帰ってきたよ!」

 

寂しい思いをした妹のフランキー。事件後、KAYOとの距離が以前よりもっともっと縮まったとか。

 

 

Kayo and little Frankie have been closer than ever ❤️

🇳🇱 Francis " Lil Frankie" C.🌍さん(@francislebouledogue)が投稿した写真 -

 

また一緒にお昼寝できるね!本当によかった!

 

電話が匿名であったこと、質問は一切受け付けないという条件から、結局KAYOの身に何があったのかは未だにわかりません…。でも、ミシェルさんたちにとって一番大事なのは、KAYOが帰ってきたという事実。まさに、LOVE ALWAYS WINS!

ミシェルさんファミリーはもちろん、SNSのみんなの愛も事件の解決に大きく貢献しました!KAYO、これからも幸せにね。

以上、現場からお送りしました!

おすすめ記事

いいなと思ったらシェア

この記事のタイトルとURLをコピー