2019年8月5日3,531 View

「うごけない。」レースカーテンと遊びがちなフレブルが起こす、様々な状況がとにかく謎。

子ども時代、自宅や学校のカーテンに隠れたり、掴まったりして遊んだ経験はありませんか? もしかすると、お子さんが遊んでいる様子を微笑ましく眺めている側、だという方もいらっしゃるかもしれませんね。そんな今回は、「レースカーテン」に潜むフレブルたちをご紹介。そこに何かあるわけでもないのに、なぜかそこを好んで、そして謎な光景を生み出しているという様子をご覧いただきます。一体どんな状況になっていたのでしょうか。

もしや、隠れているつもりかい…? 

こちらはパイドのロコちゃん。レースカーテンの奥できちんとお座りしている様子が透けて見えていますね。オーナーさんいわくこれはかくれんぼなのだそうですが、ロコちゃんのパイド模様までしっかりとカーテンから透けています。その上、カーテンの裾からはロコちゃんの可愛らしい足先もちょこんと見えていますが…さて、この様子でいつまでじっと隠れていられるでしょうか。思わずかくれんぼそっちのけで見つめたくなってしまうお写真でした。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Rocco + Ducaさん(@rocco_and_duca)がシェアした投稿 -

 

涼しい窓際でお昼寝中、からの。

夏場の窓辺は風が通りやすく、とても居心地が良いですよね。大河くんも窓辺が涼しいことを知っているのか、窓とカーテンの間でお昼寝をしています。そよそよと涼しい風を感じながらのお昼寝は最高なのでしょう。カーテンが顔や耳に掛かっても、まるで気にする様子がありません。そして、2枚目や3枚目もご覧ください。大河くんはペチャっとした寝姿から一転ムクっと起き上がり、カーテンの裾を使って”ベール遊び”を開始しました。オーナーさんはこの姿がとても好きだそうなので、自発的にやってくれている姿にキュンとしたでしょうね。でもはたから見ると、何やっているんだろう、と思ってしまうかも…。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Yuri Kamataさん(@taiga.kama)がシェアした投稿 -

 

あっ…!(察します)

薄手であるレースカーテンは意外と破れやすいもの。フレブルの歯や爪をもってすれば、割と簡単に破けてしまいます。どうやらこむぎちゃんはカーテンに開いていた小さな穴を広げて、いつの間にか自分の顔が通るほどの穴にしてしまったようです。すっぽりとおさまったお顔はなんとも言えない、解せないような表情をしていますね。むしろ、白い毛並みと白いカーテンを合わせることで、本人は同化しているつもりなのでしょうか?  すっぽりハマって「なんかラク〜」なんてもし思っていたら…強すぎるよ、こむぎちゃん。しかしきっと、動けなくなって困っているというところが妥当でしょうか…。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

こむぎさん(@0719komugi)がシェアした投稿 -

 

フレブルたちそれぞれにカーテン遊び楽しんでいたようですね。ホコリを吸ってしまうと健康を害してしまう恐れがあるので、もし愛ブヒがカーテン遊びの常連だ、と言うことであればが窓際やカーテンのお洗濯をこまめにしてあげてくださいね。

 

しかし、どの子も”謎可愛い”な様子を見せてくれていたなあ…。

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

フレブル謎のおとぼけ行動【たっぷり14選】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧