2019年8月18日2,939 View

【動画】「あ、あと少し…」ボールを取りたいのにちょっぴり手が届かないフレブルを鋭意応援してあげたくなる動画。

本屋さんで本を取ろうと思ったらあと少しなのに手が届かない…そんな経験はありませんか? 台などを使えば簡単に取れるのでしょうが、あと少し…となると、あえて台を使わず、体を伸ばして「えい、えいっ」何とかしたくなるものです。この動画に出てくるフレブルブランキーもまさに同じような気持ちのよう。そんなブランキーは、ソファの上のボールを取りたくて仕方がありません。ボールを取るために奮闘するその様子をご覧ください!

白目を剥いて、一生懸命。

ソファの上に黄色のテニスボールがあります。ブランキーは、このボールを取りたいようです。しかしこのボールをよく見てください。もうボロボロになっていますよね? そのことからわかるように、ブランキーの、相当お気に入りボールなのでしょう。よほど思い入れがあることがわかります。

 

その大好きなボールめがけて、前足やお口を使って必死に取ろうとするブランキー。写ってはいませんが、おそらく後ろ足はプルプルしているのが想像つきますね。

しかし、お口やおてての届くところにボールはあるので、すぐにボールを取って解決しそうなものですが……世の中はそう甘くはないようです。

 

振り出しに戻る。

順調に前足を使って自分の元にボールを寄せてきたブランキーですが、突如悲劇が訪れます。なんと、ボールがソファの弾力に乗っかり、なんと再び奥の方まで飛んで行ってしまったのです。これにはブランキーも茫然。

わかりやすく「嘘でしょ…」というお顔をして時が止まったかのように、ブランキーの動きも止まってしまいました。

そして、床にお座りするブランキー。あれ…今のアクシデントにめげて、もうボールを取ることを諦めてしまったのかな?

 

「取って…」(チラッ)

いいえ、”フレブルの執念”はこんなことでは砕けません。ということで、ブランキーはまだあきらめていませんでした。

ついにここで奥の手「オーナーさんへおねだり」のカードを使います。今まで一度も鳴かなかったブランキーですが、さすがにこれは自分では取れないと思ったようで「クーン」と鳴いてチラリとオーナーさんに上目遣いを。

しかし残念ながら、オーナーさんは取るつもりは無いよう。だって、きっとこの様子が可愛くて仕方が無いと思っているでしょうからね。

その心づもりを悟ったブランキーはボールに向かって「ワンワン!」と吠えだします。「おいボール! こっちに来てよ」と怒っているのでしょうか。ボールに文句を言ったところで取れるわけでもないのですが、もうブランキーに残された方法はこれしか無いのでしょう。

 

あと少しで達成できそうなことがあると、諦めたくないのは人間も犬も同じなのかもしれませんね。そしてゴール間近で振り出しに戻ってしまったときの愕然としたブランキーの様子や、「取って」とおねだりする表情にはなんだか人間味が溢れているようでした。

そんな、人間でもあるあるな状況の動画をどうぞご覧ください!

 

何かをしようと一生懸命になっている様子を見るとついつい手を貸したくなりますが、心を鬼にして愛ブヒを見守ってみませんか? もしかしたら、ブランキーのような人間っぽい仕草や表情を見せてくれるかもしれませんよ。

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

「(実に良い湯だ)」お風呂タイムを満喫するフレブルの姿がもはや人間すぎた件。

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧