2019年10月14日3,825 View

『フレブルが可愛いのはこういうトコ!』そんな仕草を見たら…アナタはもう、虜になる〜【動画】

「フレブルってブルドッグだし、コワモテなイメージ…」なんて言われることがあります。「猛犬注意」のポスターには、大体トゲトゲした首輪をつけたブルドッグが描かれていますからそのイメージは頷けるもの。でも彼らの本当の性格を知ってもそう言えるのでしょうか…? 今回は、数多とある可愛さの中から5つピックアップ。「フレブルってどんな犬?」という方は是非ご覧ください!

カワイイその1「好きなことしながら寝ちゃう」

こちらのフレブルはごまくん。ごまくんはこの日、新しいおやつのおもちゃ「鹿の角」をもらったようです。

ごまくんには妹ブヒのにこるちゃんがいるのですが、食いしん坊なフレブルですからそこは奪い合いになってしまったのだとか。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

yoshimiさん(@goma_nicole)がシェアした投稿 -

 

そんな戦いを制してまでゲットしたこの鹿の角。

大事なものであるはずなのに、そんな戦利品を口に含みながら、なんとお昼寝タイムに突入しました。

 

噛みたい…寝たい…を同時に叶えてしまうような、欲求に素直すぎる生き物。それがフレブルです。

 

なんとも愛らしく感じないですか?

 

その2「結構、律儀である」

こちらはクリームのきょうだいブヒ・ボブ兄さんと妹のイブさん。

 

2頭仲良くお食事タイムだったようですが、妹のイブさんは早々に食べ終え、お兄さんの後ろにどかっと座ってその様子を見つめています。

 

しかし。これは単に「満腹ぅ…」なんて休憩していたわけではなく、お兄さんの食事が終わるの待っていたのですね。

それは「おこぼれないかな〜」なんて考えていたから。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ボブママさん(@bob.0803)がシェアした投稿 -

 
ブルドッグ系の世間のイメージでは、もし早く食べ終えてしまったら「兄ちゃんの、横取り〜!」なんて乱暴な突入もありそう…なんて思われるかもしれませんが、そんなことはしません。
 
ということでイブさんも、食事が終わった頃を見計らい「まだ残ってないかな〜」なんてトコトコ覗きに伺ったのでした。
 
はい、愛らしい!
 

その3「クセのある行動で気持ちが丸わかり」

まるで肉球だけを隠すように足を内側に折り曲げ、器用に体の下に収納しているこちらのフレブル。
 
コレだけで「なにそのポーズ!(ズキューン)」なわけですが、コレがどのような気持ちだったかというと、答えは『ちょっとお部屋がさむいなぁ』でした。
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Nemu.tさん(@n_m.b.m.o)がシェアした投稿 -

 

何がカワイイって、このポーズにある背景がまた、たまらんのです。

 

実はこのポーズをする前、なんだか暑そうにしていたフレブル。

その姿を見たオーナーさんはエアコンをつけてあげて、10分ほど外出します。

 

そして帰宅すると「あ〜さむさむ…」とばかりにぽてっと丸まり、この”肉球ないないポーズ”で過ごしている姿を発見したのでした。

 

コレにはオーナーさんも「いらんことしてごめん」と一言。

しかしその可愛さにはズキュンときてしまったようです。

 

どうですか? 控えめで健気で、とっても可愛いらしいでしょう!

 

その4「距離感、間違えがち」

コレは本当によくある、もはやフレブルの「あるある」と言えるものなのですが、彼らはしっかりと”距離感”を間違えます。
 
特に再会の瞬間などは嬉しすぎるが故、テンションが上がりきった彼らは、”離れている距離”と、”ダッシュスピード”の関係がおかしいことに。
 
結果、我々は至近距離で放たれた弾丸を食らうほどの衝撃で抱きしめることになるのです。
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

MaBellさん(@chikarin511)がシェアした投稿 -

 

ということで、こちらもテンション高くみんなで遊んでいるという状況ですが、きっともう、この時間が楽しすぎたのでしょうね。だってお互いの距離が近すぎますから。

 

特に左右のフレブルは、真ん中の子に迫るような角度で走っています。

実際に目にしたら、きっとボディをドシドシぶつけあっていたことでしょう。

 

そんなモーレツすぎるまっすぐな部分があるのもまた、わんぱくで愛らしいと思いませんか?

 

その5「いかつい見た目でもビビリ」

フレブルに触れたことがあればご存知だと思いますが、お顔周りにはたるんたるんと垂れた柔らかい皮膚を携えているわりに、腰回りや足にはしなやかでカッコいい筋肉が付いているという、まさに甘いとカラいを兼ね備えた犬。

 

そんなフレブルですが、ぶっちゃけビビりです。

何か解せないことがあればすぐに「ビク!」と反応してしまいます。

 

ということでこちらのフレブルも、自分よりも何倍も小さなカマキリと鋭意格闘中。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

あんずママさん(@buhianzu)がシェアした投稿 -

 

フレブルと触れ合ったことがないという方には、その性格を知れば「顔に似合わずのんびりしているね」なんて言われますが、ビビってしまったら最後。

 

怖いながらにも、その好奇心と恐怖心が止むまでしつこく激しく、相手を追求します。

 

そしてその対象が、わりかしなんでもないロープや葉っぱ…ということも多々あるのですが、そんなところもまたおとぼけ可愛い、愛らしいポイント。

 

そんな姿を客観的に見ていたら、どうしたって母性が湧いてしまいますよね?

 
さて! 今回は数えきれないほどにあるフレブルの魅力のうち、ほんのわずかなカワイイポイントをご紹介しました。
”いい意味”でイメージを裏切ることはできたでしょうか。
 
しかし、魅力たっぷり、愛嬌たっぷりな彼らのこと…ぶっちゃけ気になってしまったのでは!?

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

けしからん!フレブルがこうも毎日可愛いと、もはや罪に思えてきた。

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧