2019年10月24日2,512 View

「かかってこい。」祝ベスト8! “ブレイブ・ブヒッサムズ”だって負けてらんない。

日本を熱狂と感動の渦に巻き込んだラグビーW2019。我らが日本代表、通称「ブレイブ・ブロッサムズ」は惜しくも準々決勝で南アフリカに敗れはしたものの、初のベスト8という日本ラグビー始まって以来の偉業を達成!

毎回手に汗握る試合展開はもちろんのこと、紳士的で力強く、大きな対戦相手に怯むことなく立ち向かうラガーマンの姿にうっとりした人も多いことでしょう。

ところで、フレンチブルドッグって何だかラガーマンっぽくはないかしら。

ぶ厚い胸板にがっしりした体格、ブヒッと気合イッパツ猪突猛進で相手に(もしくはご飯に)向かっていく姿など、何だかフレブルとラガーマンは共通点が多いような気もしないではない…。

そんなわけで、今回はその名も「ブレイブ・ブヒッサムズ」の様子をちょっと覗き見しちゃいましょう。

 

砂浜でトライの練習に余念なし。

砂まみれになりながら全力疾走でトライを決めるこてつくん。スワイプした2枚目ではちょっと砂を飲み込んじゃったのか「オエッ」てな表情になっちゃっていますが、砂浜を駆け抜ける爽やかさはまさに青春ラガーマンそのもの。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

はばたけ ぴくおさん(@pikchan23)がシェアした投稿 -

 

あ、今ドラマスクール☆ウォーズのテーマ曲が脳内に流れたアナタ、年齢がばれちゃいますよ~。

 

ボクからジャッカルできるとでも?

憂いを帯びた表情でラグビーボールを携えるその姿、まるで往年の名選手のようではありませんか。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Maiさん(@my_name_is_maaaaai)がシェアした投稿 -

 

落ち着いた眼差しで「この私からボールを奪おうだなんて100年早いのだよ」とでも言いたげですが、もしかしたらボールより視線の先にあるウマウマに気を取られている可能性も否定はできませんね…。

 

腕立て伏せでパンプアップするよ~

ごくごく真剣な表情で筋力トレーニングをこなすクロマティーくん。

ラガーマンの屈強な肉体はこういう毎日のたゆまぬ努力で作られているのです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

くろまてぃさん(@cromatie2015)がシェアした投稿 -

 

え、寝起きでグーンと伸びをしただけじゃないのか、というご指摘はこの際聞こえなかったことにしておきましょう。

 

我ら未来の名キッカーさ!

まだパピーのふたり組もしっかり代表ジャージを着込んで絶賛応援中。

「ボク田村選手みたいなキッカーになりたいんだ」「うんうん、なりたいよね~。でもスピードスターの福岡選手にも憧れるう」なんて話しているのかしら。

 

ふたりとも、大きく成長するんだよ。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

shohei wakiyamaさん(@40hei3)がシェアした投稿 -

 

ボールの見張り番はまかせろ~

がっちり体型の麦くんはスクラムを組んだら誰にも負けなさそうではあるけれど、ボールよりもきっと目線の先にいるであろうママさんに夢中な様子。

 

でも2枚目の動画ではアチコチに転がるボールをしっかり追いかけて、しっかりラガーマンらしい華麗なステップを披露してくれています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

麦さん(@mugimugyumugyu)がシェアした投稿 -

 

応援しない‥と‥グゴ~スヤスヤZZZ

ブレイブ・ブロッサムズを全力応援する気マンマンのスタイルで参上した、その名もトライくん。

ボクの名前のようにたくさんトライを決めてよねと気合を入れすぎて疲れたのでしょうか、ちょっと失礼しますよ~とばかりにウトウトし始めてしまいました。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

atsushi40さん(@atsushi40)がシェアした投稿 -

 

スワイプした2枚目の「ハッ! いかんいかん」とばかりに姿勢を正す姿はなんともフレブルらしい。

 

ボールは友達ならぬ、枕。

自分の顔より大きなラグビーボールがお気に入りのモジョくん。

再三にわたるママさんの「ボールちょうだい」の呼びかけも無視しがっちりボールをガードする姿は、なんだか闘将リーチ・マイケル選手のよう。

 

でもちょっと待って…スワイプするごとにその表情はどんどんトローンとしていき、最終的にはボールを枕にして就寝の体勢に。

 

きっと…トライする「夢」を見るんだよね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

TOMさん(@tommms)がシェアした投稿 -

 

さてさて、我らが『ブレイブ・ブヒッサムズ』の勇姿はご堪能いただけたでしょうか。

 

本家のブレイブ・ブロッサムズと比べるとやはりそこはかとなくユルさが漂いますが、みんな桜のジャージがお似合いでしっかりラガーマンしていました。

 

がっちり・むきむき・むっちり体型のフレブルたちはとにかくお洋服が似合う犬種だけれど、中でもラグビージャージのしっくりくる度はダントツ。

 

4年後のW杯はフレンチブルドッグの故郷でもあるフランス開催なので、もしかしたらフレンスでも代表ジャージに身を包んだサポーターブヒが増殖するかもしれませんね。

 

それも含めて楽しみにしておきましょう。ではこれにてノーサイド!

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

フレブルは世界一の応援団! 〜スポーツチームを応援するフレンチブルドッグ大集合 from アメリカ〜

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧