2019年11月21日7,009 View

「オンオン!!」吠えて猛アピールするも、全然相手にしてもらえないフレブルたちを愛すしかない【動画】

フレブルたちが、お散歩中の猫や自分より大きな犬を見ると吠えてしまうのは恐怖からでしょうか。今回紹介するのは、まったく相手にしてもらえなくても懸命に威嚇するフレブルたち。「無視しないで構ってあげて…」と言いたくなるような3頭の姿を、どうぞ親心を沸騰させてご覧ください。

かかってこいよぉ〜!!

自分より大きな猫さん相手に「かかってこい!」とでも言うよう吠えているフレブル。

 

「あうあう」と威嚇する声を出すも、猫は「ほー」と客観的に見ているような空気。

 

その温度差がちょっぴり気の毒に感じる…。

 

しかし、やはり体型で劣っていると感じたのか、立ち上がりまるで小熊のように威嚇します。

 

「お、おまえよりも大きいぞ!」と言いたげにアピールするも、猫さんは超絶冷静。

 

しまいには「あいつ、何だったんだろう」と言いたげにカメラを見る猫さん。

 

そしてフレブルはカメラの前から消えてしまいましたとさ…。

 

確かに、何がしたかったんだろうか…。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Upstate SC Blue Frenchies(@wephiesfrenchies)がシェアした投稿 -

 

思い通りにはいきません。

次はフレブルのウシくん。吠えている相手は、横になって寝ているパパさんです。

 

吠えてほえて、ほえまくるウシくん。

一体どんなワガママを聞いてほしかったのかというと…その答えは2枚目にありました。

 

どうやらウシくんはパパさんにボールで遊んでほしかったようですね。

 

「遊ぼうよ~!」と青いボールを口にくわえてパパさんの顔に近づけるウシくん。

 

しかしパパさんは寝転がったまま。

 

どうやらとてもお疲れのようなので、また明日にした方が良さそうですよ。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ushi Benjamin Akahori(@a_benjamin_ushi)がシェアした投稿 -

 

(ぼ、ぼくよりデカい…)

3頭目のフレブルは、自分よりも大きい柴犬に向かって「わんわん!」と連続で吠えています。

 

やさしい性格の柴犬だったのかその姿を温かく見守ってくれているようですが「どうしたのかな…」とばかりに視線を外します。

 

しかし、そんなことお構いなしにエンドレスで吠え続けるフレブル。

君の望みは一体…。

 

優しい性格の柴犬が相手で、とりあえず怒られなくてよかったね…。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

vivi_pan(@vivi_panpan)がシェアした投稿 -

 

まったく相手にされないフレブルたち…ちょっとお気の毒な反面、相手にされていないその雰囲気がちょっとおかしく、愛らしくも見えましたね。

 

しかし目の前で吠えられると人間も動物も困ってしまいます。

空気を読んで、言いたいことをアピールした方がいいかもしれませんよ。

 

以上、可愛くて憎めないフレブルたちでした。

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

【悲報か朗報か…】愛らしいフレブルの”おっちゃん化”が止まらない

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧