2019年12月8日5,002 View

お出かけリュックに初めて入ったフレブル。どうしてもニョキッと出てきてしまう。【動画】

フレブルのとらちゃんは2歳の女の子。この日は、オーナーさんが購入した犬用リュックが初めてお家に登場しました。さっそくとらちゃんに入ってもらおうとするオーナーさんですが、もちろん彼らを相手に一筋縄でいくはずもなく…。その戦いぶりをどうぞご覧ください。

新入りに興味津々なとらちゃん。

オーナーさんがリュックをカメラに向かって見せているシーンから動画はスタート。

一体何を触っているのかを知りたいのか、ジロリ見つめて興味津々のとらちゃんです。

 

「これは一体、何者なの~?」なんておしゃべりしているのかもしれませんね。

 

その1:おやつで誘導作戦

ここからは、キャプチャに分けてオーナーさんの「とらちゃんリュック・イン作戦」をご紹介しましょう。

 

リュックに入ってもらう準備が整い、いよいよ入ってもらうタイミングです。

まず最初の作戦は、『おやつで誘導作戦』です。

 

ということでオーナーさんは、おやつを自らの手の中に仕込んで、上手にとらちゃんをリュックのなかに誘導。

 

大好きなおやつの匂いを感じたのか、いそいそと中へと入るとらちゃん。

おお、いい感じですね。

 

…と思ったのもつかの間。入ったのは体の半分だけ。

 

とらちゃんは、少々用心深いのかもしれませんね。

ということで、おやつ誘導作戦は失敗。

 

その2:おやつ+お尻をむぎゅ作戦

様々なことにテッパンで使えるこのおやつ作戦が失敗し、それでは限界があると踏んだオーナーさん。

 

次は『おやつ+ちょっと押す』というアナログな作戦に出ました。

 

再びおやつに誘導されてお顔を突っ込むとらちゃん。

 

その隙にオーナーさんが、とらちゃんのプリケツを優しくギュッ。

 

はたから見るとちょっとおもしろい絵ヅラですね…。

 

しかしこの方法が功を奏し、とらちゃんはリュックにインできました!

 

案外、すんなりと作戦成功しちゃいましたね。

 

アクシデント発生!

しかし、ここでアクシデント発生。

 

というよりも、想定内の問題発生、と言った方が良いでしょうか。

 

無事にリュックにインできたとらちゃんですが、どうしてもチャックは閉めてほしくないようで、閉めようとするとこのように…

 

「ニョキッ」

 

なんと、頭から可愛らしくにょきっと出てきてしまうのです。

 

これはもう、断固拒否な姿勢でしょう。

 

たしかに、言ってもこの日初めてリュックに対面したとらちゃん。

 

リュックの中は薄暗く見慣れないものだし、とらちゃんにとってはやはり怖いのかもしれませんね。

 

徐々に練習をがんばろうね!

結局、この日は「リュック入り」をマスターできなかったとらちゃん。

 

今度は、逃げるようにリュックから飛び出てきてしまいました。

 

やはりその子その子で怖いものがありますから、いきなり新しいことを始めるのは難しい部分もあるでしょう。

 

これからちょっとずつ練習して、リュックは「おやつがもらえるし、お出かけできる楽しいもの」と認識してくれるようになるといいですね。

 

とらちゃんもオーナーさんも、引き続きファイトです!

 

犬が入れるリュックがあると、我が子とお出かけできる行動範囲が広がります。

 

それだけでなく、災害などの緊急時にも両手を塞がずに我が子を連れていくことができるため、とても便利なアイテムです。

 

ただし、サイズ選びは確実に。

また、どうしても克服できない子には無理をさせないようにしましょう。

 

我が子を守るために、その子にあった良いアイテムを選んでくださいね!

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

フレブルミートローフさんの『おんぶイズ・マイスタイル』な日常がなんだか素敵。【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧