2020年1月10日4,190 View

目の前にパンのかけらが…!もう飼い主の声すら耳に入らない、ソワソワが止まないフレブルさん。【動画】

今回ご紹介するのは、自分は朝食を終え、オーナーさん夫妻の朝食タイムを隣で見届けているフレブルの様子です。もちろん、自分はすでに食べ終わっているものの、目の前にチラチラと行き交う美味しそうなもの。いい子に大人しくしているものの、気が気じゃ無いフレブルはどうしても、こんな状態になってしまうのでした。

超釘付けになる

こちらが今回の主役、フレブルのココさん。

お散歩も食事も終え、オーナーさんのお食事タイムに、隣でちょこんと座っています。

 

そんな最中、オーナーさんは朝食のお味噌汁の話題に。

今日の具材は一味違うようで、夫妻で談笑しています。

 

しかし、ココさんは…

 

「ジトー…」

 

もはや、のっけからずっと同じ表情で、美味しい匂いがする食べ物の方に夢中。

 

というか、目を離すことができません。

 

お顔を持たれても、視線だけは外せないココさん。

 

しかし、理由があったのです

その後オーナーさんたちはココさん中心の話題になりますが、もはや心ここにあらず。

 

彼らは意外と、オーナーが自分の話をしている時には、そのことがわかっているようなそぶりを見せるものですが…

 

「ぼんやり…」

 

もはや心ここにあらず。

 

しまいには、パパさんにこんな風に言われる始末。

 

そりゃそうだ、だってココさんには、とある楽しみが待っているのだから。

他の話なんて、聞いていられないのです。

 

その楽しみとは何かって?

 

その答えは、ココさんの視線の先にあります。

 

「ジッ……」

 

「ジイッ……」

 

「……」

 

その答えとは…

 

これだ!

 

そうです。

 

ココさんは、毎回パパさんがひとかけらだけくれるパンを、ずうっと心待ちにしていたのです。

 

だからこんなにも心ここにあらずな様子でぼんやりとしていたのですね。

 

しかし、ルールがあります。

ココさんのおうちには、人間のお皿から食べ物をあげないというルールがあります。

 

そのためパパさんはこのように、一度キッチンの方へ向かいそこでパンのかけらを持ってきた「フリ」をしてあげるという流れを作ります。

 

…と言いつつ、ママさんによると「もはやバレバレ」というお話なので、あまり意味があるかはわかりませんが…。

 

そして、待ちに待った、ひとかけらのパンをもらう瞬間がやってきました。

 

先ほどまでの、もはや感情が消えかけていたココさんに心が宿る瞬間です!

 

いざ、実食!

 

「バクー!!」

 

あぁ…よかったね、ココさん。

 

そして、穏やかな顔つきに変わりました。

 

悲しいかな、「もう無いの_」という感情がダダ漏れしているということはさておき…。

 

今日のぶんの“かけら”は無事ゲットできました。

 

オーナーさんのお食事中、とっても大人しくいいこに待っているココさん。

 

その分ピュアな視線が心に突き刺さって、オーナーさんは少し食べづらいかもしれませんが、我が家のルールを守って、決して「早くちょうだい!」とは急かさないココさんは本当にえらい子ですね!

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

食べ物を見つめるフレブルがとにかく真剣すぎて、もう。

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧