2020年6月8日2,566 View

不意にガチョウに遭遇したフレブルさん、好奇心丸出しで、わかりやすくロックオン完了しました。【動画】

オーナーのみなさんは、お散歩中愛ブヒの好奇心に右往左往しちゃう、なんてコトはもう日常茶飯事でしょう。今回ご紹介するフレブル2頭も例に漏れず、絵に描いたようなザ・フレブル体質。珍しいものには素直すぎる反応を示すようで、ここまでくるとちょっと笑えてきちゃう!

「警戒、警戒! 窓から侵入者あり!」

この日、フレブルTedとBillのお家では窓ふき清掃がありました。作業員さんが、2頭のお家の窓を拭きに来てくれるのです。

 

ご覧の通り、2頭のお家は高層マンション。

 

と言うことで「窓の向こう」から拭きにきてくれるのですが…。

 

これはもう、なんだか嫌な予感しかしませんよね。

 

想定どおり、吠えまくる

はい、もちろん「不審者」に認定されてしまった清掃員さん。

 

フレブルたちはすぐさま気配を察知し、「窓より不審者アリ!」とばかりに大騒ぎ開始。

 

しかし、当たり前ながら作業員さんはお仕事を進めます。

 

動画の赤色矢印で示している部分に作業員さんがいるのですが、もうしっかりガン見しながらワンワン攻撃を。

 

こんなことを予想して、オーナーさんは作業の風景を愛ブヒに見せてはいけない…と思ったのでしょう。

 

一応しっかりと閉めたようですが、どうも隙間から見えちゃうようで…。

 

そんな隙間すら見逃さないのがフレブル。

しっかりベスポジをキープして吠えるのでした。

 

「よし、もう安全だ」

2頭がいる窓の清掃が終わった作業員さんは、別のお部屋の窓を掃除するために移動。

 

ここで、天敵が本当にいなくなったのかを確認すべく、TedとBillはあちこちに移動開始。

 

最後には、「よっしゃ、もう安全だ」と納得できたようです。

 

でも、作業員さんはきみたちのお家を綺麗にしてくれているのだから、もう少しお手柔らかにしてあげてちょうだい…。

 

不意にガチョウを発見。

さて、そんな「ザ・フレブル」なコンビはこの日お散歩にやってきました。

 

すると、その場所でゆたゆたとゆっくり歩くガチョウに遭遇。

 

Tedはお耳をピンと立てて、完全に興味を持っていかれてしまっています。

 

あああ、どうか襲ったりしないでね…。

 

リードをピーン

フレブルと比べて細い足と長い首を持つガチョウ。

 

完全に不思議に思っているようで、「何者だ…」とばかりに見ることをやめられません。

 

リードが伸びるところまで最大限に張って「もう少し確認したいです」と主張しています。

 

後ろ足でもしっかりとブレーキをかけているあたり、これはかなり心を持っていかれているようですね。

 

一列で行進するガチョウ、そして見つめる2頭

しかし、ガチョウが気になるのはもちろんTedだけではありません。

同じく好奇心旺盛なBillも、もはや視線が外せないかのごとくがっつりとガン見。

 

とはいえ、あまりに不思議な光景だったのか、彼らはガチョウに向かうことなく、一列になって移動していくその姿を眺めているだけなのでした。

 

フレブルは、ちょっぴりビビリ。

あまりにあっけにとられて、呆然としちゃったパターンでしょうね!

 

窓ふき作業員さんにガチョウに。

2頭はどちらもかなり興味津々になっていましたね。

 

しかし、家ではワンワン、外ではボーッとしているあたり、やっぱり自分のテリトリーに不審者が…と思って、一応家を守ってくれる気持ちなんかもあったのかもしれません。

 

そう思うと、彼らの好奇心にも「ありがとね」なんて言っていい場合があるのかもしれませんね。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

初対面のハリネズミから目が離せないフレブル。攻撃するも滑って転んで、全然当たらないパンチでひとりドタバタ劇。【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧